仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨PowerLedger(POWR)パワーレジャーとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

こんにちは。ノマド・若(ワーカー)です。昨今、電力にまでブロックチェーン技術が導入され、今の人々の生活をも変えうるポテンシャルを秘めています。今宵はそんな電力を通じて世界を変える!?仮想通貨 Power Ledgerをネトビジ!で大解説。今後の業界予測も必見です!

ノマド・若

PowerLedger(POWR)パワーレジャーとは?

通貨名 Power Ledger
通貨略称 POWR
公開日 2014/07/21
時価総額 ¥59.52 B(2018年4月18日時点) JPY
時価総額ランキング 87
発行上限 1,000,000,000 POWR
公式サイト Power Ledger
Twitter Power Ledger Twitter

Power Ledger(POWR)パワーレジャーは、ブロックチェーンによる再生可能エネルギーの管理を目指すベンチャー企業Power Ledger社が発行した仮想通貨です。

企業が目指す目標は仮想通貨を用いた再生可能エネルギーの個人間取引を可能にすることです!

しかし電力販売のためには、送電線などの専用のインフラが必要で、実現が難しいのではないか?

と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それではその疑問を払拭すべく、高い壁に立ち向かっている仮想通貨Power Ledgerをネトビジ!で徹底解説します!

PowerLedger(POWR)パワーレジャーの特徴は?

ブロックチェーン技術を活用したP2Pでのエネルギー取引

Power Ledger(POWR)パワーレジャーのプラットフォームネットワーク上において、

個人間は直接つながること(Peer to Peer, P2P / ピア・トゥ・ピア)が可能であり、利用者は電力会社などの仲介無しで,

エネルギーの取引を行うことができます。

一時期日本においてソーラーパネルの個人宅への導入がブームになったことがありましたが、そのブームが続かなかった背景には、

電力売買の煩わしさという大きな問題がありました。

しかしながらPower LedgerのP2P取引の活用により、ソーラーパネルを所有する個人が仲介業者を介さずに、

直接近隣住民などに電力を売ることができるため、仲介業者の中抜きによって、

ソーラーパネル保有者の個人間電力販売による利益も増大することが予期され、ソーラーパネルの普及ひいては再生可能エネルギーの普及が見込まれます!

自然に優しい社会の実現とはまさにこれですね!

また風力、ソーラーなどどの発電システムから発電された電力を購入するかという選択肢も顧客には与えられていて、
さらには一度ログインさえすれば電力使用量などの電力取引の内容が全て閲覧できるようになっています。

ここまで作りこまれているとはPower Ledger恐るべしですね!

2種類のトークン利用による電力料金安定化

Power LedgerプラットフォームにおいてPower Ledger(POWR)のトークンともう一つSparkzという別のトークンが利用されます。

前者のPower Ledger(POWR)はプラットフォームを動かすためのイーサリアムベースのトークンで、P2P取引での利用や、
他の10種類あまりのPower Ledgerのアプリにアクセスにおいて利用されます。

その一方で、後者のSparkzは、市場間の電力に互換性を持たせるためのトークンになります。

電力料金というのは、どこの取引所から買ったのかによって価格が大きく変化するため、ボラティリティが高くなってしまいがちですが、

それとは別に、電力単位での価値をSparkzで表すことによって不安定な電力料金の安定化を図っています。

価値安定化を図るために、一つのプラットフォーム内において複数のトークンを利用する手法にはFactomなどの例があります。

FactomにおいてはFactoid(FCT)とEntry Creditという2種類のトークンが使われ、価格の安定化が図られています。

マイクログリッドシステムの採用

Power Ledgerはマイクログリッドという地産地消型供給システムをネットワーク管理のために採用しています。

細かく言うと、マイクログリッドとは大規模発電所の電力供給に頼らず、コミュニティでエネルギー供給源と消費施設を持つことで

電力エネルギーの地産地消を目指すような小規模なエネルギーネットワークのことです。

これを利用することによってPower Ledgerのプラットフォーム内において、

格段に精度の高い電力計量、ビッグデータの収集などの実用面での能力だけでなく、送電コスト削減による環境への配慮がなされています。

かなりざっくりとした説明になってしまったので、マイクログリッドについてもっと詳しく知りたい方は、下記のリンクをご参考ください。

マイクログリッドとはいったい何のこと?分散型電源で地産地消!

 

PowerLedger(POWR)パワーレジャーの開発者は?

上の社員で一番右側の写真の共同経営者David Martin氏は電力産業において20年のキャリアを積んできた実力者です。

また一番左の写真のBill Tai氏はベンチャーキャピタリストとして名を馳せており、ボードアドバイザリーとして経営を支えています。

世間にはなかなか知られていない方々ですが、事業自体としてはスケールする可能性が非常に高いと考えられるので今後の動向からは目が離せませんね!

PowerLedger(POWR)パワーレジャーのチャートは?

PowerLedger(POWR)パワーレジャーの将来性は?

最近では、電力にまでブロックチェーン技術が導入されてきており、
今の人々の生活をも変えうるポテンシャルを秘めています。

例えば、ネトビジ!でも以前取り上げたEnergy Mineは非常によくできたビジネスモデルで、
儲ける仕組みと社会へ還元する仕組みが綺麗にハマっていますので、拡大はもう目前でしょう。

ある種関連したビジネスのPower Ledgerも急拡大していくポテンシャルは確実に持ち合わせていると言っても過言ではないのではないでしょうか?。

ICO・仮想通貨Energi Mine(ETK)エナジーマインとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

PowerLedger(POWR)パワーレジャーはやめるべき?

パワーレジャーは最近のニュースによると、西オーストラリアの国営小売業「Synergy」と提携し、オーストラリアにおける電気自動車充電のためのブロックチェーンでの取引環境を整備し、導入を行おうとしています。

またタイにおいてP2Pのエネルギー取引を提供するという契約を、タイ最大の独立ソーラー発電事業者で、タイや日本へ電力供給を行う「BCPG」と既に交わしています。

以上のように開発やビジネス成功に向けた取り組みには積極的な姿勢が感じられるため、将来に期待できる希少なアルトコインなのではないでしょうか?

参考 Energy company Power Ledger trades on innovationThe West Australian 参考 Power Ledger Signs Agreement With BCPG To Bring Distributed Renewable Energy Trading To Thailand!Medium.com

PowerLedger(POWR)パワーレジャーはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、Power Ledger(POWR)パワーレジャーは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!
ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

オススメする理由はもう一つ。

現在、Power Ledger(POWR)パワーレジャーのほとんどはBinance(バイナンス)を経由して購入されています。
もし今後期待感が高まれば、Binance(バイナンス),Bitfinex, Bitflyerなどの大手取引所への上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

Power Ledger(POWR)パワーレジャーを購入して、共に億入り人を目指しましょう!

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所