step1

写真投稿サイトPIXTA(ピクスタ)でお小遣い稼ぎ!プロ・アマ問わず使用しているストックフォトサイトを使ってみた

noimage
Pocket
LINEで送る

趣味を活かしてネットで稼ぐ方法

最近では、手作り雑貨などのクラフト品などを簡単に販売でき、趣味と実益を兼ねた小遣い稼ぎの手段が増えています。
このクラフト作品の販売サイトとしては、minneがその代表でしょう。

また物販ではなく、自分で撮影した写真データーの使用権を販売するストックフォトサイトで稼いでいる人も増えており、こちらの代表はPIXTAでしょう。
ストックフォトサイトの特徴を物販と比較して考えてみましょう。

ストックフォトサイトと物販の特徴の違い

物販では実際に売れれば商品を発送する必要があり、すべてがネットで完結しないのに対して、PIXTAではタイトルと検索用のキーワードである数個のタグを付けてアップすれば全てが完結し、実際に売れても、発送などの手間が掛からないのが非常に便利です。
また、ストックフォトサイトは著作権を販売するのではなく使用権を販売するため、同じ写真でも人気があれば何人もの人に販売する事が出来て、しかも著作権は自分のままなのです。

したがって毎月アップし続ければ、まさに作品がストックされていき、徐々に売り上げが増えて行く点が最大の特徴と言えます。
ある意味では、ネットのサイト上に自分の不労所得の源を構築して行っているとも言えます。

趣味の域での実際の販売

写真が趣味の人にとっては、ストックフォトサイトは非常に小遣い稼ぎとしてありがたい存在です。

プロやセミプロは、こういったストックフォトサイトを中心に活動する事で生計を立てている人もいます。
そうした方達はモデルを雇ったり、スタジオを借り、それなりに売れる写真撮影のために投資をしています。

一方、趣味の領域で小遣い稼ぎができればと言った感覚で取り組んでいる場合、累計で数百枚をアップした頃から売れ始め、1000枚を突破した頃からコンスタントに月2,000~3,000円稼げれば上出来と言った水準でしょう。

モデルやスタジオを必要としない歴史的建造物、自然風景や花と植物と言ったテーマを戸外で撮影している分にはアマチュアの稼ぎとして良い方だと言えるかも知れません。

まとめ

副業として本格的に稼ぐにはそれなりの腕と投資が必要となりますが、初級のアマチュアでも、好きで写真撮影をサイトにアップし、多くの人に見てもらえる機会が確保できて、場合によって売れて小遣い稼ぎができるなら、楽しみながら小遣い稼ぎができると言った点で特にストレスもないでしょう。

小遣い稼ぎもできるサイトの認識として取り組まれる事をお勧めします。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!