自分の知識やノウハウ情報を電子出版して、副収入でお金を貯める!

インターネットで儲けるというふれこみのホームページもたくさん見かけるようになりました。

確かにインターネットは、様々な場所で閲覧できるメリットがあることから、多くの人たちが利用するようになり、閲覧者が多くなった分、広告媒介としてのメリットが見いだされ、さまざまな使い方がなされるようになりました。

情報の集まる場所であるこのインターネットは、その「情報」を活用すれば、私たちに多くの副収入が得られるチャンスが生まれてくるのです。

情報に価値がある時代

情報に価値があるのは、昔から「本」というものが売れていることからもわかるように、いつの時代も変わりありません。

ポイントはその情報が書籍という形を経ずして、ホームページやメールマガジン、ブログなどと言った個人の情報として直接それがみられるようになったことです。

そのことで個人の知っている知識やノウハウが「価値のある情報」として見直され、書籍されたメールマガジンなども数多く存在し、個人の知識やノウハウがそのままお金になることを立証したわけです。

自分で情報を売る

でも、自分の情報を本にするのは、まだまだ非常に難しい時代でした。 しかし、出版社を通さずとも、自分の知識やノウハウを販売できるようになったのは、アマゾンキンドルや、スマートフォンアプリの恩恵によるものです。

アマゾンキンドルは、ワードデータを変換することで、アマゾンの専用端末「キンドル」や、キンドルアプリをインストールしたパソコンやスマートフォンなどで電子出版ができるようになった仕組みです。

個人が直接自分の電子書籍を販売できるようになり、売り上げも直接自分で受け取れるようになっています。 また、スマートフォンアプリの形にして加工することで、キンドルを持っていないユーザーでも、アプリケーションとして個人の出版した電子書籍を読むことができるようになり、アプリを有料で販売することで、当然出版者も利益を得られるようになりました。

アマゾンキンドルやスマートフォンアプリのいずれの場合も、サービス提供元に手数料を支払う必要がありますが、個人のノウハウが形になり、販売できるようになったのは、非常に有益なことだと思います。

まとめ

自分の知識やノウハウが形になりさえすれば。どんな情報でも売れるわけではないのは確かです。 やはり販売を考えるのであれば、世相を反映させた「婚活のすすめ」や「田舎への移住」に関すること、定番ともいえる「自己啓発」や「ダイエット」に関する知識やノウハウを形にして販売する方が副収入が見込めます。 まずは自分自身の経験や体験談を書籍にしてみることをオススメします。