仮想通貨Triggers(TRIG)トリガーとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

Triggers(TRIG)トリガーとは?

通貨名 Triggers
通貨略称 TRIG
公開日 2016年10月10日
時価総額 $42.61m USD
時価総額順位 215位
発行上限 23000000TRIG(100000000TRIGだったが、67000000TRIGがburnされたよう)
公式サイト https://www.blocksafe.network/
ホワイトペーパー https://www.blocksafefoundation.com/assets/blocksafe_whitepaper_v.1.pdf

現在アメリカなどの諸外国では、銃を自衛のために購入できる国々では、銃犯罪が多発しており、大変大きな社会問題になっています。
子どもによる誤発射など、未然に防げるような銃事故も起こってしまっているのが現状です。

それをなんとブロックチェーンを用いて解決しようとしているプロジェクトがあります。

それこそが、今回紹介する 「Triggers(TRIG)」です!

スマート銃という本人にしか発砲できないガンを使用することで、
スマートフォンなどのデバイスでロックが可能となったり、盗まれた場合にも位置情報を特定することが可能となります。

それを実装するために使われるブロックチェーン技術が「block safe」と呼ばれ、
そこで「TRIG」トークンが用いられることになっています。

Triggers(TRIG)トリガーのトークン事情は?

実は、半年ほど前の
2017年9月16日、総発行枚数1億TRIGの約70%、6700万TRIGがburn(消滅)しました。
それに伴い、価格は数倍に。
その後、ICO時点から、最大で368倍まで高騰しました。

社会問題を解決する手段として認知されており、
アメリカでは政府系機関も参画しておりますので、これからの発展がとても楽しみです。

Triggers(TRIG)トリガーの特徴は?

スマートガンの普及

「スマートガン」とは、「生体認証を経た人のみが保有できるガン」のことで、peer-to-peerネットワークにより作用しています。
その根底となる技術に「blocksafe」がありますが、それを用いると、
遠隔での銃の有効化・無効化、発砲記録、所在などが分散型の台帳に記録され、トラッキングが可能となります。

事件が起きた場合でも、
使用されたガンの所在などをはじめ、様々な情報が得られますので、事件の解決を早急に行うことが可能になるでしょう。

現在、99%の確率で、生体認証実験が成功しているようですが、
100%でないと、もちろん警察等の国家機関は採用してくれません。

冤罪や不用意な事件を引き起こす可能性があるからです。

しかし、逆に言えば、もしこれを解決できたら・・・
国家機関にも導入されることになるかもしれません。

そんな次の時代を担いそうなスマートガン。メリットを列記しておきます。
・誤作動の防止
・メンテナンス時の誤発射防止
・未成年の銃所持を抑制
・警察との戦闘時に、犯人が所持する銃の無効化ができる

など、まさにテクノロジーを使って、次の次元にいく、
そのような印象を受けます。

スマートガンネットワーク

「銃×ネット環境」
ネット環境に銃をおく、最も大きなリスクは・・・
もちろん、ハッキングです。

もし、スマートガンネットワークがハッキングされた場合、
大勢の方が非常に大きなリスクにさらされます。

それを100%解決する手段としてTriggersが採用した技術が、
「blocksafe」になります。

ブロックチェーン技術で、匿名の分散型ネットワークを構築し、ハッキングを抑制しています。

アメリカの国防総省が関わるほどの壮大なプロジェクトですので、
この点は、どうにかして解決してほしいものですね。

Triggers(TRIG)トリガーの開発者は?

CEOのKevin Barnesは、アメリカの退役軍人で、20年以上国防システムを開発をしてきた経験の持ち主です。
業界の問題について、熟知しており、非常に注目のCEOです。

アドバイザー・投資家というポジションで就くのは、
ハーバードビジネススクールを卒業したFuel50 CEOのAndrew ‘Flip’ Filipowski

その他コンサルタントとして、Bitcoin Nation LLC のCEOPatrick Feeneyなどが就任しております。

Blockchain and Automated IT for Government Summitも、Triggersプロジェクトに参画しており、
実質的にアメリカ政府がスポンサーに就いているような形になっています。

Triggers(TRIG)トリガーのチャートは?

バーンや、プロジェクトへの期待感、仮想通貨大高騰トレンドを受けて、最大で368倍まで高騰しました。
現在は、約54倍ほどの価格で推移しています。

プロジェクトの規模、参画しているスポンサーのスケールを考慮すれば、
まだまだ割安な通過でしょう。

Triggers(TRIG)トリガーの将来性は?

100%は保証できませんが、
伸びることは確実です。

多くの仮想通貨が詐欺コインと言われている中、
TRIGは、アメリカの国防の未来がかかった重要なプロジェクトです。

開発をいち早く進め、
安全性を100%にした時点で、大高騰が間違いなく起きそうな予感がします。
時代を変える、とても大きな一歩になりそうです。

Triggers(TRIG)トリガーはやめるべき?

スマートガン構想を推し進める上での懸念点は、 NRA (全米ライフル協会)です。
NRAは従来より、銃規制に強く反対しており、Triggersプロジェクトに反対してくる可能性もあります。

また厄介なのが、NRAは米国政治に非常に強い影響力を持っています。
そのため、国として安易にこのプロジェクトを支援することができないのです。

しかし、Triggersは社会問題を解決する新たなソリューションです。
ぜひ、どんどん開発を進めて、世界中から銃犯罪でなくなる人を減らしてほしいものですね。

Triggers(TRIG)トリガーはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、Triggers(TRIG)トリガーは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!
ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

オススメする理由はもう一つ。

現在、Triggers(TRIG)トリガーは全てBinance(バイナンス)経由で取引が行われています。
今後期待感が高まれば、Bitfinex, Bitflyerなどのへの上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

Triggers(TRIG)トリガーを購入して、爆益をあげながら、共に銃犯罪のない未来を創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所