仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)の魅力と登録方法、メリット・デメリットを徹底解説

仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)の魅力と登録方法、メリット・デメリットを徹底解説

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)とは

Zaif(ザイフ)はテックビューロ株式会社の代表取締役である朝山貴生さんにより国産のビットコイン・モナーコイン取引所etwingsを買収・改修を加え、2014年6月に設立された仮想通貨取引所です。
また、日本で初めて仮想通貨同士の交換を可能としました。
最近では、お笑いの「かまいたち」さんによるCMを立ち上げるなど、徐々に知名度を上げてきています。

内容
会社名 テックビューロ株式会社
設立日 2014年6月16日
資本金 8億3,013万円(資本準備金含む)
所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
代表取締役 朝山 貴生
仮想通貨交換業者登録 登録番号00002号

仮想通貨交換業者としての登録も済ませているのがポイント。
また、NEM.io財団の理事も務める朝山さんは、Twitterでも仮想通貨を多くつぶやいていますので、興味ある方はフォローされると良いでしょう。

Zaif(ザイフ)最大の特徴としては、「取引手数料が安い(マイナス手数料)」「積立投資が可能」「仮想通貨(トークン含む)取り扱い種類が豊富」なことです。
そこで仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)をのメリット・デメリットと登録方法を紹介します。

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を利用するメリット

Zaif(ザイフ)は手数料が安い

Zaif(ザイフ)はビットコインと日本円のトレード(現物取引)の場合ですが、仮取引手数料がマイナスになります。
取引すればするほど、手数料の分だけプラスになるということですね。
また、日本の仮想通貨取引所の中ではトークン含む取り扱い種類が豊富で、手数料も下記のようになっています。

Zaif 仮想通貨取引所手数料 購入手数料(円) 売却手数料(円)
ビットコイン(BTC)指値 -0.05% -0.05%
ビットコイン(BTC)成行 -0.01% -0.01%
イーサリアム(ETH)指値 0% 0%
イーサリアム(ETH)成行 0.1% 0.1%
ネム(XEM)指値 0% 0%
ネム(XEM)成行 0.1% 0.1%
モナコイン(MONA)指値 0% 0%
モナコイン(MONA)成行 0.1% 0.1%
ビットコインキャッシュ(BCH)指値 0% 0%
ビットコインキャッシュ(BCH)成行 0.1% 0.3%
各種トークン 指値 0% 0%
各種トークン 成行 0.01%~0.1% 0.01%~0.1%
COMSAトークン 指値 0% 0%
COMSAトークン 成行 0.1% 0.1%

利確を繰り返す方にとっては大きなメリットでしょう。
ただし税金の存在を忘れないよう注意してください!

Zaifコイン積立として毎月の積立投資が可能

Zaif(ザイフ)は対象硬貨が絞られていますが、「Zaifコイン積立」という積立投資が可能です。
毎月27日に銀行引き落とされ、翌月の10日〜翌々月9日まで、毎日買い付けをして積み立てされるシステムです。
自動で買い付けが行われるため、最初に設定をするのみでその後は操作する必要がありません。

忙しいサラリーマンなどに向いているでしょう。
月1,000円〜100万円ではじめられますので、無理のない範囲で投資ができるのが嬉しいですね。

Zaif(ザイフ)で積立可能なコイン

Zaif(ザイフ)で取り扱い可能な仮想通貨は4種類です。
ビットコインは価格変動のブレが激しいので、他仮想通貨でリスク分散するのが賢いでしょう。

  • ビットコイン(BTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ゼム(XEM)
  • イーサリアム(ETH)

Zaifコイン積立のメリット

「ドル・コスト平均法」という名目の投資方法でもあり、メリットは購入単価を平準化できることです。
分かりやすく言えば、価格が低いときにたくさん買い、価格が高いときに少ししか買わないことです。

例えばビットコイン(BTC)を1万円分買う場合、

・1BTCが200万円…1万円分買うと0.005BTC
・1BTCが100万円…1万円分買うと0.01BTC

価格が半分になった結果、同じ1万円で買う事ができるビットコインは倍になりなりました。
このように、積立てを行えば価格の低いときに買い増しをたくさんするということを自動的に行ってくれるので、一気に投資するよりも平均単価が安く済みます。

Zaifコイン積立のデメリット

すでに気づいた方もおられると思いますが、Zaifコイン積立は長期的視野が必要となります。
価格が長期間下降傾向にあったりすると稼げないし、購入のタイミングを自分で決められないため、大きく値下がりした時に購入できない場合もあります。

あくまでも積立と通常取引と分けるのが良いでしょう。
また積立手数料も投資金額に応じて掛かりますので、積立を始める前に無理のない投資かどうかよく検討ください。

積立金額 手数料
1,000~2,000円 一律100円
3,000~9,000円 3.5%
10,000~29,000円 2.5%
30,000~49,000円 2.0%
50,000円以上 1.5%

こうしてみると、Zaifコイン積立は「ローリスク・ローリターン」であって、仮想通貨で大きなリスクは避けたい方に向いている投資方法ですね。

Zaif(ザイフ)はトークン含む仮想通貨種類が豊富

Zaif(ザイフ)ではこれらの仮想通貨を取り扱っています。

  • Bitcoin(BTC)(ビットコイン)
  • Ethereum(ETH)(イーサリアム)
  • NEM(XEM)(ネム)
  • monacoin(MONA)(モナコイン)
  • Bitcoin Cash(BCH)(ビットコインキャッシュ)

また、Zaif(ザイフ)では大きな特徴として、トークンも取り扱っており、2018年2月現在、Zaif(ザイフ)で取り扱っている「トークン」は以下の通りです。

  • Counterpartyトークン(XCP)
  • ERC20トークン
  • Mosaic
  • Bitcrystals(ビットクリスタルズ/BCY)
  • ZAIFトークン(ザイフトークン)
  • STORJCOIN X(SJCX/ストレージコインエックス)
  • FSCC(フィスココイン)
  • CICC(カイカコイン)
  • NCXC(ネクスコイン)
  • Pepecash(ぺぺキャッシュ)
  • JPYZ(ゼン)

こちらもオススメ!
100種超えるアルトコインの仮想通貨取引所Binance(バイナンス)ついてはこちら

Zaif(ザイフ)は信用取引が利用可能

Zaif(ザイフ)は日本円・BTC・XEM・MONAを担保として、預けた額の最大7.77倍までの信用取引が可能です。
空売り」も可能だったり、FXでおなじみの「追証」も不要といった、リスクを最小限に減らせるサービスを享受できることが大きなメリットです。
「ビットコインAirFX」という現物取引感覚で最大レバレッジ25倍の取引ができる仕組みもあります。
これらについてはまたそのうち記事を書きます。

Zaif(ザイフ)はクレジットカードで仮想通貨の購入が可能

Zaif(ザイフ)では、ビットコインとモナコインのクレジットカード購入ができます。
銀行振込とは異なり、仮想通貨をすぐ買えるのが最大のメリットでしょう。

土曜日にビットコインの価格が急落したのに銀行振込は行うことができない…。
あるいは取引所にも十分な日本円がない…。

こんなときはクレジットカード購入を利用すればであれば曜日や時間帯に関係なく取引ができます。
ただし銀行振込と異なって手数料が高いので、あくまでも緊急時の購入に利用する購入方法と捉えましょう。

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)のセキュリティはレベルが高い

コインチェックの流出事件の影響を受け、2018年1月29日、朝山貴生さんを室長としたテックビューロ(Zaif)セキュリティ対策室を設置しました。

  • 仮想通貨ウォレットとZaif取引所に関するセキュリティの強化
  • 各省庁とお客様に対する迅速な情報開示
  • インシデント時の迅速な調査と対応方針策定、実施対応、報告
  • 定期的なセキュリティ調査と監査
  • 外部のサービスや専門家を用いた安全性の確認
  • セキュリティ専門家の雇用
  • 定期的なセキュリティに関する協議と報告

セキュリティに絶対はないもの、意欲的にセキュリティ対策に取り掛かっていることが伺えます。
より詳細は公式に記載されていますので、興味ある方はご覧ください。

利用リスクと『Zaif』のセキュリティ体制について
https://corp.zaif.jp/security/

Zaif(ザイフ)のデメリット・注意点

Zaif(ザイフ)のサポートが遅い

他仮想通貨取引所では本人確認書類提出後、2〜3日で書類が届いて取引が開始できますが、Zaif(ザイフ)は1ヶ月待ちというレビューもあります。

コインチェックの流出事件の影響を受けて顧客がZaif(ザイフ)に流れ込んだとしても、他仮想通貨取引所は通常通り影響しているのに対し、サポートに問い合わせても返答がないと行ったケースも珍しくないのは、大きなデメリットともいえるでしょう。
今後のサポート強化に期待です。

Zaif(ザイフ)は画面の操作性が悪い

コインチェック、Bitbank(ビットバンク)などは直感的に操作できるインターフェースであるのに対し、Zaif(ザイフ)は他の仮想通貨の相場が一覧でみられないなど、細かい箇所に不満があります。
これも今後の強化に期待するところです。

Zaif(ザイフ)のサーバが不安定

2018年2月、Zaif(ザイフ)で2,200兆円分のビットコイン売りバグがあったりとサーバーが不安定なところがあります。
また、時々サイトに接続できなくなります。
ログインすらできないこともあり、テックビューロ社は今後、サーバーダウンを回避するために開発リソースの増員や、復旧作業を最短にするためのバックアップなど対策を行うとアナウンスしています。

Zaif(ザイフ)は取り扱いできるアルトコインが少ない

日本の仮想通貨取引所の中ではトークン含むと数豊富ですが、アルトコインが少ないですので、そういった点ではBinance(バイナンス)がオススメです。

ネトビジのオススメ!
100種超えるアルトコインの仮想通貨取引所Binance(バイナンス)ついてはこちら

Zaif(ザイフ)を実際に登録してみよう

登録事前に必要な物

下記3点あれば登録可能ですので、事前に用意しましょう!

    • ご自分で用意された登録用 メールアドレス
    • Zaif(ザイフ)用のパスワード
    • 免許証またはパスポートなどの証明書写真

Zaif(ザイフ)の口座登録は3ステップで完了

Zaif(ザイフ)の口座登録自体は3ステップとすぐ終了します。
ただ本人確認で非常に時間がかかりますので早めに開設しておきましょう。

1.メールアドレス登録
2.送られてきたメールのURLをクリック
3.ログインパスワードを設定

それでは順に見ていきましょう。

Zaif(ザイフ)にメールアドレスを登録する

Zaif(ザイフ)にアクセスしましょう。

2018年2月現在は剛力彩芽さんのTOPが表示されます。
画面右の「メールアドレス」欄に利用するアドレスを入れて登録しましょう。

Zaif(ザイフ)からのメールを確認する

Zaif(ザイフ)から下記内容のメールが届きますので、「URL」をクリックします。

Zaif(ザイフ)にログインしよう

URLをクリックすると下記ログインページが表示されます。
「利用規約」「重要事項説明」はクリックして開かないと「同意チェック」ができないので必ず確認しましょう。
その後「登録したメールアドレス」「パスワード」を入力、最後に「同意して登録」を押しましょう。
なおパスワードは簡単なものだと登録ができませんので、パスワード強度が「51%を超える」よう設定ください。

これでひとまず口座登録は完了です。

Zaif(ザイフ)で取引をするなら本人確認と書類提出を済ませる

Zaif(ザイフ)の口座登録自体は簡潔にできますが、実際に取引を行うには「本人確認」「書類提出」が必要となります。
まずは管理画面右上のアカウントを押しましょう。


画面が切り替わりますので、「本人確認状況」管理メニュー内の「基本情報登録」を選択します。

登録情報・本人確認を行う

下記、「登録情報/本人確認」画面が表示されたら入力欄すべて記入、最後に画面下の「変更」をクリックして確定しましょう。
後ほど提出する本人確認書類と内容が相違しないよう気をつけてください。

画面が切り替わり、「本人確認手続き」画面への遷移を促されますので、そのまま「本人確認手続きを開始」クリック。


ご自身の身分証明書をアップしていきます。
なお運転免許証は表面・裏面どちらもアップしましょう。
問題なければ「本人確認の申請をする」をクリック。

本人確認の郵便を受け取る

郵便で登録住所に「確認書類」が送られますので、書類を受け取り、「郵送確認」画面で「本人確認コード」を入力すれば取引ができるようになります。
以上でZaif(ザイフ)の登録作業は完了です。

電話番号認証も行う

電話番号認証も必要となります。
SMSで認証コードが届きますので、下記を参照に登録していきましょう。

 

Zaif(ザイフ)の二段階認証は行おう

口座登録を済ませるだけでなく二段階認証設定も必ず行いましょう。
仮想通貨取引所は基本的に自己責任ですので、もし盗難などにあっても助けてくれるのは極稀です。
管理画面右上のアカウントを押しましょう。


画面が切り替わりますので、「本人確認状況」の「二段階認証を選択します。

「セキュリティ」設定画面が表示されますので「2段階認証の設定を開始」をクリック。

下記画面が表示されますので、認証アプリを利用して、QRコードを読み取りましょう。
Zaif(ザイフ)の認証アプリは3種類ありますが、オススメは「Google Authenticator」です。

  • Google Authenticator
  • IIJ SmartKey
  • AUTHY

認証アプリを利用すれば確認コードが表示されますので、その確認コードを画面下「トークンを入力」に記入、「確認」クリックで二段階認証の設定は完了します。

おわりに

仮想通貨に興味を持って、これからどんどんチャレンジしていきたいと考えている方で、まだZaif(ザイフ)に登録していない方は今すぐ登録することをお勧めします!

Zaif(ザイフ)でビットコインを始める方は下記から登録!

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所