step1

AmazonのFBAは少しの手数料を払えば商品の発送・入金・返品も対応してくれる便利なサービス!大量出品者はぜひ利用してみよう

投稿:2016/9/22 更新:2016/9/22 | TAG 
noimage
Pocket
LINEで送る

ネットでお小遣いををと思って模索したところ、アマゾンのフルフィルメント・バイ・アマゾン(FBA)で稼ぐことができたのでご紹介します。

FBAの仕組み

FBAに商品を出品する際には、小型の商品だったら一個あたりの手数料も少なくて済みました。
手元に趣味で集めた中古の本や新品のを大量に集めていたのですが、それをFBAで出品することにしました。

出品するときには1つ1つをビニール袋で梱包します。
そして重要なのがFBAで出品作業をするときにかならず貼り付けるバーコードです。
自宅で印刷してバーコードを貼り付けると、手数料の節約になるのです。

バーコード貼り付けを短縮することもできて、その場合はアマゾンの倉庫内での貼り付けを依頼することになります。
商品をダンボール箱に詰めてビニールクッションで隙間を埋め、最後に箱に専用バーコードを貼り付けます。

FBAサイトの手続きをして、後は配送です。
配送はクロネコヤマトの宅急便を利用することにしました。
クロネコヤマトに送り状の必要事項を印字してもらい、箱を自宅まで取りに来てもらいました。

この箱がアマゾンの倉庫に送り届けれられたら、あとは商品管理はすべてアマゾンで代行してくれるので、こちらがやることは以上となります。
楽ですね!

FBAで商品が売れた

私がこれまでにアマゾンに出品してきた商品数は、数万円分くらいだったでしょうか。
その全ては2~3年かけて売り切れました。
もっと本格的にやれば、今よりずっと小遣いの足しにはなると感じました。

商品が1つ売れるごとに、アマゾンが配送の代行をしてくれるわけですが、メールで商品が売れたことを知らせてくれます。
1つ売れる度にFBAサイトを見て、あといくつあるのかというのは確認をします。
商品がなくなってきたら、補充するメニューを選んで、アマゾンの倉庫に荷物を送る手続きを再び行えばいいというわけです。

FBAのメリットは、商品の補完作業から注文後の発送までぜんぶAmazonが行ってくれるところにあります。
もし注文があるごとに、郵便局に行って郵送手続きをするとなると、意外と負担に感じてしまうところです。

FBAを利用することによって、ネット販売にかける時間も体力も省略と温存がすることができます。
その分の時間は、別のことに使えて非常に有意義です。
商品が売れたらネット銀行に売上金がきちんと振り込まれるというわけです。

まとめ

以上がネット販売をするならFBAを選んでみたほうが良い理由になります。
ぜひ皆さんも不要商品を大量に売りたい場合は、FBAを初めて見ることをオススメいたしますよ。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!