おサイフケータイで支払いなどでポイントを稼げば家計の節約!どんなものか分かりやすくまとめてみました!

携帯で支払いができるおサイフケータイとは

おサイフケータイとは、携帯電話に埋め込まれたFeliCaチップ(ICチップ)を使ったサービスです。

主な用途は様々ですが、基本的な使い方は下記の通りになります。

  • お金(=電子マネー)
  • 乗り物に乗るときの切符や搭乗券替りに
  • 会員証・ポイントカードやクーポンとして

財布の中にかさ張るカード類が減りますので、持ち運びも楽ちん!
そんなおサイフケータイの認知度が広がり、使っている方もたくさん増えてきたと思います。

そんなおサイフケータイについて説明します!

様々な支払い方式が選べるのがお得

種類もたくさん増えて、タイプも先払い方式・後払い方式の二種類あります。

  • 先払い方式:事前にお金を入金しておくタイプ(WAON・nanaco・Suicaなど)
  • 後払い方式:クレッジトカードで後からまとめて払うタイプ(ID・au WALLETなど)

すでに使っていらっしゃる方はご存知でしょうが、おサイフケータイの良い点は、まず会計時にかざすだけで支払いが済んでしまうことでしょう。(先払い方式の場合、事前に入金が必要) 

次に大きいのは、やはりポイントが付く点です。
ポイントの付き方は種類によって異なります。

100円で1ポイント付くものもあれば、200円で1ポイントの付くもの。
もちろん100円で1ポイント付く物のほうがお得ですね。
それでは、そのポイントの高いものが1つあればと思うかもしれません。
ここが使い分けの大事な所です。

nanaco

セブンイレブン系列で使える物です。
100円で1ポイント付きます。
その他にもnanacoで支払うこのにより値引きになったり、サービスポイントが付く物があります。

WAON

イオン系列で使える物。
200円で1ポイント付きます。
ただCMでお馴染みですがポイント2倍の日が毎月あります。
その時に利用することによって100円で1ポイントになります。

Suica

ご存じの人も多いでしょうが、電車・バスで使えるJR東日本のサービスです。
もちろんコンビニなどもでも使えます。
持っているだけではポイントが付きませんので、ポイントクラブに登録しましょう。
こうすることでポイントが付くようになります。

他にも沢山のおサイフケータイがありますが、場所によって使い分けると1年で結構なポイントが付いてお得です。

おまけ

喫煙者の方には他にもお得な使い方があるのをご存じでしょうか?
これらのおサイフケータイのほとんどでタバコを買うことが出来ますが、残念ながらポイントは付きません。
年々値上げが続いていて辛い思いをしている人にオススメがあります。

それは楽天Edy。
楽天Edyでタバコを買うとポインドが付きます。
200円で1ポイントとちょっと低いのが残念ですが。

たとえば1箱460円のタバコと1日1箱吸う人ならば、460×365=167,900円になります。
そうなると付くポイントは839ポイント。
値下げやセールなどのないタバコですので、節約の足しにしてくださいね。
本当は禁煙するのが一番良いですが。笑

まとめ

カードで持っている人もおられるでしょうが、携帯にアプリとして入れておいたほうが、忘れたりなくしたりしないので安心だと思います。
使い分けをするためにも携帯に一つにまとめておいたほうが使いやすいです。
使える場所も、コンビニ・スーパー・デパートなど広がっています。
少しでも節約することが大事ですので、大いに活用してくださいね。