step2

日々の「無駄な出費」を徹底的に見直しお金を貯める!

投稿:2014/11/12 更新:2015/2/5 | TAG 
PAK23_notedentaku20140312500
Pocket
LINEで送る

そもそも「給料日前にお金が残っていない」までになるのは、はっきり言って「散財」する傾向があるからです。

どうしてもお金が足りないから節約をしよう、と考える人も多いのですが、それより以前の問題として、本当に必要な事だけに出費をしているかを考えることと、あわせて不要な事ばかりに出費をしていないかを考えることも大事です。

節約はもちろん心がけるべきですが、無駄な出費をしないように、生活習慣を改めることも考えましょう。

こんなところで生まれる「無駄な出費」

給料日前に財布の中身がピンチになってしまうようであれば、出費内容を一度見直してみましょう。

例えば、コンビニの利用回数が多いのは問題です。

確かに、コンビニエンスストアは24時間いつでも開いてますし、生活に必要なものが豊富にあるので、非常に便利なのは間違いないのですが、同じ品物であってもディスカウントスーパーで買う場合と、ほぼ定価で売られているコンビニで買う場合とでは、明らかに出費が違います。同じペットボトルドリンクを買うのでも、同種品であればディスカウントスーパーで買うとか、まとめて買うなら楽天市場などのインターネットショッピングを使った方が出費も抑えることができます。

 特に、買い物もないのに惰性でコンビニに寄るというのは、一番出費がかさんでしまう要因です。
買うべきものは平日にメモしておき、週末見返して、本当に安いスーパーなどで購入する習慣を付けておくと良いです。

職場の付き合いが多いのも「無駄な出費」

サラリーマンであれば、上司や同僚に誘われ、ついつい居酒屋に行ってしまい、出費をしてしまうこともあるでしょう。

上司のおごりという時もあるでしょうけど、時には断る勇気も必要です。というのも、毎度誘われるがまま付き合っていると、出費が重なった上に、次の日は二日酔いなど身体の不調が出てきますし、その結果仕事も進まない悪循環が生まれます。
確かに、コミュニケーションの一環としてこういう飲み会というのも必要なのですが、遅く帰ればその分タクシー代や二次会費用なども出てきますから、本当に必要な飲み会にだけ参加することをお勧めします。

クレジットカードを多用する

 クレジットカードがあれば、持ち合わせがなくても買い物をすることができます。

最近ではスーパーやコンビニでもクレジットカードが使えるので、ついつい使ってしまいがちになりますが、持ち合わせがなくても買い物ができる分、不要なものまで買ってしまうことがありますので、できればクレジットカードは使わない方がいいでしょう。

また、クレジットカードは翌々月の支払いの場合が多いので、皮算用で出費をしてしまうこともあります。それに、結局は分割払いなのですから、不要な利息や手数料を支払うことにもなりますから、よほどの理由がない限り、クレジットカードで決算することはお勧めできません。

さいごに

節約をするということは、日々の生活に必要な出費を厳選することです。
日々の生活の中で、何気なく出費しているもの、それがあなたの節約を阻害し、不要な出費を強いているのですから、まずは散財する生活の癖を改善することを考えていきましょう。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!