仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

ICO仮想通貨ODIN Coin(ODIN)オーディンコインとは?買い方・チャート・上場・オススメの取引所まとめ

ODIN-Coin(ODIN)オーディンコインとは?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

こんにちは。ノマド・若(ワーカー)です。100倍が期待されるODINトークン。国家という枠組みを超えた仕組みで、ICOを活発に行えるプラットフォームを創っていると言います。そんな謎深き、期待のコインODINをネトビジ!で徹底解説します!

ノマド・若

ODIN Coin(ODIN)オーディンとは?

各国でICO規制が強化されている流れにありますが、
なんとこのODINは、そのICOを
合法的にマーケティングできるようにするプラットフォームを開発しているといいます。

すでにODINは国家という枠組みではなく、
民間主導による世界的な基準を作ってしまおうとしているのですね。
大変壮大なプロジェクトです。

実はこのODIN。
とてつもない有名企業がコンサルティング役としてバックを支えていると言われています。

話題の謎コイン。
どれだけすごいか本日はネトビジ!でしか読むことのできない魅惑的な情報をお届けしましょう。

ODIN Coin(ODIN)オーディンの特徴は?

①合法的にICOを販売できるプラットフォーム

参考 中国、ICOを全面禁止――「金融詐欺、ネズミ講」と強く非難Tech Crunch

中国をはじめ、世界各国でICOが取り締まられ、全面禁止や一部禁止という扱いを受けている中、
ODINは国家という枠組みさえも超えてしまう新たな仕組みを民間で生み出そうとしています。

後述しますが、プラットフォーム上では、
NO WALL社の厳正な審査を通ったコインのみがICO可能で、
活発に通貨の売買がされるようになるということです。

本来適切な使い方をすれば、ICOは非常に有効な資金調達手段です。

株式ではないため、経営権を売ることにはなりませんし、
日本のクラウドファンディングのように、周りの人に媚を売り続ける必要もありません。

Telegramのように、実力のあるコインは、
世界中から数千億というとてつもない金額を一瞬で集めてしまうケースもあります。

ICO・仮想通貨Telegram(GRAM)テレグラムICO・仮想通貨Telegram(GRAM)テレグラムとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

このように、ICOを適切な資金調達手段として捉え、それを広めようとしているプロジェクトが
このODINなのでしょう。
ノマド・若(ワーカー)、このコンセプトは割と好きですね。

②その取引で使えるのはODINのみ

そのICOに参加できるコインをODINのみにすると公言しています。
BTCでもなく、ETHでもなくODINのみにするとはかなり強気ですね。
それほど勢いのあるコインなのでしょうか。

しかし、もしハマった場合にはそのインパクトは絶大で
100倍を超えていくものになるかもしれません。

実際に、ODINでは公式ホームページで、
ODINは、100倍を超えるプロジェクトであると公言しています。

③絶大な信用があるコンサルティング会社がバックに

ODINは、世界的にも有名なICOコンサルティング会社NO WALLがバックについていることでも有名です。
Kazuki Hayashi / Masato Sakamoto / Ryosuke Takenaka
という3名のFounderによって運営されています。

実はNO WALL社、独自のネットワークを用い、
新興プロジェクトを大手取引所へ上場させることができるようです。

ODINも公式発表で6月に上場が決まっているようですし、
とても期待できますね!

NO WALL社はインディゴ株式会社とも提携

NO WALL PTE. LTD. (本社:Singapore、CEO: Masato Sakamoto、以下「NO WALL」) とインディゴ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:川上聴、以下「インディゴ」) は、日本におけるICOコンサルティングにおいて協業しサービスを提供致します。

引用:NO WALL / インディゴ 日本におけるICOコンサルティングにおいて協業

1996年創設のテクノロジーコンサルティング会社インディゴとも業務提携をしています。
日本人が仮想通貨の最先端で戦っているというのはなんだか嬉しいですね!

ODIN Coin(ODIN)オーディンの将来性は?

将来性はあるが、不安が残るようなコインであると結論付けます。

Noah Coinなどと同じ匂いがしますし、どこまで上がるかも不明です。
極端に購入を煽るような言い方も目につきますので、もし詐欺やすぐに大暴落した場合は、
自己責任ということでお願いいたします。

しかし、同じ匂いがするということは
一時的な爆益は非常に可能性がありますので、
その点は期待ができるのではないでしょうか。

余剰資金がある方は趣味程度で楽しんでみるというのもいいですね!

ODIN Coin(ODIN)オーディンはやめるべき?

将来性のところで、
ODINは若干の不安が残るという風に記述しましたが、それは何故なのか、
ここからはお話しさせていただきます

①Twitterのフォロワーの数

ODINは100倍もの爆益が見込まれる仮想通貨なのにも関わらず、
現在公式Twitterのフォロワーは94名(2018.4.26)

ICOがスタートしている案件にしては極端に少なく、
その点は非常に不安です。

サーバーダウンの件

日本人しかほとんどアクセスしていないという情報が出回っていますが、
それなのに、サーバーがダウンしていたり、非常に重く、全く使い物にならなかったりします。

ICOが開始されある程度復活してきましたが、
それ以前はメールすら数時間してもこないような状態でした。

仮想通貨はサイバーセキュリティー問題も絡んできますので、
ICO後、一瞬でハッキングということも起こりうると思います。

参加には注意必要ですね。

そもそもODINトークンで他のICOに参加することは経済合理的なのか?

ODINのICOプラットフォームでは
他のICOプロジェクト参加時にODINのみを使うように設計されています。

つまり、もし円でODINのICOに参加する場合、

日本の銀行口座から国内取引所に送金

国内取引所でBTC/ETHなど*を購入

ODINプラットフォームへ送金

ODINで、ODINトークンを購入

ODINトークンにてICOに参加

(短期保有の場合)益が出た時点で、売却

ODINトークンへ換金

ODINトークンをBTC/ETH*へ換金

国内取引所へ送金

BTC/ETHを円に換金

日本の口座に益が入る

*まだローンチ前なので、ODINプラットフォームが何で送金可能にするのかわかりません

このような流れになるかと思います。

もし、仮想通貨→仮想通貨で運用されている方ならば、
ある程度理解はできるでしょうが、
初心者にはなかなか厳しいですし、
わざわざODINを介してICOに参加する意味もあまりわかりません。

需要を底上げするために、
このような仕組みにしているのでしょうが、やはりどのように稼働するのかはわからないですね。

100倍までは行かなそうですが、なんだかんだ10倍はいくと思いますし、
興味本位ですこし突っ込んでみるのはとてもありかと思います!!

参考 ODIN WhitePaperホワイトペーパーリンク

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所