仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Binance Coin(BNB)バイナンスコインとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

仮想通貨Binance Coin(BNB)バイナンス

仮想通貨Binance Coin(BNB)バイナンスコインとは?

通貨名 Binance Coin
通貨略称 BNB
公開日 2017/07/25
時価総額 69,551,613,327円
時価総額ランキング 15
仮想通貨1単位辺りの値段 531.74円
現時点の発行量(供給量) 130799315 BNB
発行上限 - BNB
公式サイト Binance Coin
オススメ取扱取引所 オススメ取引所はこちら

Binance Coin(BNB)バイナンスコインというのは、「Binance(バイナンス)」という中国の仮想通貨取引所が発行する一つのERC20トークンです。
ICOで2017年7月1日に販売され、100倍以上に取引金額がその後アップしました。
また、取引所Binance(バイナンス)にてBinance Coin(BNB)バイナンスコインで取引すれば手数料が0.1%から0.05%になります。
Binance Coin(BNB)バイナンスコインは、価値がアップする仕組みがある優れた仮想通貨です。

Binance Coin(BNB)の強み・メリットは?

簡単に初心者でも海外取引所が使用できる

簡単に初心者でも海外取引所が使用できることが、Binance(バイナンス)の強み・メリットなので、そこで使えるBinance Coin(BNB)バイナンスコインも同じ強み・メリットを持ちます。
海外取引所を使用するのは通常困難で、登録してもサポートが十分な対応でないなどもあり、不安があります。
しかし、Binance(バイナンス)の場合は、対応が日本語で簡単に取引ができます。

しっかりとサポート対応もしているため、困った場合でも安心です。
そのため、初心者でも海外取引所としては嬉しいところです。

アルトコインが安い手数料で購入できる

アルトコインを購入する場合は、国内取引所でも手数料は相当違います。
例えば、リップル(XRP)の場合は、知らなければ7%近く往復手数料で違いがあることもあります。

一方、Binance(バイナンス)でBinance Coin(BNB)バイナンスコインを使った場合は、格安の0.05%と言う手数料で購入することができるため、手数料が節約できます。
アルトコインを頻繫に売買する場合は、アルトコインが安い手数料で購入できるのは非常にメリットがあります。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインの特徴とは?

取引手数料が安い

Binance(バイナンス)の場合は、BTC・ETH ・USDTなどのペアで売買する際、0.01%の取引手数料になっています。
しかし、Binance Coin(BNB)バイナンスコインで売買する場合は、0.05%まで取引手数料が安くなります。
取引手数料は、50%が初年度、25%が2年目、12.5%が3年目、6.75%が4年目にそれぞれ割引になり、5年目からは割引なしになります。

ERC20トークン

Binance Coin(BNB)バイナンスコインは、一つのERC20トークンです。
ERC20というのは、規格としてイーサリアム上で使用されるもので、RCというのはイーサリアム技術のスペックで、20番目に決められたスペックのため、ERC20トークンと言います。

Auger・QtumなどがERC20トークンにはあり、ECR20がベースのトークンの場合は送信受信ができます。
ウォレットとしてERC20フォーマットに対応するものを使うと、トークンの送受信が簡単にできます。
一般的に、仮想通貨を取り扱う場合は、開発を仮想通貨ごとの手順に応じて行う必要があります。
しかし、この工数がERC20トークンは低減できるメリットがあるのです。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインのチャートは?

Binance Coin(BNB)バイナンスコインは、1BNBが0.1ドル(日本円で10円程度)から、2017年7月に始まりました。
その後、1BNBが10.7ドル近くまで、2017年12月には高騰しました。
Binance Coin(BNB)バイナンスコインは、107倍近く最大で2017年に成長しています。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインへの投資はやめるべき?

Binance Coin(BNB)バイナンスコインへの投資はやめるべきかは、Binance Coin(BNB)の投資のデメリットについて検討することが必要です。

ここでは、Binance Coin(BNB)のデメリットについてご紹介しましょう。

Binance Coin(BNB)の一つのデメリットとしては、本社が仮想通貨に対して厳しい規制がある中国の香港にあることです。
中国の場合は、過去に大手取引所のHuobi やOkcoinというようなところが、政府の規制によって閉鎖されたということがあります。
香港の場合は、中国の法令が直接適用されるということではありませんが、今後規制が何らかある可能性が十分にあります。
これ以外に、Binance Coin(BNB)は、ERC20トークンであるためイーサリアムの影響を強く受けます。

イーサリアムは、過去に脆弱なスマートコントラクトによってハッキングされ、コインの分裂のハードフォークが起きたことがあります。
不利なことがイーサリアムにもし起きると、Binance Coin(BNB)はERC20トークンであるため、影響があることもあり得ます。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインの将来性は?

Binance Coin(BNB)バイナンスコインの将来性については、ほとんどBinance(バイナンス)の取引所の成長にかかっています。
そして、Binance(バイナンス)は、オープンが2017年7月と割合取引所として新しいにも関わらず、2018年2月時点において、世界第1位の取引高を記録しています。
これは非常に速いスピードで成長しており、将来性が非常にあると言えるでしょう。

将来性を期待するのであれば、はやめに投資しておくのが賢い選択ですね!

Binance Coin(BNB)バイナンスコインの注目ニュースまとめ(2018年9月4日時点)

2018年4月、Binanceバイナンスがアフリカ上陸!ウガンダ企業と提携!

Binanceバイナンスは東アフリカ諸国経済の発展のためにアフリカへの進出を決定し、

Binanceバイナンス代表のCZ氏がウガンダのCrypto Savannah等との提携を発表しました。

提携についてツイッター上においても以下のようにコメントしています。

バイナンスはCrypto Savannnah、Aggie Konde、HelenHaiyuと提携を発表しました。ウガンダの経済発展を実現し、若者の雇用をブロックチェーンと第4次産業革命によって支援していきたいと思います。和明日いて数千の雇用を生み出しウガンダに投資していきます。

すでにバイナンス代表メンバーがウガンダの大統領と会議を行い、その様子はニュースに取り上げられました。

5月、Binance Coin(BNB)バイナンスコインがYobitに上場!

5月、Binance Coin(BNB)バイナンスコインは仮想通貨取引所Yobitに上場しました。

この上場によりBinance Coinが初めてBinanceではない他の取引所で取り扱われるようになりました。

取引所Yobitは独特な通貨ラインナップ・上場スピードの速さを売りに注目を集めていました。

取引所発行の仮想通貨が他の取引所で取り扱われることは異例であるため、ネット上では驚きの声が絶えませんでした。

この出来事はBinanceがただの取引所で終わらない存在であるということを印象付けました。

5月、Binance Coin(BNB)バイナンスコインで余った通貨や端数をすべてBNBに変換可能に!

仮想通貨の売買を続けて言うと1円未満の手数料にも満たない端数が蓄積していきます。

またBinanceのようなアフィリエイトプログラムでは手数料のうち何%かがその通貨で受け取れるため、

売買はできないけれど金額がたまっているというユーザーも多く存在します。

このような状況に際し、Binance Coin(BNB)バイナンスコインに新機能が追加され、

休眠資産になっている通貨をまとめてBNBに変換ができるようになりました。

海外取引所利用者の方々には朗報だったのではないでしょうか?

7月、Binance Coin(BNB)バイナンスコインが日本の被災地に1億円規模の寄付!

バイナンスCEOのCZ氏は7月8日、ツイッター上で西日本の豪雨・洪水災害の被災地に対してBTC、BNB、JPYなどで10億円相当の寄付を表明しました。

2017年に入ってから複数の仮想通貨プロジェクトが自身のトークンを使って積極的に寄付を行っています。

寄付に仮想通貨を用いることで、高額な手数料を避けることができるため、募金のハードルを下げる効果があると言われています。

7月、Binance LabsがLibraCreditとの提携を発表!

以前からBinance LabはlibraCreditに対して資金提供を行ってきましたが、今回提携することが発表されました。

この提携によってBNBホルダーはBNBを担保にすることで、Libra Creditを使って法定通貨あるいは指定の仮想通貨での借り入れをできるようになりました。

Libra Creditとは?
Libra Creditは分散型貸付プラットフォームで、Paypalのベテラン技術者たちが立ち上げた貸付プラットフォームです。

8月、Binance Coin(BNB)バイナンスコインがモバイルウォレットアプリTrust Walletを買収

Binanceは8月、モバイルウォレットアプリケーションを提供するTrust Walletを買収しました。

今回の買収により、Binanceのユーザーにさらに高い安全性と、利便性の向上が実現されるだろうと発表しました。

Trust Walletとは?
Trust Walletとは分散型の匿名モバイルウォレットアプリケーションです。11月にサービスを開始し、高い安全性と使いやすさで人気のサービスです。

8月、バイナンスの新取引所Binance LCXがリヒテンシュタインに誕生!

Binanceはヨーロッパのリヒテンシュタインに法定通貨建てで取引が可能なBinance LCXを設立しました。

Binance LCXの法定通貨はスイスフランとユーロを指しています。

今後はBinanceとLCXがジョイントベンチャーとなって、リヒテンシュタインの仮想通貨事業を盛り上げていくでしょう。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインは、どこの取引所、販売所で買うの?

Binance Coin(BNB)バイナンスコインが買える取引所としては、当然ですが、Binance(バイナンス)になります。
Binanceの取引所は海外になりますが、対応は日本語になっています。

入力の面倒なものは必要なく、簡単に一つのメールアドレスで登録することができるため、1分もあれば登録は終わります。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインを使用することによって、手数料は元から安いものですが、さらに手数料が安くなります。
人気の仮想通貨であるADAやIOTAなども買えるため、取引所としては本当におすすめです。

なお、Binance(バイナンス)の取引所は、専用の仮想通貨の取引所になります。
そのため、Binance Coin(BNB)バイナンスコインを買う場合に、直接円を入金することはできません。

ビットコインを国内の仮想通貨の取引所で一度買ってから、送金をBinance(バイナンス)に行う必要があります。
なお、初めてBinance(バイナンス)の取引所を利用する場合は、送金する方法などが分からないでしょう。

このような場合は、ネットなどでBinance(バイナンス)の取引所を利用する方法について紹介しているようなサイトがあります。
そのため、Binance Coin(BNB)バイナンスコインを買う方法などが心配という場合は、このようなサイトを確認してみましょう。

Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所です。
Binance Coin(BNB)バイナンスコインはICOから堅実な上昇を続けてきた通貨で、長期的に成長が期待できます!
それぞれの価値観で、割高・割安というのはもちろんあるとは思いますが、長期保有者にとっては正直そんなの大した金額差ではありません。

2年後・3年後に利益ベースで億入り人になる!と考えているならば、今すぐに買ってしまった方が良いでしょう。
Binance Coin(BNB)バイナンスコインを購入して、爆益をあげるとともに、世界中全ての人が仮想通貨と生きる未来を一緒に創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)の魅力と登録方法、メリット・デメリットを徹底解説

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所