仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨TRON(TRX)トロンとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

仮想通貨TRON(TRX)トロンとは?

TRON(TRX)トロンというのは、中国の仮想通貨で、分散型ストレージプラットフォームでエンターテイメントに特化したものです。

TRON(TRX)トロンは、個人の世界中のクリエイターをブロックチェーンに基づいた分散ストレージの技術を使ってサポートするプラットフォームを築くことを目指しています。
現代は、SNSや動画が普及することによって、コンテンツを個人が手軽に配信できるようになっています。

しかし、個人が作ったコンテンツの報酬をフィードバックするシステムは、コンテンツが増えることに対して満足できるものではありません。

TRON(TRX)トロンは、プロトコルとしてコンテンツエンターテイメントの無料の生態系のものを築くためのもので、開発、支払い、信用取引など、トータルでコンテンツを作ることから報酬をもらうまでをサポートする機能をサービスしています。

また、TRON(TRX)トロンコインを使うことによって、エンターテイメントコンテンツのSNS、ネットのライブショー、オンラインのモバイルゲームなどを買ったり、送金したりすることができます。

TRON(TRX)トロンの強みは?

・分散型プラットフォーム

今まで、クリエイターは、App StoreやGoogle Playなどの中央集権型プラットフォーム事業者に、チャネル料金を払っていました。
しかし、TRON(TRX)トロンの場合は、コンテンツを自由にクリエイターが保存・所有し、公開が全世界にできるようになります。
直接ユーザーとクリエイター間でやりとりすることができるため、次のようなメリットがあります。

・クリエイターは仲介するマージンが無くなるため利益が増える
・ユーザーはコンテンツをより安く買える

TRON(TRX)トロンのチャートは?

上場した後すぐに0.00001BTCをオーバーするほど高騰してから、下落と横ばいを2ヶ月間は継続していました。
しかし、再度2018年1月初めに高騰して、ピークでは0.00001367BTCまでになっています。
2018年1月中旬では、0.00000715 BTC程度になっています。

TRON(TRX)トロンの特徴とは?

・1000万人以上の会員がいるPeiwoのアプリで採用予定である

TRON(TRX)トロンは、音楽ストリーミングサービスとして1000万人の会員を中国において持っているPeiwoのアプリで採用される予定です。
エンターテイメントアプリとして、互換性がTRON(TRX)トロンとある初めてのものになります。

・ICOが始まってすぐに完売した

ICOをBinanceによって2017年9月に行いましたが、始まってから30秒間で完売しました。
非常に高い注目度があることが分かります。

・個人タイプのICOができる

デジタル資産を他の人が買うことによって、データをサービスする人の継続的な発展あるいは成長をもたらします。
TRON(TRX)トロンは、サービスや特典が享受できる一方、デジタル資産をICOの形で自由に個人が分配できます。

・ユーザーに所有権がある

ユーザーであるデータを作った人は、基本的なデータの所有権があるため、ネットが分散化されるようになります。
中央集権の場合は、やはり、報酬やデータが管理者に集中してしまいます。
TRON(TRX)トロンは、この問題の解決のために、分散型のストレージをブロックチェーン技術を使って準備しています。

・公共のためのサービスを提供する

公共のためのサービスを提供することが、基本的にTRON(TRX)トロンの目的です。
TRON(TRX)トロンは、運営エコロジーが非営利財団で、目的としては利益を得るよりも、コンテンツのエンターテインメントを世界全体で楽しむ人が多くなるようにしています。

・十分にインフラが用意されている

TRON(TRX)トロンの場合は、分散型インフラである自律ゲーム、分散交換、ゲームシステムなどのセットが十分に用意されています。

TRON(TRX)トロンへの投資はやめるべき?

TRON(TRX)トロンへの投資はやめるべきかは、TRON(TRX)トロンの投資のデメリットについて検討することが必要です。

ここでは、TRON(TRX)トロンのデメリットについてご紹介しましょう。

TRON(TRX)トロンは、日本の取引所で扱っていないことがデメリットです。
現在、日本の取引所でTRONトロンを買えるところはありません。
そのため、海外の取引所でなければ、TRON(TRX)トロンは入手できません。

イーサリアムあるいはビットコインを海外の取引所に送金して買うようになるため、相当損益計算が大変になります。
しかし、日本の取引所へTRON(TRX)トロンが上場される予定であるため、日本円でもそのうちに買えるでしょう。

TRON(TRX)トロンの将来性は?

現在は、実用的な取り組み事例や実績があまりないため、材料として将来性が確実というほどのものはありません。
しかし、ゲームプラットフォームのアルトコインのCardanoが、全体の仮想通貨の中において2017年12月時点で12位の時価総額までアップするなど、エンタメプラットフォームが間違いなく期待されるでしょう。
個人資産・個人情報とブロックチェーンは、相性が非常にいい組み合わせであり、成長を将来的に期待する大きな声があるでしょう。

ただ、詐欺コイン!だという風潮もありますので、そのあたりは最大限の注意が必要です。
投資するなら完全なる余剰資金でやることをオススメします、

TRON(TRX)トロンは、どこの取引所、販売所で買うの?

現在、TRON(TRX)トロンは日本の取引所では扱っていません。

TRON(TRX)トロンが買える取引所としてネトビジ!がおすすめするのは、Binance(バイナンス)になります。
Binance(バイナンス)の取引所は海外になりますが、対応は日本語になっています。

入力の面倒なものは必要なく、簡単に一つのメールアドレスで登録することができるため、1分もあれば登録は終わります。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインを使用することによって、手数料は元から安いものですが、さらに手数料が安くなります。
人気の仮想通貨であるADAやIOTAなども買えるため、取引所としては本当におすすめです。

なお、Binance(バイナンス)の取引所は、仮想通貨専用の取引所になります。
そのため、TRON(TRX)トロンを買う場合に、直接円を入金することはできません。

ビットコインを国内の仮想通貨の取引所で一度買ってから、送金をBinance(バイナンス)に行う必要があります。
なお、初めてBinance(バイナンス)の取引所を利用する場合は、送金する方法などが分からないでしょう。

このような場合は、ネットなどでBinance(バイナンス)の取引所を利用する方法について紹介しているようなサイトがあります。
そのため、TRON(TRX)トロンを買う方法などが心配という場合は、このようなサイトを確認してみましょう。

登録方法はこちらでも説明しています。

仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)の魅力と登録方法、メリット・デメリットを徹底解説

Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所です。
TRON(TRX)トロンはまだまだ実用前のものなので、順調に開発が進むのであれば長期的に成長が期待できます!
それぞれの価値観で、割高・割安というのはもちろんあるとは思いますが、長期保有者にとっては正直そんなの大した金額差ではありません。

TRON(TRX)トロンを購入して、爆益をあげるとともに、世界中全ての人が仮想通貨と生きる未来を一緒に創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所