【2018年度版】仮想通貨・ICOオススメ銘柄ランキング(億り人を目指す初心者向け)

現在、仮想通貨は6000種類以上あるようですが、数が多すぎて、何を購入すればよいか気になりますよね。
投資をするのなら、どうせなら億り人を目指すために爆上げが期待できるものがいいと思います。
今回は仮想通貨を始めたばかりの方にも、おすすめ仮想通貨(暗号通貨)/アルトコインをご紹介いたします!

※こちらの記事は随時更新していきます!

今回紹介する銘柄は、もちろん「ネトビジ!」としても投資しているものになります。

ネトビジ!のオススメコインの選定基準としては、もちろん技術の高さも重要ですが、それだけでは時代がついてこれない!とか理解されないなどのデメリットもありえると思うんですよ。

コインの価格が上がるということは、シンプルに考えるとコインを買いたい人が多いのかどうか?というところなので、そのプロモーション力などもマーケティング的な視点やブランディングの視点、デザイン的な視点も含めて判断しています。

ベストなのはホンモノの技術でありつつ、組織もマーティングもしっかりしている。
そして技術的に早すぎないもの。

そんなトータルな目線でオススメできるものを紹介させていただきますが、もちろん100%上がるかどうかはわかりませんし、最悪はすべて価値を失ってしまう可能性もゼロではありません。
ただ、「ネトビジ!」としてもリアルに投資しているものになるので、いい加減なものではありません。

仮想通貨への投資は必ず、なくなっても仕方ないと思える余剰資金での投資をオススメします!

1位 Ripple(XRP)リップル

とりあえず、何購入したらいいですか?と聞かれたら、オススメしたい銘柄。
仮想通貨に興味がでてきたら、Bitcoin(BTC)ビットコイン、NEM(XEM)ネムに次いでよく聞く銘柄ではないでしょうか?
数多くの企業が提携していますし、取り扱いの取引所も多く、そして技術的な所も奥深く早すぎず、マーケティングな視点でも有望な銘柄。
かなり高い確率で、2018年は上がる銘柄になるのではないでしょうか?
そして2018年だけではなく、さらに長期視点で、実用化が進み上がっていくコインになるはずです。

希望的観測ですが2018年中に1XRP=1,000円は超えてほしいですね。

Ripple(XRP)リップルについて詳しく

仮想通貨Ripple(XRP)リップルとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

Ripple(XRP)リップルを購入できるオススメの仮想通貨取引所

参考 Ripple(XRP)リップルをBinanceで購入するBinance 参考 Ripple(XRP)リップルをGMOコインで購入するGMOコイン 参考 Ripple(XRP)リップルをBitFlyerで購入するbitFlyer

2位 Ethereum(ETH)イーサリアム

Ethereum(ETH) イーサリアムは、非常に多くある仮想通貨の中において第2位の時価総額で、アプリケーションを作るプラットフォームをブロックチェーンをベースにして作成しています。

高い技術レベルがあるEthereum(ETH) イーサリアムの研究には、世界でも指折りの会社が投資しています。
Ethereum(ETH) イーサリアムのネットワークで使用される手数料の価値は、いろいろな会社がこのネットワークを利用すればするほどアップします。

2018年はEthereum(ETH) イーサリアムがくる!なんて声も多いですが、仮想通貨の中ではやっぱり手堅い部類かと。
ただ、100倍などは狙えるものではなくて、MAX5〜10倍かなと想定しています。

Ethereum(ETH)イーサリアムを購入できるオススメの仮想通貨取引所

参考 Ethereum(ETH)イーサリアムをBinanceで購入するBinance 参考 Ethereum(ETH)イーサリアムをGMOコインで購入するGMOコイン 参考 Ethereum(ETH)イーサリアムをBitFlyerで購入するbitFlyer

3位 Vechain(VEN)

Vechain(VEN)ヴェチェイン、ブランド品以外にも、衣料品や、食料品、その他の流通に関わる商品管理を効率化できるとされています。
最新のブロックチェーン技術により、真偽判定はもちろんのこと、現在の流通の問題すらも解決できるポテンシャルを持っているのです!

大手企業との提携、ついてる投資家、技術力の高さ、マーケティングのうまさなど総合力も高いですよ、

2018年中に10,000円程度。最終的に25,000円くらいまで上る可能性はあると思っています。
あとで紹介するNeo(NEO)ネオと同じ中国発の通貨ですが、こちらも中国政府と提携していますし、何よりNeo(NEO)ネオに比べて、日本人の知名度が低いのが、投資的にはいいなと感じています。

日本の取引所で買えないのが初心者向けではないのですが、可能性はあるので!

Vechain(VEN)ヴェチェインについて詳しく

仮想通貨Vechain(VEN)ヴェチェインとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

Vechain(VEN)ヴェチェインを購入できるオススメの仮想通貨取引所

参考 Vechain(VEN)ヴェチェインをBinanceで購入するBinance

4位 omiseGo(OMG)オミセゴー

OmiseGo(OMG)とは、東南アジアで決済が可能なイーサリアムベースの仮想通貨です。
クレジットカードを使わずとも、スマートフォンで決済が行えるサービスを提供しています。

SBIインベストメント、インドネシアのSinar Mas Digital Ventures、タイのAscend Money、シンガポールのGolden Gate Venturesからも投資を受けているので、それだけでも上昇の期待が持てるのではないでしょうか?

omiseGo(OMG)オミセゴーについて詳しく

仮想通貨OmiseGo(OMG)仮想通貨OmiseGo(OMG)とは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

omiseGo(OMG)オミセゴーを購入できるオススメの仮想通貨取引所

参考 omiseGo(OMG)オミセゴーをBinanceで購入するBinance

5位 Neo(NEO)ネオ

中国発祥で中国版のイーサリアムと呼ばれる仮想通貨neo(NEO)ネオ。

歴史ある格付け企業であるワイスレーティングでの格付けで、数ある仮想通貨銘柄の中でトップクラスにランキングしたことなどでも注目を集めていて、2月には初めてのA-判定も受けています。これも仮想通貨の中では手堅い投資として考えられるのではないでしょうか?

Neo(NEO)ネオについて詳しく

仮想通貨neo(NEO)ネオとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

Neo(NEO)ネオを購入できるオススメの仮想通貨取引所

参考 Neo(NEO)ネオをBinanceで購入するBinance

6位 Binance Coin(BNB)バイナンスコイン

Binance Coin(BNB)バイナンスコインというのは、「Binance(バイナンス)」という中国の仮想通貨取引所が発行する一つのERC20トークンです。
取引所Binance(バイナンス)にてBinance Coin(BNB)バイナンスコインで取引すれば手数料が0.1%から0.05%になります。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインの将来性については、ほとんどBinance(バイナンス)の取引所の成長にかかっています。
そして、Binance(バイナンス)は、オープンが2017年7月と割合取引所として新しいにも関わらず、2018年2月時点において、世界第1位の取引高を記録しています。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインについて詳しく

仮想通貨Binance Coin(BNB)バイナンス仮想通貨Binance Coin(BNB)バイナンスコインとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインを購入できるオススメの仮想通貨取引所

参考 Binance Coin(BNB)バイナンスコインをBinanceで購入するBinance

番外編 NOAH COIN(NOAH)ノアコイン

ネトビジ!がダークホース的に可能性を感じているのが、いい噂がほとんどなかったNOAH COIN(NOAH)ノアコインです。

正直まだコイン自体の信憑性は未知数なのですが、フィリピンのGDPの10%もあると言われているOFW(海外で働くフィリピン人)の送金問題を国家レベルで解決する可能性がありますし、圧倒的なマーケティングで価格は異次元の上昇を見せる可能性が高いです!
コインの技術自体もモチロン大事なのですが、やはりそれを欲しい!と思わせる圧倒的なマーケティングは重要になります。
そのマーケティング力が半端なものではありませんし、先日も半数以上のコインをバーンすることによって、「何が何でも価格をあげますよ!!」という意思表示をされたように思います!

チャートを見ても価格も完全に調整しているように思いますので、少ししか投資資金がない!という方は、騙されたと思ってノアコインに投資してみるといいでしょう。

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所