グリンピースの特徴・育て方・栽培方法・失敗から学ぶポイント

ふっくらとしたさやからこぼれる、ひすい色のつややかな粒。
緑濃いグリンピースは、ビタミンやミネラルが豊富な健康野菜です。コツをおさえて育てれば、たくさんの実がたわわに実り、長い間収穫を楽しめます。

グリンピースの特徴・育て方・栽培方法・失敗から学ぶポイント

グリンピースの特徴

タンパク質やビタミンA、B1、Cが多く、食物繊維も含んでいます。暑さには弱く、涼しい気候を好むので、秋に植えて春に収穫します。

グリンピースは、同じ土地に続けて植えると病気になりやすい(連作障害がおきやすい)野菜です。一度作った土地では、3~5年は作らないように注意します。また酸性の土に弱いので、タネまきの前に石灰資材(苦土石灰やカキ殻石灰)などで、土を中和しておきます。

連作障害については>>こちらも参考にしてくださいね。
【保存版】家庭菜園のコツ・連作障害とは?原因・対策・徹底解説

グリンピースの栽培時期

【タネまき】10月~11月
【収穫】5月~6月

【栽培の適温】15~20℃

グリンピースの土づくり・育て方・収穫方法・コツ

ポイント
・一度作った土地では、3~5年は作らない
・石灰資材で土を中和する

グリンピースの土作り

タネまきの2週間ほど前に、苦土石灰かカキ殻石灰を畑にまいて土を中和しておきます。石灰の量は、袋に記載されている量を参考にしてください。通常1㎡あたり150g前後をまきます。タネまきの1週間前には堆肥(たいひ)をすきこみます。堆肥は効き目がおだやかな、牛ふんがおすすめです。

90㎝幅の畝を作り、30~40㎝の間隔で、一ヶ所に3~4粒のタネを2~3㎝の深さにまきます。乾燥しないようにしっかり水やりをします。

30~40㎝の間隔で、3~4粒のタネをまく

グリンピースの間引き

 

本葉が3枚ほどになったら元気な苗を2本ほど残す

6~10日ほどで発芽します。本葉が3枚ほどになったら、元気な苗を2本ほど残し、他の苗は間引きします。寒さが厳しくなる前の11月下旬頃になったら、根元に切りワラやマルチシートを敷いて防寒します。

私が借りている市民農園では、みなさんそれぞれ、いろいろな方法で防寒対策をしていらっしゃいます。家にある道具や資材で上手に工夫しているな~と、いつもあちこちの畑を見て感心しています。

ペットボトルで防寒

苗が小さい頃は、ペットボトルで防寒する方法もあります。この畑の方は、普段から飲んだ後のボトルをとっておいたんですね。ペットボトルは他にも使い道があって、風車のように作って鳥よけにしている人もいます。

ネットで防寒・防虫

オーソドックスな方法はネットです。防寒と防虫効果が期待できます。

ワラで霜対策

ワラを傘のようにする方法。冷たい空気が苗をつたって霜になるのを防いでいます。わが家の畑の隣のプロの農家さんは、毎年この方法で防寒しています。

土の上にワラをひく方法もあります。ワラは園芸店などで売っていますが、値段が高いのが難点です。マルチシートはワラに比べると値段が手頃なので、わが家ではもっぱらマルチシートを利用しています。ただ、マルチシートはゴミになるのでこの点が心苦しいところです。

冬の間は地上の芽はそれほど伸びないので、「大きく育つかな」と心配になることがあります。でも、地下で根が大きく張っているので大丈夫。時々畑をのぞいて、成長具合をチェックしましょう。「元気に育っているね」なんて声を掛けると、野菜は嬉しくなって本当に元気に育ちます(経験談)。

土作りについては>>こちらを参考にしてください。
【保存版】家庭菜園のコツ 「よい土」づくりの方法を徹底解説!

石灰資材については>>こちらを参考にしてくださいね。
【保存版】家庭菜園のコツ・石灰資材の特徴・種類・選び方とは?徹底解説

支柱立て

春になるとつるが伸び始めます。15~20㎝ほどになったら、1.5~2mの高さの支柱をたてます。必要ならば、ひもを張る、茎を支柱にくくりつけるなどして、つるが上に伸びるように手を入れます。つるは2m近くまで伸びるものもあり、実がなると重みで支柱が倒れそうになります。支柱は太めのものを選び、土にしっかりとさしてください。

肥料は、タネまきの1ヶ月後と開花前に、その後は1ヶ月ごとを目安にあげます。ただ、マメ類は肥料が多すぎると葉が茂りすぎて、実に栄養がいかなくなることがあります。育ち具合をみながら肥料の量を調節しましょう。

太めの支柱をしっかりさす。必要に応じてひもで茎を固定する

開花と収穫

4月に入ると白やピンク色のかわいらしい花が咲き始めます。成長してくると、葉がこんもりとしてきます。グリンピースは湿気に弱いので、弱そうな枝は根元から切って、風通し、日当り、水はけを良くします。こうすることで病気を防ぎ、元気なさやを育てることができます。

こんもりしてきたら、枝を切って風通しを良くする

開花してから40日ほどで収穫の時期になります。実がふっくらとして、さやの表面にシワが入り始めたら収穫のサイン。1つ採ってさやをあけてみて、マメの育ち具合を確認しましょう。まるまると太っていたら採り時です。タイミングを逃すと、マメが固くなるので要注意。

さやを手でちぎって収穫する人もいますが、意外に力が必要です。ハサミでさやの付け根を切り取る方法がおすすめです。グリンピースは、長い期間たくさん収穫できるので、作りがいのある野菜です。

実がふっくらとして表面にシワが出てきたら収穫時

タネを買う時に注意!私の経験談

「エンドウ」という名前の野菜には、グリンピース(実エンドウ)の他に、皮ごと食べるスナックエンドウや、皮が平たいうちに食べるサヤエンドウもあります。それぞれ種類が違うので、タネを買う時に間違えないようにしましょう。

以前、グリンピースを植えたつもりだったのですが、サヤがなかなか膨らまず「もしや違うマメ類ではなかろうか」と心配になったことがありました。プロの農家さんに見てもらっても「キヌサヤちゃうか?」とのお言葉が。え~っ!確か植えたのはグリンピースのタネだったよね。でも確信がない。収穫楽しみにしてたのに。キヌサヤはあんまり好きじゃないし・・・。

悶々としながらサヤを見守る日々。少しずつ大きくなってきて、結局グリンピースだと判明してホッとしました。途中の段階では、グリンピースもキヌサヤも、プロでも見分けがつきません。タネを買う時点でしっかり確認しておきましょう!

スナックエンドウ:皮ごと食べます

キヌサヤ:マメが大きくなる前に収穫して食べます

家庭菜園でグリンピース作りにトライしましょう

収穫したグリンピースは、家に持ち帰ったらさやから出す作業があります。ちょっと手間がかかりますが、自然の恵みを手でさわる、という楽しみは家庭菜園ならではのもの。

採りたては柔らかくて風味が良いので、すぐに固めに塩ゆでしておきましょう。冷凍しておけば、1ヶ月は持ちます。炒り卵や豆ご飯、煮物などにぱらりとかけて、彩りと栄養をプラス。私は塩ゆでグリンピースをスプーンですくってご飯のように食べています。味付けしなくても美味!ぜひ、取り立てのグリンピースの味を楽しんで下さい。

初心者にオススメの野菜の作り方はこちらも参考にしてくださいね。

ジャガイモの作り方はこちら
ジャガイモの特徴・育て方・家庭菜園・失敗から学ぶポイント

ミズナの作り方はこちら 
ミズナの特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ブロッコリーの作り方はこちら
ブロッコリーの特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ダイコンの作り方はこちら
大根(ダイコン)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園についてダイコン(大根)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ニンジンの作り方はこちら
ニンジン(人参)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園についてニンジン(人参)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

タマネギの作り方はこちら
タマネギ(玉葱)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ニラの作り方はこちら
ニラ(韮)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ビギナーさんが手軽に家庭菜園をはじめられる農園もあります。

シェア畑について詳しくはこちらです!
シェア畑(レンタル畑)とは?高い?魅力・評判・料金・無料見学まとめシェア畑(レンタル畑)とは?高い?魅力・評判・料金・無料見学まとめ



農業をすると節税できるという嬉しい情報もあります!
こちらの記事も参考にしてみてくださいね!
人気の農業でしっかり節税!兼業農家としてお金が貯まるテクニックとは?人気の農業でしっかり節税!兼業農家としてお金が貯まるテクニックとは?