仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨PlayCoin(PLY)プレイコインとは?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

仮想通貨PlayCoin(PLY)プレイコイン

 

詐欺なのか?詐欺ではないのか?
ゲーム業界で大暴れの仮想通貨、PlayCoinとは??

PlayCoin(PLY)プレイコインとは?

PlayCoinとは、「GameHubエコシステム」内で使える仮想通貨です。
「GameHub」によってゲームのダウンロードを効率化し、オンラインゲームの開発者とユーザーを直接繋ぐプラットフォームを提供しています。

それによって、独占的なプラットフォーマーたちを淘汰し、
公平で自由な経済活動が行えるような仕組みを創るということです。

というのも、ゲーム業界。
リリース数をみると独占など甚だしい、と思うかもしれません。
中小から大企業まで毎日様々なアプリがリリースされているからでしょう。

ですが、考えてみてください。
ダウンロードする際に、アップルストア・グーグルプレイ・テンセントを使ってませんか?

ほぼ全てのアプリはいま上記のようなプラッチフォームを介してダウンロードするような仕組みになっています。
またそのダウンロードにつき、プラットフォーマーたちは売上高の約30−80%ほどマージン(手数料)取っているのです。

独占的に市場を操られているからこそ、
利益が取れず、次の投資に回せない。

ただでさえ、爆発的なヒットを作るのが大変難しいゲーム業界。
そこで、いちいち30−80%もの大金をプラットフォーマーに払っていては埒があかないんですね。
華やかそうに見えるゲーム業界ですが、実際はそんなに甘くないのです。

つらつら書きましたが、
だからこそ、その問題をブロックチェーンで解決しようとしているのです。
PlayCoinは開発者と利用者を直に繋ぐことで、
低い手数料・高いマネジメント性を持ち合わせた次世代のプラットフォームを開発しています。

PlayCoin(PLY)プレイコインの特徴は?

通貨名 PlayCoin
通貨略称 PLY
総額 3億3000万USD
総コイン数 1億枚
トークンセール数 1000万トークン(10%)
発行会社 GameHub Corporation Limited

なぜPLYトークンを使うのか?

現在のアプリは基本的にクレジットカードや携帯会社を通して購入されています。
アップルストアにカードを登録してますよね?

その際にも実は手数料がかかっています。
クレジットカードは信用度にもよりますが、
被決済者が売り上げの3−5%を手数料として納める仕組みになっています。

ただでさえ、プラットフォーム使用料が高いのに、クレジットでさらに追加課金されてはたまったもんではありません。

もうお気付きの方多いと思いますが、
だからこそトークンを使うべきなのです。

法定通貨ではなく、PLYで決済することで、
P2P取引、開発者と利用者が直でトークンの取引を行うことができるようになります。

3−5%という手数料すら取られることなく、
ゲームのリリースができるようになるのです!

ソーシャルマイニング

PlayCoinはバイラルマーケティング*に努めているそうです。
ユーザーがによる自発的な広報に、売り上げを数%を配ると約束しています。

*バイラルマーケティングとは?

バイラルマーケティングとは、商品やサービスを利用したユーザーが友人や同僚に紹介するように仕向けるインターネットを使ったプロモーション手法である。バイラルは病原体のウィルスと同義で、成功するとウィルスの感染同様に短時間で指数関数的に広まることからこう名づけられた。
引用:富士通総研「バイラルマーケティングとは?」(閲覧日2018/03/19)

Facebookで発信、twitterでコメントなど、
発信によって、個人が収益化できるのです。

例えば、
Youtubeでのゲーム実況動画。
多くのゲーマーたちが観るプロ実況ラーの方々はそれだけで生きられるようになるかもしれませんよ!!

マーケティング効果もありながら、
ユーザーに還元するシステムは素晴らしいと個人的には思っています。

PlayCoin(PLY)プレイコインの開発者は?

CEOをはじめ、PlayCoinに従事しているメンバーは
他のプロジェクトと比較しても申し分ないレベルだと思います。

トップレベルの人材しか入社することすらできないFacebookにて、経験をした後、
CEOとしてマネジメント経験をしています。

今後とも、強靭な開発体制を整えて、
邁進していって欲しいものです。

PlayCoin(PLY)プレイコインのICO状況は?

2018年3月19日時点で、メインセールはほぼ成功しています。
35億円ほどの調達でしょうか。

最近のICOとしては中堅クラスですが、
しかしほぼ成功はとても評価できると思います。

調達資金をしっかりと開発にあて、
実用化へ向けて動き出して欲しいです。

もし参加したい方いらっしゃいましたら、
ホームページよりSign-upが可能です。

画像をクリックしていただくと、
そのままICO登録ページに飛びますので、
手順に従って、行ってみてください。

日本・韓国・中国からの参加が禁止されていますが、
海外の取引所を経由すればできるそうですよ!!

PlayCoin(PLY)プレイコインの将来性は?

Qbao Networkとコラボ!

Qbaoは、ブロックチェーンベースにした支払いネットワークを構築しており、
独自のウォレット・トークンの転送という機能を持っています。

こちらとコラボしたことで、
PLYトークンの転送や、管理が強固になり、
より信頼が増すことでしょう。

開発も共同で行う可能性があるということですので、
期待が持てますね!!

PlayCoin(PLY)プレイコインはやめるべき?

いまだコラボのみで実用化されていませんので、
どうなるかはわかりません。

PLYは未だに詐欺コインとの噂もありますし、
ICOで詐欺に引っかかったというケースも報告されています。

仮想通貨関連の詐欺や、ICO目的のコインが増えていることは明らかです。
ですが、リスクを取らなければもちろん稼げません。
NO RISK NO MONEYです。

だからこそ、自分でコインを見極め、
投資するかの判断をするのが良いかと思います。

本案件はADAコインやノアコインなどを広めてることで有名な泉忠司氏からも強く薦められていた案件。可能性も十分にあると考えれます。

PlayCoin(PLY)プレイコインはどの取引所、販売所で買うの?

未だICOを実施していますので、一般の取引所・販売所での購入はできません。

プレイコインは日本時刻4月27日午前9時に、取引所「COBINHOOD」に上場されました。

PlayCoin(PLY)プレイコインがBinance(バイナンス)に上場するかも!という噂もでていますよ!
そうなると爆上げは十分に想定できます!今のうちに登録しておくと良いですね!

PlayCoin(PLY)プレイコインを購入するためには、まずはGMOコインなどの日本の取引所にて日本円(JPY)からBTCやETHを購入しましょう。

その後、COBINHOODなどの取引所に、GMOコインなどの日本の取引所からBTCやETHを送金します。
それでBTCやETHからPlayCoin(PLY)プレイコインに両替することができますよ。

GMOコインは送金手数料が無料なのでおすすめです!

最短1日で取引開始!GMOコイン登録方法・メリット・デメリット・手数料・セキュリティ・アプリまとめ

バイナンス上場!?というニュースも出てきてますし、上場の時に益を得られるように仕込んでおきましょう!

PlayCoin(PLY)プレイコインを購入して、爆益をあげるとともに、共に未来のゲーム業界を牽引していきましょう!

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所