step2

あなたは知ってた?税金を上手に節税する方法でお金を貯める!

投稿:2014/11/13 更新:2015/2/28 | TAG 
PAK85_notetokakutei20140312230514500
Pocket
LINEで送る

いろいろ支払っている出費の中で、案外節約することが思いつかないのが「税金」です。

税金は仕方なく払うという人が多いはずですが、税金と聞くと仕組みが難しいので、とにかく払ってしまえと考えてしまう人も多いようです。
税金には「控除」という仕組みがあり、税金を決める根拠から、事情に応じて金額を減額できる要素もたくさんあるのです。

それらの要素をしっかりと調べ、効果的に税金を節税することが、しいて言えば家計の節約にもつながります。

本当に払わねばいけない税金もありますが、場合によっては節約できる税金もあるということをぜひこの機会に考えてみましょう。

給与所得者の節税方法

給与所得者が節税するには、なかなか明確な方法がないのですが、案外知られてないのが障害者控除の存在です。

障害者手帳保持者であれば間違いなく対象になりますが、具体的に対象となるのは「身体・知的・精神」の障害者です。
障害者控除は全国共通の控除であるにも関わらず、行政機関からは「節税可能なので申請して下さい」という書面が届いたりする事は一切ありません!

私たちは控除の存在を明確に教えてもらえないので、知っておかないと本当に損をしてしまうのです。
実際に給与所得の場合、本人が障害者である場合や、障害を持っている扶養者がいる場合、所得から1名あたり27万円の控除を受ける事が出来ます。

また障害者で無くとも、65歳以上の「要介護」認定者がいる家庭でも、障害者控除対象者認定を受ける事が出来れば、同様に27万円の控除を受ける事が出来ます。

節税に必要な手続き

これだけの控除を受けられるのであれば、面倒だと思っても手続きをするだけの価値は非常にあると思います。

実際障害者である事や要介護者である事で、世間から疎まれる事も少なくないです。
そんな世の中であるからこそ、便利な制度は使うのが一番です。年間27万円の控除は非常に大きいと思います。

ご存じない方は重い腰を上げて、市役所や福祉事務所へ足を運びましょう。
税金のことなのでお近くの税務署でも同様に対応してもらえます。

まとめ

給与所得者の場合は会社で年末調整をするときに障害者であることをアピールするようなことになることもあり、控除を申し出るのが嫌な場合もあると思います。

その際は最寄りの税務署で確定申告をするか、税務署のホームページから書類をダウンロードして、郵送で確定申告をしてしまえば会社に知られることなく節税することができます。
インターネット経由で申告も可能な「e-tax」のサービスもありますので、この機会にしっかり節税に励みましょう。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!