仮想通貨Storj(STORJ)ストーレージとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

Storj(STORJ)ストーレージとは?

通貨名 Storj
通貨略称 STORJ
公開日 2017/7/2
時価総額 ¥11.45 B
時価総額ランキング 98 (2018/3/25閲覧)
発行上限 424,999,998 STORJ
公式サイト STORJ
 Twitter STORJ Twitter

非中央集権のクラウドストーレージに関するプロジェクトです。
プラットフォーム名をStorj、通貨名をSTORJと言います。

Storjというクラウドのプラットフォームに自分のデータを保存し、その対価としてトークンを受け取れるような仕組みだと言います。

非中央集権型のdropboxと称すればわかりやすいでしょうか?
利用することによって、報酬が得られるようです!!

Storj(STORJ)ストーレージ、今までは??

資金調達前まで、STORJという通貨は存在しませんでした。
その名も、SJCX。

上場後にも関わらず、名称を変更し、
非常に大きな混乱を巻き起こしたことも記憶に新しいかもしれません。

日本国内でもZaifに上場していたと言いますが、
その際もいつSJCXが廃止され、STORJとして上場するのかで揉めたそう笑

Storj(STORJ)ストーレージの特徴は?


出典:DX NEWS 2025年に全世界で発生するデータ量は163ゼッタバイトに、IDC調査

ゼッタバイト (zettabyte) はデータの量やコンピュータの記憶装置の大きさを表す単位。ZBとも略記される。

ゼタバイトは主に下記の二通りの表し方がある。

1,000,000,000,000,000,000,000 = 1,0007 = 1021(= 十垓)バイト
1,180,591,620,717,411,303,424 = 1,0247 = 270バイト
このように二通り使える理由については二進接頭辞の項を参照。

なお、270バイトについてはゼビバイトとも表すことが出来る。
出典:wikipedia ゼッタバイト

正直どのくらいの量なのか、よくわかりませんので、
具体的な説明は控えますが、
2025年までに、163ゼッタバイトの情報が世の中に広がり、インターネットを通して、配信されていくと言います。

個人や企業など、保有する情報が増え続けると、管理が大変ですよね?
機密情報の管理も膨大で、社内のストーレージでは保存できないくらいに膨れ上がります。

そこで必要なのが、クラウドの力。
One Drive/Google Drive/Dropboxなどが今の主流クラウドサービスです。

クラウドにあげることで、全世界からデータにアクセスできるようになると同時に、
現存のストーレージに保存する必要がなくなります。
(容量を食わないという意味です)
非常に便利なツールだったんですね。

しかし、ブロックチェーンが普及した今。
そのクラウドストーレージすらも、時代遅れになってきているようです。

それを解説して行きます。

クラウドストーレージのリスクと、ブロックチェーンの到来

一般のクラウドサービスでは、その中央集権という特性ゆえ、
ハッキングなどのリスクが非常に高くつきます。

dropboxがハッキングを受けたら?
企業情報を含め、全ての情報が流出してしまうことになります。

それに対して
Storkは、Peer-to-Peer(P2P)という方法で管理をしているんですね。
個と個で取引を行ったのち、ハッシュ関数という方法を用いて
暗号化したのち、保存されます。

今まではサーバー側が一括管理していたものを、個と個の取引として、
分散して管理することで、
大変リスクをヘッジして管理ができるようになると言います。

コストパフォーマンスが良い

Decentralizing Data Storage With Storj: 10 Times Faster, 50 Percent Cheaper

CoinTelegraphという某有名仮想通貨サイトがありますが、
そちらで、こんな記事がありました。

ブロックチェーンを使ったクラウドストーレージサービスのSTORJは、
現在のクラウドサービスよりも10倍早く、50%安いと言います。

中央集権型のストーレージを使うのはそもそも間違いだ!と言っている方も多くいらっしゃいます。
先日のFacebookの個人情報流失事件も、中央集権的にデータを管理していたことが問題なんですよね。

世界のトレンドはすでにブロックチェーンに向いており、
このサービスも必ず必要になります。

今後に期待しています。

Storj(STORJ)ストーレージのチャートは?

未だスケールする段階ではなく、
さらに仮想通貨トレンドも下落の方向に向いていますので、
この程度の伸びになっていると推測できます。

正式にプロダクトをローンチした際にどれほどの通貨になるのか
非常に楽しみです。

Storj(STORJ)ストーレージの将来性は?


なんと、イーサリアムファウンダーのVitalikさんが、非常にポテンシャルのある通貨であると推しています。
そのくらいデータ管理には需要があり、伸びる市場であるということですね。
開発力をつけ、どんどんとリリースをすれば、
非常に良いサービスができそうです。

ネトビジ!としては、将来性あり!とします。

Storj(STORJ)ストーレージはやめるべき?

やめるべきということもありませんが、
いますぐに仕込む通貨でもなさそうな気がします。

クラウドサービスはその名の通り、サービスですので、
お客さんが利用しなければ価値が生まれません。

現在は未だ開発中という側面が強く、
あまりお客さんが利用しようと思っても厳しい状態。

スケールするタイミングを見極め、そこでドカンと投資するのが、
正しい投資スタイルのように思われます!!

Storj(STORJ)ストーレージはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、Storj(STORJ)ストーレージは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!
ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

オススメする理由はもう一つ。


出展:STORJ coinmarketcap

現在、Storj(STORJ)ストーレージンのほとんどBinance(バイナンス)を経由して購入されています。
もし今後期待感が高まれば、Binance(バイナンス),Bitfinex, Bitflyerなどの大手取引所への上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

Storj(STORJ)ストーレージを購入して、共に億入り人を目指しましょう!

Binance(バイナンス)登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所