ランサーズで執筆活動を重ねてライターになろう

私は数年前から、友達に紹介してもらったランサーズで執筆をしています。
執筆することは私にとっては他のことよりも自然体でできる仕事で、とてもスムーズにできることです。
文字数に見合って、お題に沿った内容の記事を書くことでお金を貯めています。

ランサーズの報酬仕組

ランサーズは月に二回、支払いのチャンスがあります。15日と月末の二回です。
それで、15日に支払い申し込みをすると、その月の月末に指定している口座にお金が振り込まれるようになっています。月末に支払い申し込みをしたら、翌月の15日の支払いになります。

ランサーズの執筆の仕事は1件最低5円から1000円以上のものまでありますが、自分の得意分野のお題が出た時には夢中で書くことができます。

ランサーズを始めたキッカケ

もともと文章を書くことが好きで、実際に雑誌のフォトエッセーで文章を書いていた職歴が有るので、文章を書くことはとても自然のことで、楽にできることです。

支払いは溜まってから口座へ振り込むべし

そんなことでお金を貯めているのですが、毎日毎日、ランサーズのタスク作業をしていたら、1ヶ月7万円くらいは稼げるようになりました。私は支払いをキャリーオーバーに設定しているので、どんどん溜まっていくようになっています。
キャリーオーバーしないと、毎月15日と月末に3000円以上の収穫があると自動的に講座に振り込まれてしまいます。その振り込みの手数料が500円かかるので、頻繁に振り込みを頼むと、500円ずつ取られるので損をしてしまいます。
ある程度の額が貯まってから口座への支払いを頼んだ方が得です。

ランサーズの魅力

パソコンがあって、ネットの環境があればどこででも出来る仕事なので、すごく便利です。
書き始めると、どんどんアイデアが湧いてきて、あっという間に課題を書き終えてしまうことが多いのです。
人気がある出題者や案件では大人数が一斉にアクセスするので、書けないこともあります。
文章を書くことが好きで、いろいろな経験を持っていて、それを文章としてまとめることができる人はランサーズのタスクやプロジェクトで稼ぐことができます。

昔と違ってペンで書いたりせず、パソコンでキーボードを打って文字を書くので、間違えても書き直すことが簡単ですし、文字数の調整もとても簡単にすることができるのです。

ランサーズで月5万円くらいはコンスタントに稼くためには、常にネットに接続しておいて、案件が出てくるのを待つ必要があり、そのために時間を費やする必要があります。

ライター稼業を目指している方には実績や経験になりますのでオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です