step2

新常識!ガス代を上手に節約して賢くお金を貯める!

投稿:2014/11/4 更新:2015/11/28 | TAG 
9d1ada32de823880caebb146a45896ec_s
Pocket
LINEで送る

ガス代の節約は、非常に難しいものと考えられがちです。

都市ガスやLPガスなどによって違いがありますが、湯を沸かすこと、調理に使うことなど、日常生活とは切っても切れない用途があるので、ガスの節約は非常に難しいのです。また、季節によってはお湯の消費量も増えてくるので、その分ガス代も上がってしまいます。

ですが、最初からあきらめるのではなく、生活習慣を見直すことで、ガス代の節約が十分可能なことを、この機会にぜひ知ってほしいと思います。
ガス代をしっかり節約して賢くお金を貯めていきましょう!

入浴時のガス代節約

これはもう、湯船に湯をはるのではなく、シャワーを使うことが一番の節約です。
寒い冬に、それも毎日湯船にお湯をはってみると、1人暮らしの世帯でも月々のガス代が4,000円くらいになってしまうこともあります。

また、複数の家族が交代で入浴する場合は、お湯の温度が下がってしまうので追い炊きの回数が多くなります。

そうなると、もちろんガス代は一気に上昇します。季節によってはシャワーでも済む場合がありますから、できることならなるべくシャワーで入浴を済ませてしまうのもいいでしょう。

調理時のガス代節約

まず、本当にガスでなくては調理できないものなのかを考えましょう。
ガスではなくとも、例えば電子レンジで煮る、焼くなどの調理はできますから、それらの調理は電子レンジを使うといいでしょう。
また最近では電子レンジ専用の圧力鍋もあります。この鍋を使うと煮物も早く、そしてガスを使わずに調理することができますので、多少の出費をしてでも購入し、ガスをあまり使わないようにしましょう。

それでも、どうしてもガスを使う場合は、複数の調理を同時にガスで行うのではなく、1つの鍋で済ませられる献立にすることでガス代が節約できます。
あるいは、野菜を湯通しするときに一緒に肉も煮る、卵も煮るなどの一石二鳥型の調理を行うことで、同じガスを使うのであっても、効率よくガス代を節約することができます。

まとめ

ガスはどうしても日常生活で使わないわけにはいかないものですよね。

ですから、使うに当たってはなるべく最小限の使い方をすることで、十分ガス代の節約は可能です。
あと、調理器具などを見直して、たとえば熱の殿堂がよい調理器具を使うとかすれば、ますますガスを使う回数も減るでしょう。

また、それらの手の込んだ調理をするのではなく、惣菜や冷凍食品で代替することも、結果的にガス代の節約にはなりますが、それらの食材に頼りすぎると今後は食費の出費が上がってしまうので、気を付けておきましょう。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!