【suzuri第二弾!】オリジナルグッズを作れる「suzuri」で稼ぐためのコツ!売れやすい商品・売れにくい商品紹介!

オリジナルグッズ を作れる「suzuri」で稼ぐためのコツ

こんにちは、たくみです。

以前「【体験】在庫なしで簡単にオリジナルグッズを作れる「SUZURI」を半年以上使ってみた感想」という記事を書かせていただいたのですが、今回はその続編にあたる記事となります。

前回がsuzuriそのものに関しての概要・使いかたの説明であったのに対して、この記事は「せっかく自分でデザインした商品が販売できるなら、本格的に稼ぐことを目指したい!という方に向けての、ちょっとステップアップした内容にしました!

※「suzuriってそもそも何?」という方は、まずはこちらの記事を参照して頂いた方が理解しやすくなると思います。

ちなみに僕自身のショップのページはここから飛べます。これからsuzuriでショップを開こうと考えている方は「こんな感じか~」とイメージしていただければ!

覚えておきたいポイント

使っているうちに分かったのは、同じデザインでも売れ筋になるものとそうでないものがある事です。

効率的に利益を上げるためには、どの商品が売れやすいのかを理解しておく必要があります。

と、いう訳で記事の前半では僕が体験して分かってきた売れ筋商品と、思っていたより伸びなかった商品を紹介していきます!

また、意外なことに「いくらデザインが良くても、それだけでは収入に繋がりにくい」という点を覚えておくことも重要です。

後者に関してはインターネットが高度に発展した、現代社会ならではの問題であるとも感じるため、記事の後半で詳しく解説したいと思います。

suzuriで売れやすい商品

suzuriは完全受注生産性を採っているため、在庫を抱えなくていい」「初期投資ゼロでショップが開ける」という圧倒的なメリットの反面、商品一つ一つの価格がやや割高」という点が玉にキズ

トリブンで価格調整ができるとはいえ、これは原価に上乗せする形になるため、赤字になるような法外な価格は設定できません

その点では、売れやすい商品は「他で買ってもこのくらいの値段だよね~」と皆が思うような商品が多いと感じました。

Tシャツ

無難なところでは、やっぱりTシャツがお勧めです。

↑僕のショップで一番ズッキュンが多いのがコレ。ポップで可愛いですよね!!!(自画自賛)

普段着る以外にルームウェアとしても使えるし、とりあえずデザインが気に入れば持っていて困る事はありませんからね!

あとこれは統計をとった訳ではなく、あくまで直感ですが…

suzuri側にピックアップされる商品は何となくTシャツに多いような気がします

汎用性のあるデザインの場合はとりあえずTシャツを作っておくといいかもしれません。

トートバック

なかなか好感触だったのはトートバックでした。

容量が結構あるため、使い勝手は良好です!

↑僕のデザインの中で初めてピックアップ(後述)してもらえたのがこれ。下地の色によって雰囲気が変わります。

 

デザインする側から見ても、定番のナチュラルカラーの色味がかなり優秀で、割とどんなデザインでもそれっぽく雰囲気が出ます。

 

スマートフォンケース

圧倒的に売れ筋なのはスマートフォンケースですね!

スマホを衝撃から守るという実用的な面はもちろんですが、スマホケースはその人のアイデンティティを表すというファッション的な役割も備えています。

「suzuriでしか買えない、他の人は知らないオリジナルグッズ」というのは個性的ですし、現代人の必需品でありながらも、度々買い替える機会があることも売り上げに繋がったのかなと思いました。

 

逆に、思っていたより売れなかった商品

suzuriで商品を作り始めてから約1年が経過しつつありますが、その間も新しいデザインを作ってみては、不評だったデザインは削除…などと試行錯誤を繰り返してきました。

現在、僕のショップで公開されているのはある程度反響があったものですが、まったく鳴かず飛ばずだったものも沢山…

反省と備忘録としての意味も込めて、売れなかった商品も紹介していきます…

ノート

「消耗品だし、気に入ってもらえたら連続で買ってもらえるかも!」とノート用のデザインを考えていたこともありましたが、ぶっちゃけ不発でしたね…

というのも、suzuriのノートはそもそも原価が1000円くらいあります。

利益を出すためトリブンを上乗せすると、必然的に1000円以上の価格設定をすることになり、これは市販のものと比べると相当に割高です。

↑斜めに開けるようになっていたり、ノートのバラつきを留めるためのゴムが付いていたりと見た目もアイデアも可愛いのですが、ちょっと値段が可愛くなかったかなあ。

ステッカー

ステッカーも同じ理由からオススメできませんね…。

原価が400円近くあるため、仮に1枚100円のトリブンで設定したとしてもその価格は500円弱といったところ。

送料等も含むとステッカー一枚だけでも500円以上の価格になってしまい、よっぽどそのデザインのファンでもない限り、ちょっと購入を踏みとどまってしまう価格です。

僕も一応二つほどデザインを用意してはいるのですが、そんなに売れてないかなあ。

ただし、ステッカー自体の出来はかなり良いですよ!

素材もしっかりしているし、簡単には剥がれないため、バイクとかギターに張ってみても可愛いかも!

前半のまとめ

以上、おすすめ商品とそうでないものをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

ここで紹介しているものは僕自身のショップで売れやすいと感じた商品を選んでいるため、デザイン次第で変動することも考えられますが、原価の問題は誰にとっても避けられないものであるため、それほど現実味を欠いたデータではないと思います!

やっぱり注目すべきは「相場との値段の差」ですね。

Tシャツやスマホケースは市販の物でも数千円以上の商品が多く、suzuriの価格が特別割高には感じられません。

しかし、ノートやステッカーは市販のものがsuzuriのそれよりもはるかに安い価格で売られている為、どうしても割高であると判断されてしまいます。

どんな商品が売れやすいのか、何が求められているのかを判断し、マーケティングを行うことが商品の売り上げを伸ばすためには必要です。

 

本格的に稼ぐには?

それではここから後半戦。本格的に稼ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

僕も正直まだまだ最適解が見つかっているわけでは無いのですが、試行錯誤を繰り返しているなかで「これは必要条件だ!」と感じた部分を二つご紹介させていただきます。

この二つを無視して売り上げを伸ばすことは不可能と言っても過言ではありません!

ピックアップ獲得を目指す!

まずはコレ。デザインを考えたらドンドン商品を作り、運営側からの反応を伺いましょう!

ピックアップに選ばれるとsuzuriのメイン画面で商品が紹介される他、「ピックアップされたよ!」というマークが表示され、一目で人気商品であると分かります

基本的にsuzuriで買い物をする方は個性的なデザインを求めていますが、人の心理は複雑なもので「このデザイン良さげだけど、ほんとにカッコいいかな…?」と悩んだ時には周りからの評価をどうしても頼りにしてしまいます

そんな時にピックアップに選ばれていることや、より多くのズッキュン(イイねみたいなもの)を獲得していると、それが購入を後押しする追い風となる事が多いみたいです。

これはsuzuri側に直接問い合わせてみたのですが、ピックアップは運営スタッフの目に留まったものを選んでいるようで、さらにこれは新しく作ったデザインの中から選んでいるとのこと。

新しい商品をどんどん作れば作るほどピックアップに選ばれる可能性を上げる事ができます

僕もピックアップに選んでもらった経験があるのですが、実際に商品が選ばれた場合は公開した後すぐにメールが届き、ピックアップに選んだ旨が伝えられます。

(逆に言えば個人的に気に入っているデザインであっても、一ヶ月の間にピックアップに選ばれなければそのデザインが選ばれることは諦めた方が良いかも…)

とにかく最初は沢山商品を作って、ピックアップを獲得することが第一関門です!

セール情報を上手く発信していく!

ピックアップを獲得することができたら、次はセール情報の発信に力を入れましょう。

suzuriはそれなりの頻度でセールを開催しますが、そのほとんどが「かなりの短期間」で、なおかつ「特定の商品に限られる」という傾向にあります

まずはどの商品がセールの対象になっても良いように、すべての商品でも最低1つのデザインは用意しておきましょう。

また、Twitter等のSNSでは前日のうちから告知しておくことをお勧めします

購入をあと一歩のところで踏みとどまっている方にとっては、こうした期間限定のセール情報が購入の決め手となる事も多いため、SNSに投稿する際には、ちゃんと目玉商品の写真とセールの期間がいつまでなのかを添えましょう!

稀ではありますが、suzuri公式Twitterアカウントがあなたの告知ツイートをリツイートしてくれることも期待できますよ!

これからの時代は多角的なアプローチが求められる

上に紹介した情報は、suzuri上だけで完結して今すぐ誰にでも行える、比較的ハードルの低い方法です。

しかしsuzuriを続けているうちに、これだけではまだまだ不足しているなとも感じました

これからはsuzuri内だけではなく、もっと広い範囲で有名になる事が売り上げに繋がると思います。

これはあくまで例ですが、もしも大物YouTuberであるヒカキンさんが「自分のオリジナルグッズ作ってみた!」とか言ってsuzuriに参入したらどうなるでしょうか?

そのデザインの出来が大して良く無かったとしても、おそらく僕の数千倍の売り上げは簡単に達成できるのではないかなと思います(なんかちょっとムカつくけど)

この記事の初めに書いたように「いくらデザインが良くても、それだけでは収入に繋がりにくい」という厳しい部分に直面することも多いです。

僕はsuzuriで他の人のデザインを見ることも楽しんでいるのですが、明らかにデザインを専門で勉強しているような人の商品に全然反応が無いこともあれば、大したことないデザインばかりのアカウントが「近頃ウワサのあのショップ」としてトップページで紹介されていることもしばしば。

気になってそのプロフィールを確認してみるとゲーム実況者だった…なんてことも少なくありません。

このことから分かるのは、いかにして自分のデザインに付加価値をつけるか、ブランド力をつけるかといったところが重要であるという事。

デザイン一本だけで勝負できるのが本当は望ましいのかもしれませんが、現代のインターネット社会で本気で稼ぐことを目指すならば、デザイン以外の場所で一定の知名度を獲得しておくことも効果的であるという事は意識しておく必要があるかもしれません。

まとめ

皆の注目を集めるデザインを考えたり、売れやすい商品を選んで丁度いい値段を考えたりなど「考えることが多い」と面倒になってしまう人も多いかもしれません。

しかしやることが多いということは、そのまま選べる選択肢が多いことも意味します

今回の記事で紹介した「売れやすい商品・売れにくい商品」が少しでもお役に立てれば光栄です。

 

現時点である程度の知名度がある方や、デザインの能力がある人はsuzuriで稼げる下地は出来上がっていると僕は思います。

少しの工夫でグッと売り上げは伸びるかも!

これから新たにsuzuriを始めようと考えている方も、ぜひともこの記事の内容を踏まえて、売り上げアップにつなげて頂ければ幸いです!