仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Litecoin(LTC)ライトコインとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

仮想通貨Litecoin(LTC)ライトコイン

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

Litecoin(LTC)ライトコインとは?

Litecoin(LTC)ライトコインというのは、ソースコードのGithubという共有サービス上で、以前のグーグルの社員のチャールズ・リーによって2011年10月に公開されたものです。
仮想通貨のビットコインのプログラムコードをベースにして、Litecoin(LTC)ライトコインは作られています。

Litecoin(LTC)ライトコインの強みは?

送金のスピードがビットコインの約4倍であることが、Litecoin(LTC)ライトコインの強みです。
Litecoin(LTC)ライトコインの場合は、送金してから終わるまでが約2分半の時間になっています。
そのため、ビットコインに比較して、高い利便性があります。

また、数少ないSegwitを導入したことが、Litecoin(LTC)ライトコインの強み。
Segwitというのは、ビットコインのいくつかの問題点であるスケーラビリティ問題を解決する一つの方法です。

スケーラビリティというのは、取引処理能力をアップさせる一つの方法で、データ量を小さくするために取引履歴を圧縮して処理することです。
例えば、パソコンの動作を軽くするために、フォルダを圧縮するようなことをイメージするとよく分かるでしょう。

Litecoin(LTC)ライトコインの特徴とは?

Litecoin(LTC)ライトコインの特徴としては、次にご紹介するようなものが挙げられます。

・2分半の時間でブロックを承認する
・Scryptの暗号化方式を採用している
・ライトニングネットワークをSegwitの有効化で実現している
※ライトニングネットワークというのは、取引が光速で実現できるものです。
・アトミックスワップによって通貨間を自由に交換できる

アトミックスワップというのは、お互いの仮想通貨を相手を信用する前提なし交換できる方法です。
基本的なビットコインの構造を保ちながら、いろいろな機能をより実験的に採用していることが、Litecoin(LTC)ライトコインの特徴です。

最近は、Segwitの有効化によって、ライトニングネットワークの可能性を表したことは、業界においても非常に着目されています。

Litecoin(LTC)ライトコインのチャートは?

Litecoin(LTC)ライトコインは、Segwitが承認されて2017年5月の初めに非常に高騰しましたが、別の仮想通貨に比較するとその後は低下していきました。
しかし、ほとんどの仮想通貨が2017年6月15日にビットコインの不安で下がっていく中において、いち早くLitecoin(LTC)ライトコインは回復して、その2日後頃には3500円程度であった1LTCが5500円近くまで上がりました。

この一つの理由としては、ビットコインに対する不安が挙げられます。

ビットコインは、ハードフォークのリスクが再度が高まっています。
一度は落ち着いていますが、将来的にはどうなるか分かりません。
そのため、ビットコインと性質が同じようなもので、しかも取引の承認スピードやマイニングにおいて有利なLitecoin(LTC)ライトコインを、不安をビットコインに対して持っている人が購入した可能性があります。

Litecoin(LTC)ライトコインへの投資はやめるべき?

Litecoin(LTC)ライトコインへの投資はやめるべきかは、Litecoin(LTC)ライトコインの投資のデメリットについて検討することが必要です。

ここでは、Litecoin(LTC)ライトコインの3つのデメリットについてご紹介しましょう。

Litecoin(LTC)ライトコインのデメリット(1)

データが改ざんされやすいことです。
改ざんが実際にされたということではありませんが、承認スピードが短いため細かな箇所が見逃されるのではないかと考えられています。
デメリットとはっきりと言えるということではありませんが、改ざんされるリスクがあるということです。

Litecoin(LTC)ライトコインのデメリット(2)

データが巨大になっていることです。
短い承認時間であるため、ブロックが多く繋がるようになります。
そのため、データが巨大になってしまう恐れがあります。

Litecoin(LTC)ライトコインのデメリット(3)

ハッシュ関数を暗号化方式として使っていることです。
暗号化方式としては、ビットコインの場合は、SHA-256ですが、Litecoin(LTC)ライトコインの場合はScryptで、ハッシュ関数を使っています。

セキュリティ面において、このLitecoin(LTC)ライトコインのハッシュ関数が安全かどうかは、あまり前例がないためによく分からないというデメリットがあります。

なお、SHA-256というのは、適当な値を入力したデータに対して返してくれる一つのハッシュ関数です。
ハッシュ関数としてSHA-2と言われるものに分類されるものがいくつかありますが、この中の一つです。
SHA-256の詳しいことについては、ネットなどで紹介されているため確認してみましょう。

Litecoin(LTC)ライトコインの将来性は?

Litecoin(LTC)ライトコインは、機能がビットコインとほとんど同じようなものであるため、今まで仮想通貨の中においてはそれほど着目されていませんでした。
しかし、決済をビットコインよりもLitecoin(LTC)ライトコインで希望する人が最近になって多くなっているため、着目されるようになりました。

ビットコインの場合は、ハードフォークのリスクによって分裂する心配があるためです。

ビットコインと性質が同じようなものであり、しかもSegwitも導入したLitecoin(LTC)ライトコインに盛んに換えるようになると、Litecoin(LTC)ライトコインの価格もアップすると考えられます。

Litecoin(LTC)ライトコインは、これまでそれほど着目されていませんでしたが、ビットコインのハードフォークのリスクやSegwitの導入などによって着目され始めました。

これからも、仮想通貨として着目されていくと言えるでしょう。

Litecoin(LTC)ライトコインは、どこの取引所、販売所で買うの?

Litecoin(LTC)ライトコインの日本の取引所としては、coincheck(コインチェック)、bitbank.cc、bitFlyer(ビットフライヤー)があります。
取引量や取引所数においては海外の取引所に比較してまだ追いついていませんが、Segwitを導入したということで着目されているので、今後Litecoin(LTC)ライトコインを扱う日本の取引所は多くなっていくと予想されます。

ネトビジ!ではLitecoin(LTC)ライトコインを購入するのに、初心者の方には日本発のcoincheck(コインチェック)が安心でオススメします!日本円から購入できるのでわかりやすいです!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

慣れてきたら、取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)もオススメします。
Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。 最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!

最後に・・・ Litecoin(LTC)ライトコインは長期的に成長が期待できます! 2年後・3年後に利益ベースで億入り人になる!と考えているならば、今すぐに買ってしまった方が良いでしょう。 Litecoin(LTC)ライトコインを購入して、爆益をあげるとともに、新たな未来の形を一緒に創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所