仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ) の魅力と登録方法、メリット・デメリットを徹底解説

仮想通貨取引所のQUOINEX(コインエクスチェンジ)

目次

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ) とは

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、スマホゲーム「パズドラ」の運営会社ガンホーのCIOを歴任した栢森 加里矢さんがQUOINE(コイン)株式会社が運営する2014年11月に設立された仮想通貨取引所で、2017年9月に仮想通貨交換事業者として金融庁へ正式に登録されました。

参考記事のタイトルとURLを入力してください

もともとはシンガポールで起業、その後日本やベトナムに拠点を持つなどグローバル展開を広げ、現在は本社を日本に移転し、日本での知名度も上がってきています。
なお、仮想通貨取引所には「coinexchange」という似た名前もありますが、別物ですので気をつけてください。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) 最大の特徴としては、「アルトコイン専門の仮想通貨取引所」です。
海外ではアルトコインを100種類購入できるBinance(バイナンス)がありますが、QUOINEX(コインエクスチェンジ) はなんと、500種類近くのアルトコインが購入できること。
Binance(バイナンス)と異なり、日本語で100%書いてくれるインターフェースは利用している側にとって安心ですね。

そこで仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ) をのメリット・デメリットと登録方法をご紹介します。

また代表である栢森のYoutubeチャンネルも公開されています。

会社名 QUOINE株式会社
株式会社設立日 2014年11月
資本金 約20億円(資本準備金含む)
所在地 東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階
代表取締役 栢森 加里矢
仮想通貨交換業者登録 関東財務局002
公式サイト https://ja.quoinex.com/

また、公式TwitterやFacebookを設置しているので、最新トレンドを確認していきましょう。

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ) を利用するメリット

QUOINEX(コインエクスチェンジ) はビットコイン現物取引の手数料が無料

QUOINEX(コインエクスチェンジ) はBTC(ビットコイン)の現物手数料が無料です。

利確を繰り返す方にとっては大きなメリットでしょう。
ただし税金の存在を忘れないよう注意してください!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はセキュリティレベルが高い

QUOINEX(コインエクスチェンジ) はコインチェックの流出事件以来、セキュリティ意識が高まっています。
「100%コールドウォレット(オフライン)」管理に加えて「2段階認証」の必須、全取引に「マルチシグを採用」したりとセキュリティを徹底しています。

人によっては出金がしにくいといった報告もありますが、コインチェックのように利便性優先するあまり、すべて失うよりは、はるかにマシでしょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) の仮想通貨は8種類

2018年2月現在、QUOINEX(コインエクスチェンジ)では下記8種類の仮想通貨を取り扱っています。
グローバル展開を目指している仮想通貨取引所なので、今後も増えていくことでしょう。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • QASH(キャッシュ)
  • XRP(リップル)
  • NEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)

こちらもオススメ!
100種超えるアルトコインの仮想通貨取引所Binance(バイナンス)ついてはこちら

QUOINEX(コインエクスチェンジ) は対応している法定通貨が多い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は各国の法定通貨に対応しています。
日本に住んでいれば他通貨を使うことはあまりないと思われますが、他取引所と比較するとダントツに対応できていますね。
FXをされる人にとっては、さらに投資を行えるチャンスでもあるので注目でしょう。

  • JPY=日本円
  • USD=米ドル
  • EUR=ユーロ
  • AUD=豪ドル
  • SGD=シンガポールド ル
  • HKD=香港ドル
  • CNY=人民元
  • IDR=インドネシアルピア
  • PHP=フィリピン ペソ
  • INR=インドルピー

QUOINEX(コインエクスチェンジ) はレバレッジ取引倍率が25倍!利益が作りやすい取引所

QUOINEX(コインエクスチェンジ) に証拠金を預けることで可能となるレバレッジ取引。
個人で25倍、法人で50倍と証拠金に対して非常に高めの取引を行えます。

また、通常レバレッジはPCでしかできないことが多いのですが、QUOINEX(コインエクスチェンジ)はスマホでも可能なことから、利用者拡大に拍車をかけられるのも大きなアドバンテージでしょう。

ただし倍率が高い分大きな利益に繋がりやすいもの、ポジション料などの手数料の増大などには注意しましょう。

手数料 対象取引 ベース通貨 ノンベース通貨
(アルトコイン含む)
取引手数料 現物取引/レバレッジ取引 無料 約定金額の0.25%
(ETHを含む通貨ペアは0.10%)
ポジション料 レバレッジ取引 0.05%/日 0.05%/日

QUOINEX(コインエクスチェンジ) はサポート充実!LINE(ライン)でやりとりなど対応が優良

QUOINEX(コインエクスチェンジ) のサポートは他取引所と比較すると非常に優良で、メールだけでなくLINE(ライン)での問い合わせも受け付しています。
スマホユーザーにとっては非常に便利ですね。

LINE窓口:9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ) のサーバは強い

仮想通貨取引所の中ではサーバが不安定だったりと取引に不安な中、QUOINEX(コインエクスチェンジ)は安定したサーバ運営を行っています。
2018年1月にURLの移転でサーバエラーが起こりましたが、現在は問題なく接続できます。

QASH(LIQUID)トークンを取引できるのはQUOINEX(コインエクスチェンジ)のみ

2017年11月6日にトークンセールが開始、5億QASH(LIQUID)トークンを上限として発行されました。
このQASH(LIQUID)トークンとは、QUOINE社のLIQUID(リキッド)プラットフォームで発行されています。
ICOのため通常の円やドルなど法定通貨では買えず、BTCやその他トークンを利用して購入することになります。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)ワードについて

上記、専門用語が多くて混乱しやすいので、まとめてみました。

  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)…取引所そのものの名前。
  • QUOINE(コイン)株式会社…QUOINEX取引所を運営している会社。
  • LIQUID(リキッド)…QUOINEX株式会社が11月6日よりICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)により、資金調達した上で開発を進める仮想通貨取引プラットフォーム名称。
  • QASH(キャッシュ)…上記、LIQUID(リキッド)のプラットフォーム内で使われるトークンの名称。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) のデメリット・注意点

QUOINEX(コインエクスチェンジ) は盗難補償がない

コインチェックの流出事件で2018年2月まだ返済の目処がたたないことから、取引所に対する信頼性が薄くなっています。
もともと仮想通貨の取引は自己責任を占めるウェートが大きく、そのためかQUOINEX(コインエクスチェンジ) は盗難補償のサポートを行っていません。
流出事件を起こしたコインチェックでも、ある程度の補償はあるだけに少し心細いですね。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) の出金は時間がかかる

セキュリティの箇所でも述べましたが、QUOINEX(コインエクスチェンジ) は出金依頼日も含めて法定通貨は最大3営業日、仮想通貨は最大2営業日がかかりますので、急ぎで出金したい時などには不向きです。

あらかじめ早めに出金するなど、前もって余裕を持った行動しましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) を実際に登録してみよう

登録事前に必要な物

下記3点あれば登録可能ですので、事前に用意しましょう!

    • ご自分で用意された登録用 メールアドレス
    • QUOINEX(コインエクスチェンジ) 用のパスワード
    • 免許証またはパスポートなどの証明書写真

QUOINEX(コインエクスチェンジ) の口座登録は5分程度

QUOINEX(コインエクスチェンジ) の口座登録自体は5分程度とすぐ終了しますが、他仮想通貨取引所と異なって本人確認など審査時間がかかります。
その間の仮想通貨チャンスを逃さないためにも、早めに開設しておきましょう。

それでは順に見ていきましょう!

QUOINEX(コインエクスチェンジ) にメールアドレスを登録する

QUOINEX(コインエクスチェンジ)にアクセスしましょう。

赤枠の「口座開設はこちら」をクリックします。

居住地国を尋ねられますが、デフォルトで「Japan(日本)」となっていますので、問題なければそのまま「次へ」をクリック。

「口座情報の詳細入力」を記入していきます。
他仮想通貨取引所はここまで書くことはないので、さすがグローバル展開をしているだけありますね。
ページ下まで記入して、問題なければそのまま「次へ」をクリック。

記入内容に問題なければ、「新規登録」完了画面が表示されます。
登録したメールアドレスに本登録の案内が送られます。
次はご自身のメールを確認しましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) からのメールを確認する

QUOINEX(コインエクスチェンジ)から下記メールが届きますので、「Confirm my account」をクリックします。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) にログインしよう

URLをクリックすると下記ログイン入力画面が表示されますので設定してきましょう。

ログインしたらチャート画面が表示されます。
ひとまず口座登録は完了です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) で取引をするなら本人確認と書類提出も済ませる

QUOINEX(コインエクスチェンジ) の口座登録自体は他仮想通貨取引所と比べて少し入力が多いですが、実際に取引を行うにはさらに「書類提出」が必要となります。
管理画面右上に自身の「メールアドレス」をクリック後、「書類未提出」をクリックしましょう。

画面が切り替わりますので、「本人確認書類1」「本人確認書類2」にUP後「全ての必要書類を提出済です」にクリックを入れて「本人確認書類をアップロードする」をクリックします。
くれぐれも新規登録時に入力した内容と提出書類と内容が相違しないよう気をつけましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の確認作業は時間を要しますので、ここは一旦終えます。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ) の二段階認証は行おう

書類提出だけでなく二段階認証設定も必ず行います。
管理画面右上に自身の「メールアドレス」をクリック後、「2段階認証」をクリック。


画面が切り替わりますので、「2段階認証を有効にする」を選択します。

下記画面が表示されますので、認証アプリを利用して、QRコードを読み取りましょう。
QUOINEX(コインエクスチェンジ) の認証アプリは3種類ありますが、オススメは「Google Authenticator」です。

  • Google Authenticator
  • Duo Mobile
  • Authenticator

認証アプリを利用すれば確認コードが表示されますので、その確認コードを画面下「6つの数字を入力してください」下の欄に記入、「2段階認証を有効にする」クリックで2段階認証の設定は完了します。

QUOINEX(コインエクスチェンジ) から本人確認の郵便を受け取る

郵便で登録住所に「確認書類」が送られますので、書類を受け取り、2日後に取引ができるようになります。
他仮想通貨取引所はハガキを受け取ったらすぐ使えるところが多いので勘違いしがちですが、いずれにせよハガキが届いていたら問題ありません。

以上でQUOINEX(コインエクスチェンジ) の登録作業は完了です。

おわりに

仮想通貨に興味を持って、これからどんどんチャレンジしていきたいと考えている方で、まだQUOINEX(コインエクスチェンジ) に登録していない方は今すぐ登録することをお勧めします!

▼QUOINEX(コインエクスチェンジ) でビットコインを始める方は下記から登録!

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所