仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

Yobit.Net(ヨービット)仮想通貨交換所の口座開設の方法・登録・申し込み・新規・本人確認書類などについてまとめ

Yobit.Net(ヨービット)とは

Yobit.Net(ヨービット)は運営表示がないのですがロシアか中国の団体と憶測され、ハッキングで倒産した「Youbit」とは別物です。

運営表示がないということは信用性に欠け、Twitterなどでみると評判は高くないですが、他の仮想通貨取引所ではなかなか取り扱っていないNOAHコインなどアルトコイン(草コイン)を扱っていたり、ICO(新規仮想通貨)をオススメしてきたりとかなり独自な仮想通貨取引所です。

特徴としては、取り扱い通貨の種類が1,200種類以上であることレンディングサービス、DICEゲームを楽しめるなどがあります。

設立 2014年
会社名
登録地
公式サイト Yobit
代表者

公式Twitterもありますのでチェック必須!

Yobit.Net(ヨービット)の取り扱い仮想通貨一覧

2018年6月現在、Yobit.Net(ヨービット)で取り扱っている取扱銘柄は1,200種類以上で、ペア数は、6,400種類以上!むちゃくちゃな数ですね。

Yobit.Net(ヨービット)を利用するメリット

Yobit.Net(ヨービット)はバイナンス以上の通貨を取り扱っている!

上に書いたようにYobit.Net(ヨービット)では1,200種類以上の仮想通貨銘柄が取引されています。

海外の取引所でもっともメジャーな仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の取り扱い種類は120種類をはるかに超え、特に泉忠司が推奨するNOAH(noa)は高騰が期待される通貨です。

その分、scam(詐欺コイン)が多いので、購入時はしっかり調査しましょう。

Yobit.Net(ヨービット)は手数料が0.2%

Yobit.Net(ヨービット)は手数料が一律0.2%と、日本のbitFlyerなみの安い手数料です。

ただし取引所としての信頼性は不透明な部分もあるため、信頼性と手数料が合致しているか事前に考慮してください。

Yobit.Net(ヨービット)はInvestBoxなるレンディングサービスで利息がもらえる!

Yobit.Net(ヨービット)にはInvestBoxなるものがありますが、これは取引所を通じて仮想通貨を貸すことができ、その利息で収入を得ることができる仕組みです。

いわゆるレンディングサービスで、日本ではcoincheckがこのサービスを行っていますが、レンディングを行っていくにはDiceゲームを1日5回以上行う必要があります。

Yobit.Net(ヨービット)のデメリット・注意点

Yobit.Net(ヨービット)の運営会社は不明

Yobit.Net(ヨービット)は最初に書きましたが、ロシアか中国なのかいまいちはっきりしない運営団体で2014年に開設されました。

運営している企業の名前や本部の所在地、そして創設者の名前すらも一切不明です。

運営会社の素性が分からないことには、本当に安全な取引が行えるのか、またトラブルが起きたときに対応してくれるのかなど不安がつきまといます。

TwitterをみるとGOX(仮想通貨の紛失)に対して返金がなかったりと様々なトラブル報告もあれば、きちんと対応してくれたりと相反するツイートが多く、情報を錯綜させています。

ネトビジ!でも利用しているので大丈夫であると思いますが、あまり大きな金額は預けないほうがいいかもしれません。

Yobit.Net(ヨービット)はDICEが楽しめるけど負けやすい

Yobit.Net(ヨービット)はコンピューターがサイコロを複数振ってその合計が48より小さいか、52より大きいか、48~52が出た場合は負けかという丁半博打ゲームが楽しめます。

当たれば賭けた仮想通貨が倍になり、外れると没収されます。

そして期待値としては負ける設計になっているので(あたり前ですが)やり過ぎないよう注意です。

Yobit.Net(ヨービット)を実際に登録してみよう

登録前に必要な物

メールアドレス、これだけ!
登録方法をご説明いたします。

Yobit.Net(ヨービット)に登録する

Yobit.Net(ヨービット)にメールアドレスを登録する

まずYobit.Netのサイトにアクセスします。
サイト右上に「Registration」と書かれたところがあるので、それをクリック!

そうすると下のような画面に切り替わります。

上から順にユーザーネーム(好きなのでOK、半角英数字必須)、メールアドレス、パスワード、確認用パスワード、紹介者コード(持っていれば)を入力。
「I agree to Rules of Yobit.net」(Yobitの規約に同意します)と「I’m not a robot.」(私はロボットではありません)にチェックを入れたら、最後に「Register」をクリックしてください。

なおGmailの場合は@の左側に「.(コンマ)」が入っているとエラーになりますので、エラーが表示されたらおとなしく他のメールアドレスを使いましょう。
例)山田太郎さん
t.yamada@gmail.com ←「.」コンマが入っているのでエラーとなりYobitには登録ができない。
tyamada@gmail.com ←OKですが、違うアドレスなので別人が受け取ることになりますので注意!

問題なく登録できれば以下の画面が表示されます。

登録確認メールが入力したアドレスに送られたと表示されるのでメールボックスを探しましょう。

メールを確認したら青文字のリンクをクリックするとYobitのページにジャンプ、この画面が表示されたら登録手続きは完了です。

なお、メッセージは

E-MAIL IS CONFIRMED
Your e-mail is confirmed.
We recommend you to switch on two-factor authorization in Settings.

日本語:「メールアドレス認証できたよ!次は2段階認証を行ってね。」
後述する2段階認証設定を行いましょう。

お疲れさまでした!ひとまずYobitの口座開設手続きは完了です。

Yobit.Net(ヨービット)の2段階認証は必ずおこなう

Yobit.Net(ヨービット)は信頼性があいまいなのでセキュリティをできるかぎり高めるためにも、2段階認証は行いましょう。

まず右上のタスクバーにある「ユーザー」名から「Settings」をクリックしましょう。

画面中央にQRコードが表示されますので、スマホのアプリ「google authenticator」を利用してQRコードを読み込みましょう。

すると6桁の認証コードが表示されますので、その数字を「Authentication code (2fa)」に入力、「Enable」をクリック。

しばらく待って下記画面に切り替わったら完了です。
これで2段階認証は完了です!

おわりに

仮想通貨に興味を持って、これからどんどんチャレンジしていきたいと考えている方で、まだYobit.net(ヨービット)に登録していない方は今すぐ登録することをお勧めします!

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所