人気の農業でしっかり節税!兼業農家としてお金が貯まるテクニックとは?

人気の農業でしっかり節税!兼業農家としてお金が貯まるテクニックとは?

最近、農業をしたいという人が増えていることをご存知でしょうか?

農業が人気な秘密、それは農業をするとドンドンお金が貯まっていくテクニックがあるからなのです!

…とは言っても、イマドキ農業だけで儲かるの?と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。
実は、本業として農業に取り組むのではなく、農業を趣味=兼業として取り組む人が増えているのです。兼業で農業をすると、節税の面で大きなメリットがあるんです! あなたも農業をしながらお金をガッツリ貯めてみませんか?

この機会に少しでも農業に興味がある方はぜひ、チェックしてみてください!

農業の3つの節税ポイント

農業の売り上げだけでお金を稼ぐとなると、なかなか難しいものがあると思います。思うように利益が出ず、赤字になることもあるでしょう。

ですが、ご安心ください。

兼業での農業の場合、もし赤字が出てしまっても節税面で大きなメリットがあるのです!さらに、その他の節税テクニックも併せることでかなりの節税が見込めるのです。

たくさん必要経費を計上できる

農業においては、農業所得が課税の対象となります。農業所得とは、農業で得られる収入から、農業経営のために必要な材料費や燃料費、美品維持管理費用を差し引いた金額のことです。農業でたくさん利益が出るに越したことはありませんが、農業所得が増えると、当然それだけ多くの税金も掛かることになります。

そこで重要になってくるのが、諸々の費用を必要経費として計上することです。

農業にかかる経費には様々なものがあります。例えば苗代、肥料代、農具や農機具の購入費用など、農作業をする上で発生する費用は、当然必要経費として計上することができます。また、それらに付随する費用も経費とすることができます。例えば、農機具の燃料代や修理代などがそれに当てはまります。

さらに、こちらは専業農家であるなど事情が考慮された場合に限りますが、自宅や携帯電話の料金、パソコンの購入費などについても、「農業を行う上で必要な通信手段」として経費として認められる場合があります。農業視察という名目であれば、旅費なども「研修費」として計上できる場合があるようです。

MEMO
農業においては、これらを必要経費をキチンと計上していくことが重要です。意外なものが必要経費として計上することが出来る場合もありますので、少しずつ積み重ねていくのがいいでしょう。小さい節税の積み重ねが、大きい節税に繋がるのです。

農業で節税

農業は捕捉率が低い

ややグレーな話になりますが、農業は捕捉率が低い、と言われています。捕捉率とはいったい何かと言うと、全ての課税対象となる所得をどれだけ税務署が把握できているか、という割合のことです。

サラリーマンなどの給与所得者は、9割ほどの捕捉率と言われています。会社から給与を得るという性質上、ほぼ全ての課税対象所得を正確に捕捉されていると言えるでしょう。

これに対して、農業の捕捉率は3割ほどと言われており、正確な課税対象所得を把握することが難しい現実があります。なぜ捕捉が難しいかと言うと、農業における売上の管理が曖昧な部分にあるようです。もちろん、きちんと流通に乗せた分は所得として捕捉されますが、露店で販売された分や、自分で消費したものについては、限りなくグレーな状況となっているようです。

給与所得と合算して節税

兼業で農業をすることで得られる一番大きなメリットは、給与所得と合算することで節税できることです。農業は、天候によって利益が大きく変動する業種です。異常気象や台風などの不可抗力によって、どうしようもなく赤字が出ることもあるでしょう。

そんなとき、兼業農家であれば損益通算により節税することができるのです。

例えば、本業として勤めている会社から500万の給与収入があったとします。それに対して、兼業の農業では収益を得られず、結果的に経費ばかりが掛かってしまい、100万の赤字となっていた場合。

このような場合に本業の所得に農業の赤字を合算し、500万ー100万=400万円を課税対象所得とすることができるのです。本業の利益を農業の赤字で相殺し、所得を少なくすることで、結果的に節税する事が可能ということです。

MEMO
これらを立証する場合には、確定申告が必要となります。農業の経費が立証できるように領収書や請求書などを残しておくのが大切です。日頃から家計簿レベルの収支計算をしていれば、さほど難しく事務手続きも必要ありませんので安心してください。

農業をするなら知っておきたいポイント

ここまで、農業における節税テクニックを紹介してきました。ここからは実際に農業に取り組むなら、ぜひ知っておいてほしいポイントを紹介したいと思います。

農業でお金を稼ぎたいアナタは必見です!

農業での収入とは

農業で得る収入は、実際に農協や市場に出荷した際の卸値が基本値になります。自分の家で食べた野菜や米であっても、自家消費分として、その年の市場価格などを考慮して、1キロ当たりの金額を算出し、農家の収入としてみなすこととしています。

前項目でもお伝えした通り、兼業農家の場合は、これに加えて会社勤めをして得た収入を合算して税金を計算することになります。節税を考えるのであれば、どのような収入が課税対象となるのかしっかりと把握しておくことが大切です。

農業を始める人向けの支援制度

ここまでの記事を読んできて、実際に農業を始めてみようかな?と興味を持って頂いた方も多いのではないでしょうか。そんな方に是非知っておいてほしい国の支援制度があります。

ここでは例として2つの制度をご紹介します。

・農業次世代人材投資資金
これから農業を始めようという人を対象に、最大で年間150万円を交付する制度です。

・新規就農者向けの無利子資金制度
農業を始めるために必要となる資金について、無利子で貸し付けを実施しています。

一から農業を始めるとなると、決して安くない経費が掛かることでしょう。これらの制度を利用するには一定の条件を満たす必要がありますが、初期費用を抑える意味でも、可能な限り利用したいところです。ぜひ、これらの制度を活用を検討してみてください。

何を育てればいいか

いざ農業を始めるといっても、どんな作物を育てればいいか分かりませんよね。どんな作物でも初めから上手く育てるのは難しいとは思いますが、やはり扱い作物、扱い辛い作物というものはあるようです。

一般的に、葉物(キャベツやレタスなど)の野菜は、育てるのが難しいようです。理由としては、こまめな害虫駆除が必要となることが挙げられます。兼業で農業をする場合は、時間の関係上、尚更難しいといえるでしょう。

逆に、比較的育てやすいと言われているのが根菜などの土の中で育つ野菜です。大根、玉ネギ、ニンジンなどが当てはまります。これから農業を始めようという方は、まずはこれらの野菜から取り組んでみてはどうでしょうか。

兼業での農業は儲かる

農業での節税テクニックや豆知識を紹介してきましたが、如何がだったでしょうか。世間ではすっかり儲からないイメージが定着している感もある農業ですが、それもやり方次第と言えるのではないでしょうか。今ではインターネットでの販売なども可能ですから、むしろ昔よりも市場の間口は広がっていると言えます。

また、本記事で紹介したように、上手く利益が出なかったとしても、本業の収入と合算することで節税することも出来るのです。ぜひこの機会に農業を始めてみて、ガッツリお金を稼いでみてはどうでしょうか?