仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

残ってしまった在庫をオークションで処分するならセットとして売り出そう!

部屋の中の不用品をお金に変えることができるオークションは、お小遣い稼ぎに人気ですね。
家にいながらネットで完結するため、とても便利な稼ぎ方であると同時に、女性にとっては、どんどん増えていくファッションアイテムをお金に変えるのに最適なツールでもあります。

しかし、思ったより売れずに、オークションに登録したはいいけれどすぐにやめてしまった人も多いと聞きます。
そこで今回は、不要な洋服を少しでも早くお金に変えるためのポイントをご紹介します。

手持ちの商品をオークションで素早く売るための方法

はじめに断っておきたいのですが、価値のあるブランド品を「高く」売りたい人に向けたアドバイスではなく、「手持ちの普段着を早く売りたい」という人向けのおすすめポイントです。
答えはずばり、何枚かの洋服をまとめて「福袋」「お得」などセットにして売ることです。

何度か着用したアイテムを1点1点売っていくのは手間もかかりますし、そもそも入札がないまま終わってしまうこともあるでしょう。

しかし「セット」というかたちで販売することで、全体の価値が上り入札されやすくなります。
1枚300円で出したアイテム10枚がずっと売れ残るよりも、10枚まとめて1,500円であっさり売れてしまう方が在庫もはけて良いとは思いませんか?

オークションへセットで販売するコツ

アイテムをセットで売るポイントは、10枚で出すならば、そのうちの2、3枚は「目玉商品」を入れること。
未使用でタグが付いたままのもの、ブランド品でカワイイけどもう着ないもの。
このようなアイテムを写真のメインにしましょう。

セットの良いところは、発送の手間も1回で済むことです。
ちまちま郵便局やコンビニに行くよりも、まとめて発送できるのは嬉しいですよね。

目玉商品以外のアイテムには、「ユニクロ」が混ざっていても大丈夫ですし、「少々難あり」のものがあっても売れます。
その際はしっかりと商品説明欄に「難ありも混ざっています」と書いておけば大丈夫です。

落札する側にとってみれば、10枚も入った福袋の中に、お目当てのものが2、3枚入っていると購入欲が湧きやすくなります。
自分では着ないアイテムは「親にあげよう」「フリマに出そう」「リメイクをしよう」という使い道もあるからです。

まとめ

このように、タンスに眠っているもう着ない洋服をまとめてごっそりと福袋にして出品する方法は、断捨離にもなってお金にもなる優れたやり方です。

売れないことに悩んでいるのなら、単価は下がっても早めに売れる方法で出品をしてみましょう!
いいお小遣いになると良いですね!