【保存版】家庭菜園のコツ・基本の道具・選び方・使い方を徹底解説します。

家庭菜園をはじめたいけど、道具は何をそろえればいいの?と、とまどう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本やインターネットなどで調べると、家庭菜園用の道具がずらりと出てきます。でも、始めからあれこれそろえるのは大変ですし、お金もかかります。

今回は、ビギナーさんがそろえておきたい、基本的な道具をご紹介します。これだけあれは、家庭菜園をはじめられます。ぜひ参考にしてください。

家庭菜園のコツ・道具の選び方・使い方

家庭菜園のコツ・ビギナーさんがそろえたい基本の道具

以下は基本の道具と使い方です。

道具 使い方
クワ 土をたがやしたり、畝(うね)作ったする。最も出番の多い農具
スコップ 土を掘り返したり、たがやしたりする
シャベル(移植ゴテ) 長さ30センチほどのスコップ。苗を植えたり、移し替えたりする
ジョウロ 水やりにかかせない道具
園芸用バサミ 野菜の収穫や、枝きり、肥料の袋を開ける時に使う
作業用手袋 手荒れやケガを防ぐ
日よけ帽子 日焼けや熱中症を防ぐ

それぞれの道具の特徴と選ぶポイントをみていきましょう。どれもホームセンターや園芸店、通信販売などで手に入ります。

【クワ】

家庭菜園で一番活躍してくれる道具です。土づくり、畝(うね:野菜を植える盛り土)づくり、雑草とりなど、さまざまな作業に使えます。

刃が平らな「平(ひら)グワ」と、フォークのように別れている「備中(びっちゅう)グワ」があります。この2種類があると便利です。平グワで土をたがやして、備中クワでさらに細かく砕きます。

刃の長さが20~30cm、柄と刃の角度が約60度くらい、柄の長さは1メートル前後のタイプのクワが使いやすいです。

できればお店で、使い勝手を確かめてみましょう。持ってみて、やや重く感じるくらいのクワがおすすめです。重さは、1~1.4kgのものが主流です。軽すぎるとたがやす時に力が入ってしまい、重すぎると振り上げる作業が難しくなります。

平グワ
備中グワ

やや重みを感じるくらいのクワがベター

【スコップ】

土を掘ったり、深くたがやしたりする時に使います。「剣(けん)スコップ」と呼ばれる、先がとがっているものがおすすめです。固い土を深く掘るのは、かなりの重労働。丈夫で重すぎないスコップが理想的です。ステンレス製のものは、スチール製に比べて値段が高めですが、さびないので手入れが楽です。

【シャベル(移植ゴテ)】

種まきや苗の植えつけ、雑草とりなど、いろいろな作業に使えます。野菜についている青虫などの害虫をすくって退散させる、などの場合にもシャベルが活躍。小さな菜園なら、クワやスコップの代わりになる優れものです。

【ジョウロ】

種まきから収穫まで、水やりは大事な作業です。ジョウロの先がシャワー状になっている「ハスクチ」がついているものがおすすめです。ハスクチがないタイプは、水が勢いよく出て、タネや苗が流れてしまうことがあります。

家庭菜園では、6L~10L程度が使いやすい大きさです。容量がたっぷりあれば、何度も水を汲みにいかなくて便利ですが、その分重くなるので、ご自身の力加減で選んでください。

【園芸用バサミ】

ハサミは家庭菜園のマストアイテム。野菜の収穫や枝の切断だけでなく、肥料の袋や野菜の枝をくくるひもを切る時など、いろいろな場面で使います。

おすすめは、刃先がしっかりして、固い枝でも切ることができる園芸用バサミです。使う頻度が高いので、ステンレス製などさびにくいものを選び、使ったら水分をしっかり拭き取って保管します。

【日よけ帽子】

家庭菜園では、日中の数時間を畑で過ごします。特に夏場は日差しがきついので、熱中症を予防するためにも帽子は欠かせません。シミが気になる方は、日焼けも防ぎたいですね!

農作業でおすすめの帽子は、つばが広く首まで覆われているタイプです。農家さん用の実用的なものから、ガーデニング用のおしゃれな帽子まで、いろいろあります。あれこれ探してみるのも楽しいもの。お気に入りの帽子を見つけて、畑仕事のモチベーションをアップしてください。

【手袋】

野菜づくりでは、土をさわる、野菜を水で洗う、雑草を抜く、虫を取り除く、などの作業があります。手荒れが気になる人は、手袋を使うことをおすすめします。土をさわる作業にはガーデニング用の手袋、野菜を洗うときはビニール製の手袋、いも掘りなどの野菜の収穫には軍手など、用途に合わせて使うと便利です。

以上が、野菜づくりに必要な基本的な道具です。
ちなみに、ご紹介した道具をそろえると、いくらかかるでしょうか(税込・Amazon)。

・平グワ:     751円
・備中グワ:  1348円
・スコップ:    749円
・シャベル:    756円
・ジョウロ:    821円
・園芸用ハサミ: 1950円
・帽子:               1370円
・手袋:                 260円

しめて、8005円也。

まずまずの出費になりますね。できるだけ、手頃な値段で使いやすい道具を選んでください。

家庭菜園のコツ・あると便利な道具・選び方・使い方

野菜が育ってくると、基本的な道具のほかに、「あったら便利だな」と思う道具がいろいろ出てきます。

以下は、すぐには必要ないけれど「あると心強い」道具です。参考にしてください!

道具 使い方
ひも 茎を支柱に結んで固定する
マルチシート 防寒や除草のために土にかぶせる
防虫ネット 虫除けに使う
支柱 ナスやトマトなど、上に伸びる野菜を固定する
ピン・杭 マルチシートや防虫ネットを土に固定する
長靴 ぬかるんだ畑で作業する時に便利

【ひも】

ビニール製のものが主流です。ナチュラル派には自然素材の麻のひもが人気です。

【マルチシート】

ビニール素材などでできた、土にかぶせるシート。防寒や防虫、除草など、いろいろな目的で使います。ビニールシートの代わりに、ワラやもみ殻など、自然の素材を土にかぶせる方法もあります。

 

ビニール製のシートの代わりに、ワラやもみ殻を使う人もいます

【防虫ネット】

野菜を虫から守るために、欠かせないアイテム。対応する害虫によって、目の細かさが変わってきます。目が細かいほど虫をよけられますが、あまり細かいと通気性が悪くなるので注意が必要です。一般に、0.6~1.0mmほどの目のものが使いやすいでしょう。

【支柱】

キュウリやトマトなど、上に伸びて実のなる野菜や、エンドウマメなどのつる性の野菜は、支柱に茎を結びつけて固定します。

【ピン・杭】

マルチシートや防虫ネットを土に固定するために使います。プラスチック製や金属製のものなど、いろいろな種類があります。石を拾ってきて重しにする、というナチュラルな方法もあります。

石を重しにしにするナチュラル派も

【長靴】

最近はおしゃれでかっこいい長靴もあります。お気に入りのアイテムがあると、野菜づくりがさらに楽しい時間になります!

基本的な道具をそろえて家庭菜園にトライしましょう

野菜づくりをはじめる時は、まずは基本的な道具をそろえれば大丈夫です。その後、少しずつ必要な道具を足していきましょう。家庭菜園の仲間や先輩と、どんな道具がおすすめか、情報交換するのも楽しいものです。

「野菜づくりはお金がかかるなあ」と思いましたか?

確かに、はじめはそれなりに出費があります。でも、野菜を育てる楽しみ、土にふれる気持ち良さ、四季を感じられる幸せなど、コストに勝る楽しみがあります。

最小限の道具で大丈夫!ぜひ、野菜づくりにトライしてください。

初心者にオススメの野菜の作り方はこちらも参考にしてくださいね!
ダイコンの作り方はこちら
大根(ダイコン)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園についてダイコン(大根)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ニンジンの作り方はこちら
ニンジン(人参)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園についてニンジン(人参)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

タマネギの作り方はこちら
タマネギ(玉葱)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ニラの作り方はこちら
ニラ(韮)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ビギナーさんが手軽に家庭菜園をはじめられる農園もあります。

シェア畑について詳しくはこちらです!
シェア畑(レンタル畑)とは?高い?魅力・評判・料金・無料見学まとめシェア畑(レンタル畑)とは?高い?魅力・評判・料金・無料見学まとめ



農業をすると節税できるという嬉しい情報もあります!
こちらの記事も参考にしてみてくださいね!
人気の農業でしっかり節税!兼業農家としてお金が貯まるテクニックとは?人気の農業でしっかり節税!兼業農家としてお金が貯まるテクニックとは?