step1

ネットで仕事をしたら確定申告を行うべし!税務署へ提出する確定申告を書くポイントを簡単にまとめてみました

noimage
Pocket
LINEで送る

アフィリエイトやその他在宅ワーク、オークションなどでお金を稼いだ場合、一定額以上になれば、確定申告が必要となります。
確定申告とは、一年間に稼いだ金額を税務署に報告し、所得税を納める必要があれば納め、必要がなかった場合でも自分の所得を知らせておくことで、いろいろと面倒な手続きを簡略化できるので、ネットでお金を稼いだらぜひ行ってください。

給与所得者の方が副業でお金を稼いだ場合の確定申告をする方法

会社からお給料をもらっている方が副業としてネットでお金を稼いだら、まずは自分が1年間に稼いだ総収入から経費を差し引いてください。
その後、給与所得者控除を65万円引き、基礎控除を38万円引きます。
その他、社会保険控除を差し引いてください。

そこで納める税金が発生するかしないかは稼いだ本人にしかわかりませんが、もし発生したら納税のための確定申告が必要です。
現在はネットのイータックスか確定申告書作成コーナーにて書類を作成するだけで簡単に提出ができます。

給与所得者の場合、副業の売り上げから経費を差し引いた額が20万円以上なら、必ず確定申告しなければいけない決まりになっています。

会社勤めなどをしていないフリーランサーなどの確定申告の場合

それ以外の方の場合です。
ここでは給与所得をもらっていない、一人だけで自宅でネットでお金を稼いだ場合の人を例に取って書いていきます。

まず、売り上げから経費を差し引くのは同じです。
そこから今度は基礎控除を38万円引いてください。
その時点で38円以下なら、確定申告の必要はありません。
つまり、年間所得が38万円以下の方は、ネットでお金を稼いでも申告の必要はないのです。

もし基礎控除を差し引いて残額が残ったら、そこからさらに社会保険控除を差し引いてください。
それでも残額が残ったら申告するのです。
残らなければ申告の必要はありません。

確定申告はできるだけしたほうが良い理由

しかしながら、一人親方で自宅で開業届を出さずに仕事をしているような場合、一年に一度、自分の所得を自治体に知らせておく目的で、たとえ納める所得税がなくても確定申告はしておいたほうがよいでしょう。

なぜなら、税務署で所得税の確定申告をしたら、住民税と健康保険料が自動で決まるからです。
所得税の確定申告をしない場合、市民税の申告が必要になるのです。

「税務署→市民税課」というトップダウン方式のため、税務署で申告しておけば、市民税・保険の申告は必要ありません。

むしろ、1人だけでネットで稼いでいるような人は、納める所得税がないからといって申告をずっとしないでいると、自治体から「この人は何をして食べているんだろう」と思われて申告の手紙が来ることがありますので、きちんと確定申告をし、所得額を自治体に知らせておきましょう。

ネットでお金を稼ぐなら、こうした申告業務も行ってこそ、安心して普段の業務が行えるのです。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!