Huobi(フオビ)仮想通貨取引所の口座開設の方法・登録・申し込み・新規・本人確認書類などについてまとめ

こんにちは。ノマド・若(ワーカー)です。SBIの傘下に?!いまもっともアツい世界最大級の仮想通貨取引所。これからの未来をネトビジ!で予測!

ノマド・若

Huobi(フオビ)とは

Huobi(フオビ)は2013年に北京で創設された取引所で、現在は香港に本社を移動させています。
SBIと資本提携をしたことや、BNBのような取引所コインHTを発行したことでも話題になりました。

これからもっとも成長余力のある取引所Huobi(フオビ)。
メリット・デメリットと登録方法をご紹介します。

設立 2013年
会社名 Huobi
登録地 香港
代表取締役 李林(Leon Li)
公式サイト Huobi Pro
口座数 165万

公式Twitterもありますのでチェック必須!

Huobiが2017年に香港へ移った理由とは?

Huobiは2013年に北京で創立した仮想通貨取引所ですが、
2017年12月に拠点を香港に移しています。

それもそのはず、中国国内では共産党主導による仮想通貨への取り締まりが強く、
業務停止命令や、妨害行為などを危惧してのものでしょう。

中国が現在取り締まっているのは以下で、

    • ①取引所への規制
    • ②ICOの禁止
    • ③マイニングへの規制

仮想通貨取引所にとっては致命傷です。
最近では、バージンアイランドなどのタックスヘイブンへの移動も多数発生していますね。

仮想通貨は国家という枠組みに囚われず、展開して行くことが求められています。
ですので、タックスを納めないのはいけませんが、
規制のかからない地への移動は賛成です。

香港へ移動後、
Huobiは、中国国内では禁止されている通貨の発行を行なっています。
その名もHT。今後とても重要通貨になってくるので、後ほど説明させていただきますね!

Huobi(フオビ)の取り扱い仮想通貨一覧

2018年4月現在、Huobi(フオビ)ではBTC(ビットコイン)を含めた88種類の仮想通貨を取り扱っています。

Huobi(フオビ)を利用するメリット

Huobi(フオビ)は日本語をはじめ、多言語対応している

シンガポール、韓国、日本などの多くの国や地域に独立な取引業務及び取引サービスセンターが設置されています。
海外の取引所ながら、ウェブサイト、取引画面、アプリまで全てローカル言語の洗濯が可能ですし、
各国にサービスセンターも設置されています。

「海外取引所は怖い」という方は、Huobiから初めて見るのも良いかもしれません。

登録はこちら

Huobi(フオビ)はHuobi Tokenによる手数料割引

Huobi Token(HT)とは、Huobiが発行する独自トークンです。

上場前のプレセール時点でも、
HTへの期待感から、一瞬で売れてしまうその勢いっぷり。

Huobiの「ポイントカード」パッケージの購入で無料配布されるHuobiトークン(トークン名/シンボル:HT)が1月24日、正式にスタートした。初日は3166万HTが2分26秒で素早く配布された。翌日は2999万HTがわずか1分40秒で配布され、新記録になった。

3日目もユーザーの熱中は高まり続け、2856万HTがわずか32秒で配布され、またも記録を更新した。「ポイントカード」パッケージの購入でHTの受領に成功した多くのユーザーはソーシャルネットワークを通して興奮を共有した。
引用:PR wire https://kyodonewsprwire.jp/release/201801290358

手数料を安くしながら、運用益が得られるHT。
Binance Coinのように爆発してほしいものです。

仮想通貨Binance Coin(BNB)バイナンス仮想通貨Binance Coin(BNB)バイナンスコインとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

Huobi(フオビ)はレバレッジ取引が利用可能

Huobi(フオビ)は証拠金以上の額をやりとりできるレバレッジ取引も可能です。
現在は、以下のコインをBTC建てで取引することが可能です。

ETH, BCH, XRP, LTC, DASH, EOS, ETC, OMG, ZEC, QTUM, HSR

投資額が多くなれば利益の可能性も増しますが、逆に値下がりもありますので投資額以上の損失にならないよう注意してください。

Huobi(フオビ)は通貨の人気投票がある

Huobi(フオビ)では、ユーザーの人気投票によって新興のコイン上場を決めることができます。
ゲーム感覚で面白いですね!
また投票には、エアドロップが付随しており、1票につき、プレゼントがもらえるようになっています。

例えば、今一番人気のインダハッシュ(IDH)

インフルエンサーの大人気ブロックチェーンプロジェクト、インダハッシュが現在一位になっています。
1投票によって、3IDHがもらえるようになっています。

非常にユーザーファーストな取引所のように感じますね。

Huobi(フオビ)はスマホアプリあり

Huobi(フオビ)にはスマホアプリがあります。
日本語対応かつとても綺麗なUIUX。使いやすいの極みです。
日中仕事で忙しい人でも歩きスマホをしながら仮想通貨投資なんてこともできるのではないでしょうか?

Huobi(フオビ)のデメリット・注意点

Huobi(フオビ)は中国の取り締まり次第で影響を受ける可能性も

会社の所在地を香港に移したとはいえ、仮想通貨の取引制限を行っている中国の影響を受けます。
中国本土に拠点をおいていた他の仮想通貨取引所は他国へ拠点を移していますので、Huobi(フオビ)も、中国の動向次第で影響をうけるとみて間違いないでしょう。

Huobi(フオビ)は日本円での取引ができない

他の取引所同様に、現在日本円での取引ができないため、
取引を行うためには、日本の取引所を経由した上で、送金する必要があります。

まずは、bitflyerなどの大手取引上から口座開設をスタートしましょう!

Huobi(フオビ)のサポートは中国語のみ

日本にもサポートセンターを置いているHuobi(フオビ)ですが、
肝心のサポートは中国語のみの対応のようです。

若干不安ですが、サイトやアプリもしっかりと日本語対応してますし、
問題がない限り心配はいらないでしょう。

Huobi(フオビ)を実際に登録してみよう

登録前に必要な物

下記2点あれば登録自体は可能ですので、事前に用意しましょう!

    • ご自分で用意された登録用 メールアドレス
    • ご自分で用意された登録用 電話番号
    • Huobi(フオビ)用のパスワード
    • パスポート

Huobi(フオビ)の登録をはじめる前に

Huobi(フオビ)に登録する

Huobi(フオビ)にアクセスしましょう。

Huobi(フオビ)の登録はこちら

サイトは全て日本語ですので、安心してご利用いただけます。
まずは画面右上の「無料アカウント作成」をクリックします。

電話番号・メールアドレスで登録というボタンがありますが、特にこだわりのない方は、メールアドレスの方が確かでしょう。

「国籍」「メールアドレス」「メール認証コード」「パスワード」「パスワード再確認」を入力します。
利用規約が表示されるので、問題なければ「I understand」横のチェックボックスにチェックを入れましょう。

最後に「無料アカウント作成」をクリック。

*前画面のメール認証コードは、
送信というボタンを押すと、Huobi(フオビ)のサインアップ画面で入力したメールアドレスにBitfinex(ビットフィネックス)からメールが届くようになっていますので、メールの受信ボックスを確認してみてください。

このようなメールが届きますので、
そちらを認証のところへ入力。

「Welcome and thank you for signing up. 」というメールが来たら、登録完了です。

Huobi(フオビ)にログインしよう

次に画面右上の「ログイン」をクリックします。


管理画面に入れました!

これで登録は終わりです!簡単ですね。

Huobi(フオビ)の二段階認証は必ず行おう

Huobi(フオビ)は、セキュリティーを強化しているとはいえ、仮想通貨取引所です。
仮想通貨は仮想であるため、ハッキング等により、盗まれてしまうリスクがあります。

そのため、二段階認証は必ず行うようにしています。
Iphone/Andrioidの方は、どちらでも
アプリによる二段階認証がワンクリックで可能ですので、
活用してみると良いでしょう。

おわりに

仮想通貨に興味を持って、これからどんどんチャレンジしていきたいと考えている方で、まだHuobi(フオビ)に登録していない方は今すぐ登録することをお勧めします!

Huobi(フオビ)の登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所