仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

ネットオークションは個人経営店と同じ 愛情を持って育てよう

これまでネットで稼げたことをいろいろ思い出すと、やはり一番効率が良かったのはネットオークションになるでしょうか。

最初は不要品の処分で少しでもお金になればと思っただけだったのですが、これがやってみるとほとんど売れる。
ならばもう少し踏み込んで工夫すれば副業として成立するのではと考えました。

実行に移す前にリサーチ

ネットオークションを観る人ならまず思うでしょうが、
やっている内に感じたのは同じ商品の落札額の差が驚くほどあることです。

しばらく、どういった商材がどのぐらいの値段で売られるのか見るために、
いろんなジャンルの物をできるだけ多くウォッチリストに入れて毎日の動向を比較していたのですが、
本来一万円ぐらいの価値の物が時には千円で落札されたり、
逆に倍の値段に跳ね上がったりするのもありました。

出品者の人気=信用度は大きなオークションサイトで大きなウェイト

傾向で追うとどのケースも共通して言えるのが出品者の人気度の差でした。

出店するアイテムがファッション関連が多いので、特にそういった人のやり方を参考にしようとしたのですが、古着などの場合は価値が結構分かれるものです。

上手な出品者は画像も豊富で事細かにディテールについてのウンチクを載せています。

おそらく長い間トレードしているので信用からの顧客も多い、出品すればまず顧客がそれをチェックするのですぐに入札が入るのですね。

落札する立場で考えればわかりやすいのですが、人気がない出品者ですと値段があまり動かず、時間ギリギリで最低価格の入札で落とせることが結構多いのですね。

言い換えれば買う側にとっては安く買えるチャンスがあるのでありがたいのですが、少しでも高く売りたいならまず参考になりません。

送料にひと手間を掛けるべし

もうひとつ感じたのは送料のトリック、実はこれだけで利益を出している人が多くて驚きます。

ある程度魅力のあるアイテムを扱える前提ですが、送料を一律千円と設定しながら掛かった送料の差額も利益にしているのですね。
仮に半分の送料で済んでも数百円の差は手間賃や梱包に掛かったと言えばいいわけです。

別に理由は無くても買う側の判断ですから良いのですが、大きなアイテムならまだしも小さい封筒で送れる物まで千円でやれば、アイテム数が多ければそれだけでバカになりません。
それでも売れていたので羨ましく思いました。

出品開始に当たって行ったこと

そういったカラクリを踏まえて出品開始。
写真撮りは苦手な私も日々デジカメの撮り方を研究し綺麗な写真で掲載することにしました。
これだけで問い合わせの数もかなり違います。
気のきいたコメントはもちろん必須、わからないディテールやブランドの背景など細かく丁寧に載せました。

レイアウトは便利なのがあるので無料ツールを使用しましたが、あまり複雑なのは読むのが面倒ですし、見落としがあるとトラブルになりかねないのでシンプルなものにしました。

あくまで大事なのは商品の知識と取引の仕方ですから、無駄なデザインはいらないのですね。

アフターケアに差をつけよう

もうひとつ肝心なことは落札されてからのやり取りの内容、それが私の場合は人一倍丁寧だったかもしれません。

続けてやっていると顧客がドンドン増えていくのがわかりましたし、毎週のように買ってくれる人がいるのでまるでお店を経営しているような気分でした。

少し冗談も混ぜながらコメントのやり取り、相手もそれを楽しみにしてくれたようですね。

お陰で毎月20万平均の収入、作業は毎週一日に集中するのでパフォーマンスとしてはかなりのものでした。
多忙で一年ほどお休みしていますが、また再開したいです。