step1

民泊のAirbnbはネット副業として新たなサービスの可能性!自宅の使わない空き部屋を宿泊施設にしてみませんか

投稿:2016/10/12 更新:2016/10/12 | TAG 
noimage
Pocket
LINEで送る

インターネットを使った新たな副業として、注目を集めているのがAirbnbではないでしょうか。

Airbnbとは海外発祥のインターネットを使ったサービスで、日本でも次第に広まりつつあります。
最近では「民泊」というテーマで、新聞、テレビなどでも取り上げられることが多くなってきました。

政府としても、2020年の東京オリンピックに向けて民泊の拡大を打ち出しているため、Airbnbにとっても追い風といえます。

空き部屋を貸し出して稼ぐ!

Airbnbは、ホテルや旅館と違って、自宅の空き部屋などを宿泊用に貸し出すインターネットのサービスです。

宿泊に利用するための部屋の登録、宿泊の予約、決済などがすべてインターネット上でできることから、その手軽さが受けて、普及しはじめています。

このように、Airbnbのメリットは、インターネットで部屋の登録、宿泊予約、宿泊代の支払いなどが手軽にできることでしょう。
また、部屋の登録も説明文に写真を添えるだけの簡単なものになっています。

一方でAirbnbでは、宿泊者が外国人である場合、外国語の説明も必要になります。
ホテルなどのようにレストランなどのサービスがないため、提供できるサービスについて、あらかじめ説明しておく必要がああります。

このように、Airbnbを副業として取り組むには、自宅の空き部屋だけでなく、Airbnb専用のマンションやアパートを借りたほうが、チャンスが広がります。

この物件選びがうまくいくかどうかが、Airbnbを副業として成功させられるかの鍵を握るともいえます。

東京や大阪など都会や、ターミナル駅に近い物件のほうが、宿泊者には人気があるようですが、Airbnbを副業として始める際に難しいのは、Airbnbで利用することをアパートなどの物件の家主に納得してもらうことではないでしょうか。

物件の中には、Airbnbのように事業として利用することを禁止している場合があります。
また宿泊者が深夜に部屋に出入りすることで、周辺住民から苦情が入ることもあります。

そうしたトラブルへの対処策も十分に考えておく必要がある一方、Airbnbはサービスとして手軽に利用できるため、副業としても可能性があるといえます。

これからも副業として広がっていく可能性を秘めていますので、空き部屋が多い方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!