仮想通貨Vechain(VEN)ヴェチェインとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

1ヶ月で10倍以上!? 新興アルトコインVechain(VEN)ヴェチェインが今アツい!!
ということで、大手取引所に上場する前に、徹底解説しようと思います!

仮想通貨Vechain(VEN)ヴェチェインとは?

Vechain(VEN)ヴェチェインとは、中国のBitSEによって運営されている仮想通貨です。
何をする通貨なのか。
それは・・・

真偽判定プラットフォームです。

え?え??え???

と思っている方もいると思いますが、
実は中国では精巧に作られた偽物のブランド品が出回り、非常に大きな社会問題になっています。

それを解決できるのが、このVechain(VEN)ヴェチェインのブロックチェーン。
解決できる課題の大きさから、いま非常に期待が高まっています。

Vechain(VEN)ヴェンの実際の仕組みはどうなってるの??

では、どのように判定をしているのか。

Vechain(VEN)ヴェチェインは独自のブロックチェーン技術を用いた専用のチップを開発しています。
このチップをスマホアプリを使って調べれば、商品がどのような経路で、どうやって製造・販売されているのか、判定することができるそうです。

Vechain(VEN)ヴェチェインはこれからが本番??

実はこのVechain(VEN)ヴェチェイン、ブランド品以外にも、衣料品や、食料品、その他の流通に関わる商品管理を効率化できるとされています。
最新のブロックチェーン技術により、真偽判定はもちろんのこと、現在の流通の問題すらも解決できるポテンシャルを持っているのです!!

流通のマーケット拡大に伴って、必要とされる技術になりそうですね!!

具体的な企業名は未だ公開されていませんが、世界中に24000店舗を展開している大手コンビニとの提携も進んでいるようです。Twitter上では、ファミリーマートとの噂もあります。

今後に期待ですね!!

 

Vechain(VEN)ヴェチェインに投資するのはなんか怖い?やめるべき?

確かに中国発の通貨ですので、当局の規制がかかる可能性も否定はできません。
ですが、技術が大型提携の噂が本当ならば、これほどのチャンスはありません。

もし中国政府が仮想通貨制度を整え、再プッシュを仕掛けてきたら・・・
第二のNEOにもなれることでしょう。

実用性、解決できる社会問題、汎用性の高さから考えれば、まだまだ割安の投資かも!

Vechain(VEN)ヴェチェインのチャート

次に価格推移について見ていきましょう!!
アルトコインブーム・ブロックチェーン技術の期待感の高まりから、VeChain(VEN)ヴェチェインの価格は、右肩上がりに急上昇してます。

大切なのでチャート図をもう一度貼っておきます!

具体的に言えば、
2017年12月1日時点では20円前後であった価格は、2017年12月30日現在、262円(≒$2.33)と、
12月に限っても、約10倍に跳ね上がっています。

 

Vechain(VEN)ヴェチェインの将来性は?

未だ、Vechain(VEN)ヴェチェインは比較的に取引が開始されたばかりであり、多くの取引所で上場できる訳ではありません。
ですが、今後大きな取引所に上場するとの噂があります。(確定ではないですが、人気の高まりから、かなり可能性は高いです)

Vechain(VEN)ヴェチェインはどこの取引所、販売所で買うの?

2017/12/30現在、Vechain(VEN)ヴェチェインを取り扱っているのは、Binance(バイナンス)とLiquiです。
取引高世界一かつ、手数料も国内取引所と比べると格段に安いBinance(バイナンス)がオススメです。

Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、
勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所です。

身分証明なしで 2BTCまで取引が可能だそうなので、気になった方は登録しといて損はないと思います!!

Binance(バイナンス)登録はこちらです!!

Binance(バイナンス)登録はこちら