仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Medicalchain(MTN)メディカルチェーンとは?発行枚数・買い方・チャート・将来性・取引所まとめ

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンとは?

通貨名 Medical chain
通貨略称 MTN
公開日 2018/02/05 上場
発行上限 200,000,000,000
時価総額 ¥5.08 B
時価総額ランキング 210
公式サイト https://medicalchain.com/en/

“メディカルチェーンとは分散型台帳技術を使用し、健康記録を安全に確保し、真実を保つ性質がある。医者、病院、研究所、薬剤師、健康保険会社と言った様々な機関で使用され、要求に基づき患者の記録に簡単にアクセスすることができ、さらに分散元帳と取引が可能である.

メディカルチェーンは健康記録の問題の解決策を提供している。このプラットフォームは安全に記録を保存や共有することも可能である。これをデジタル化することで数々の業界の相乗効果を生かすことができる.”

要するに、
「個人の情報をブロックチェーンを用いて、一括管理するプラットフォーム」です。

これを用いることにより、
病院を変える際の手続きが簡単になったり
どの病院でも正しい情報に基づいて診断を下すことができるようになります。

先進国を中心にして、
医療は社会保障の中で、非常に大きなウェートを占めていくようになります。

もし、メディカルチェーンが機能すれば、
トレンドに乗って大きく成長すること間違いないでしょう。

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンの具体的なサービスは?

遠隔医療プラットフォーム

患者と医師の情報を一元管理できれば、ビジネスチャンスは非常に大きく膨らみますが、
メディカルチェーンはまず、医療界のプラットフォーマーになろうと試みています。

その名も、「遠隔医療プラットフォーム」
健康記録を患者と医師の間で共有しながら管理ができ、それに基づいて遠隔診療を受けることができます。

あまりうまく訳されてはありませんが、現状開発は実用化できる程度まで進んでいるそうです。

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンの特徴は?

プライバシーとアクセス管理

ブロックチェーンを用い、健康管理情報を共有する相手を指定できるそう。
外部への情報の流出を防ぎ、適切に使われることを目指しているそう。

健康記録のライセンス

メディカルチェーンが得たEHRを製薬会社にライセンス付与して、研究を行うことができるそう。
多数の患者情報を分析することで、今までに開発されてこなかった新薬の開発も加速的に進む可能性があります。

*EHRとはElectronic Health Recordの略語で、直接的には「電子健康記録」「生涯医療記録」と訳されますが、意味合いとしては、個人の医療・健康等に係る様々な情報を蓄積し、参照・活用・共有等を行う仕組み(政府では「医療情報連携基盤」や「健康情報活用基盤」等と表記)を指します。
引用:富士通総研

アプリケーション開発プラットフォーム

プラットフォーマーとして、サードパーティーにアプリ開発を委託でき、
医療業界に様々なイノベーションが起こる仕組みにしていきたいそう。

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンの開発者は?


医療系の仮想通貨なのに、ドクターが関わっていないプロジェクトがたまに存在していますが、
メディカルチェーンの場合は、しっかりと現場の人間が関わっています。

机上の空論にならず、
「現場現実現物」をみて、事業を進めてほしいものですね。

確認した限り、開発者にあまり大きな問題はなさそうです。

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンのチャートは?

仮想通貨暴落トレンドを受けて、ICO時から原価割れをしています。
しかし、価値のある通貨は長期的に見れば、必ず上がりますので、
辛抱強くチャートを見守るのが良いでしょう。

原価割れは決して悪いことではありません。
一過性のトレンドに引っかからず、本質を見ていきましょう!!

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンの将来性は?

社会課題を解決する事業であることに加え、その技術力の高さから、
上記のようなフォーラムで講演をすることも多々あるようです。

またメディカルチェーンはあの世界的にも権威のある雑誌、
「Financial Times」でも特集が組まれるほどの注目ぶりです。

医療業界は参入障壁が高く、
ビジネスでの参入が非常に難しい。
ですが、こういった権威あるメディアに特集され続ければ、箔がつき
チャンスを広げやすくなるのかもしれませんね。

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンはやめるべき?

上記したように、医療業界は参入障壁が高いです。
メディカルチェーンも同じく、参入には業界の再編が必要だと思います。

例えば、最初の事業の遠隔診療。
これは高給取りと医者達がわざわざ貴重な時間を使い、遠隔診療を受けるか?という問題があります。
だからこそ、実際に日本では顕著なサービスがなく、
なかなか業界再編が進んでいない状況です。

これをブロックチェーンという新しい技術を使って、できるかはこれからの開発次第ですが、
障壁は非常に高く、簡単に成功する・しないの判断がつきません。

ですので、
投資は長期的に、かつ応援したいという気持ちを持ってお願いいたします。

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、Medicalchain(MTN)メディカルチェーンは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

Huobiには上場しているので、今のところはこちらで購入しましょう。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!

オススメする理由はもう一つ。

現在、Medicalchain(MTN)メディカルチェーンは、Binance(バイナンス)を含め、大手と呼ばれるような取引所には上場しておりません。
今後期待感が高まれば、Binance(バイナンス),Bitfinex, Bitflyerなどのへの上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

Medicalchain(MTN)メディカルチェーンを購入して、爆益をあげながら、未来医療を共に牽引していきませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所