step1

買い替えが多い子供の服の仕入れにはFRIL(フリル)。フリーマーケットを活用しよう!

noimage
Pocket
LINEで送る

私は衣料品を安く手に入れるためにフリーマーケットアプリの「FRIL」をよく利用しています。
きっかけは、子供の保育園への入園でした。

フリマのアプリFRIL(フリル)都の出会いまで

保育園に子供を預けるとなると、着替えを大量に用意しなければいけなかったのですが、だからと言って全部を新品で揃えるわけにもいきません。
お金も非常にかかりますね。
そこで色々と探して、行きついたのがスマホアプリの「FRIL」でした。
このアプリはフリーマーケットのアプリなので、雑貨から衣料品など様々なものが売り出されていますが、私にとって魅力的だったのが子供服の古着が大量にまとめ売りされていたことです。
しかも、安くまとめ売りされているのにもかかわらず交渉次第では値下げをしてもらえることさえありました。

値段交渉は相手も人間だということを忘れずに!最低限のマナーは守りましょう。

なお、値下げ交渉をするときは、出品者の方が気分を害することの無いよう、失礼の無いようにやり取りをしましょう。
例えば、欲しい商品が1500円で売り出されていたとして、初めましての挨拶もなしに唐突に「こちらの商品を買いたいので、1500円だと高いので半額にしてください」と言われても、出品者の方も不愉快しかありません。
この場合は「こちらの商品の購入を検討していますが、少しお安くしていただけることはできますか?」といった具合に、相手方へお伺いをたてるのがベスト
なのです。
そうすれば、交渉の余地があるときは相手の方も希望価格を聞いてくることもありますし、○○円までならお値段下げれます。と、具体的な値段を提示してくる場合もあります。
そのあとは、購入したい側と出品者とのやり取りで最終的な価格を決めます。

値段交渉のポイント

値下げ交渉をする時のポイントは、いかに相手に不快な思いをさせないかだと思います。
態度が失礼な方や、度を超えた要求をしてくる人には売りたくありませんよね。
もし自分が同じような要求をさえたらどうか?ということを念頭に置き、慎重に言葉を選ぶということが大切だと思います。
ボランディアではないので、出品者の方にも商品発送の準備などで、多かれ少なかれ手間はかかっています。
その辺りのことを念頭に置いておくことが非常に大切です。

まとめ

上記のようなやり取りで、子供服は一度にたくさん手に入れることができた上に、店舗で構えている古着屋さんで売っている値段の半額以下。
もっと言ってしまえば、服一枚あたりの値段が100円くらいで手に入れることができました。
実際に手元に届いた商品についても、十分に使えるものばかりだったのでとてもありがたかったです。

その後も子供服を中心に色々と買い物は続けています。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!