step2

クレジットカードは怖くない!うまく使えば大きく節約できる

投稿:2014/10/23 更新:2015/11/28 | TAG 
6c1b4cda275b476265733e20157a70ec_s
Pocket
LINEで送る

大きな金額の買い物をしたり、持ち合わせがないときに買い物をすることができるクレジットカードは、日常生活の中でも、貴重なアイテムでありますし、とても便利です。でも、家計の節約にどうも向いてない気がします。

でも、それは実は「間違い」なのです。
効果的なクレジットカードの使い方をマスターして、ぜひ家計の節約を成し遂げましょう。

クレジットカードは「持ち方」「使い方」を間違えないこと

たとえば、結婚前から持っているとかいう事情で、クレジットカードを夫婦それぞれで持っていることもあると思います。
しかし、明らかにそれは散財の要因になります。

ご主人がクレジットカードを持っているならば、すぐにクレジットカードを持たせないようにしましょう。
仕事柄、急な飲み会の時に使うとか、冠婚葬祭などで急な出費が必要になった時に使うようなことがあれば、それこそ散財になってしまいます。

クレジットカードの年会費もばかになりませんから、年会費のあるクレジットカードを使っているならば、一度クレジットカードの枚数を整理しましょう。
整理するときには、ポイントがたまりやすい、特典が多いクレジットカードを残すようにすれば、同じクレジットカードを使うのでも、使って得することもできますから、そのあたりの特典も事前に調べておくことをお勧めします。

クレジットカードで「衝動買い」をしない

 クレジットカードは、衝動買いに役立つアイテムと言えますが、それが散財の要因になります。
やはり、財布の中身と相談して買い物をするのが何よりなのですが、それができない場合は、使った後に使った分だけ口座に入金するなど、散財をしない癖をつけましょう。

最近では、コンビニATMなどでリボ払いなどの一部返済も可能になっているので、使ったら即返済、という癖をつけてもよいでしょう。
現金がなくても買い物ができるというのは、ある意味散財の要因ですから、できる限り控えましょう。

まとめ

クレジットカードでも、さまざまな種類のものがあります。
使えばポイントがたまるタイプのクレジットカードもありますから、そのポイントがいかに効率よく活用できるかが、クレジットカードで「家計の節約」につながることになります。

ポイントがたまれば記念品がもらえるとか、提携しているガソリンスタンドで給油代が安くなるなどの特典もありますが、ポイントがそのまま買い物の時に1円として使えるなど、買い物をするときにポイントの活用ができるクレジットカードもありますので、うまく使いこなしましょう。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!