仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨AirSwap(AST)エアスワップとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

AirSwap(AST)エアスワップとは?

通貨名 AirSwap
通貨略称 AST
公開日 2017/10/18
アルゴリズム ERC-20
時価総額 ¥7.20 B
時価総額ランキング 177(2018.3.4)
発行上限 500,000,000 AST
公式サイト https://www.airswap.io/
 Twitter https://swap.tech/whitepaper/

「AirSwap」は分散型ERC20 トークン交換プラットフォームです!
と言ってもよくわからないと思いますので、一つずつ解説していきます!

今後のイーサリアムベースの通貨は
AirSwapのように、Peer-to-Peer取引になると言われています。
トレンドに沿った非常に注目のコインです!

AirSwap(AST)エアスワップの特徴は?

ERC20トークン

ERC20というのは、イーサリアムプラットフォーム上で開発された通貨の規格のことで、
20番目に決められたスペックのため、ERC20トークンと言います。

そんなERC20トークン、コインチェックに上場しているAugerなどもERC20トークンだったりします。
AirSwap(AST)エアスワップは、ERC20トークンの一つです。

イーサリアムがプラットフォーマーになることで、一定の規格は保たれ、
通貨の信用度が増すこと、またイーサリアムの技術をベースにスピード感を持って開発できるという風に言われています。

分散型トークン交換プラットフォーム

DEX(Decentralized Exchange)」と言われると呼ばれる非中央集権型の取引所になります。
取引所を介さずとも、P2PでERC20トークンが購入ということですね。

Peer-to-Peer取引

P2P(ピアトゥピア・ピアツーピア・Peer to Peer)とは、
複数のコンピュータを介する情報処理における方式の名前です。

「P」を表す「Peer」(直訳:仲間、同等のもの)は個々の端末を表し、
それらの複数のPeerが互いに信頼し合い相互協力して作るネットワークをP2Pと呼びます。

引用:https://bitcoinw.info/804.html

要するに取引所を介さず、個人間で取引をすることが可能になるということです。

しかし、メルカリでの値引き競争など、
個人間取引だと、値段がうまく決まらない。

そんなこともあるかと思います。

そんな時のために、AirSwapでは、
「Oracle」というトークンの価格適正化ツールを搭載しているため、
そのような揉め事は未然に防げると言います。

AirSwap上では、
P2Pで、モノや、トークンなどなんでも取引が可能です。
上場すらしていない詐欺コインすら取引ができるそうなので、
使用する際には注意が必要ですね。

AirSwap(AST)エアスワップの開発者は?

シリアルアントレプレナーが集う最強のチームです。
主に、ファイナンス分野で顕著な成果を残した人が多く、
まさにプロジェクトにあった人材と言えるでしょう。

ICOで調達したお金を開発に投じ、
さらにスピード感を持って取り組んでもらいたいものです!

AirSwap(AST)エアスワップのチャートは?

成長への期待感から、仮想通貨ショックの後でもプラス成長をしています。
イーサリアムベースということもあり、開発が進んでいなくとも、
ある程度の信用は得られるようなマーケットになっています。

ですが、今後はICOでも失敗をするような時期になってきます。
用途のわからないコインたちは廃れていくのです。

いち早く開発を終え、
プロダクトをローンチしてほしいものですね!

AirSwap(AST)エアスワップの将来性は?

将来性はあると思います。
イノベーションは約10年単位で起きると言われています。
ガラケーだった時代から、全員がスマホを持つ時代になりました。
劇的にマーケットは変わってきているのです。

その点でいえば、仮想通貨という新たなプロジェクトが立ち上がったとしてもまだ安心できません。

トークンニーズを汲み取った上での実用化。
AirSwapにはとても期待しています。

AirSwap(AST)エアスワップはやめるべき?

同じような特性のコイン「Kyber Network」はあまり価格が上昇しておりません。
仮想通貨ショックがあったとはいえ、異常なほど上がっていないのです。

その理由はおそらく2つ。
・価格を圧倒的に釣り上げてきた一般消費者の退避による需要激減
・莫大な広告マーケティング費
であると思っています。

開発が終えるか終えられないか、の狭間で
どれだけマーケティングにお金をかけ、どれだけのユーザーを集めるのかが重要になってきます。

ICOで調達したお金を、
開発と人に注ぎ込み、ぜひプロジェクトを成功させてほしいと思います。

AirSwap(AST)エアスワップはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、AirSwap(AST)エアスワップは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!
ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

オススメする理由はもう一つ。

現在、AirSwap(AST)エアスワップのほとんどBinance(バイナンス)を経由して購入されています。
もし今後期待感が高まれば、Binance(バイナンス),Bitfinex, Bitflyerなどの大手取引所への上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

AirSwap(AST)エアスワップを購入して、共に億入り人を目指しましょう!

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所