仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

イーサリアム創設者 Vitalik Buterinが来日!政府関係筋との会談も!?仮想通貨の未来とは?

2018年3月28日(水)東京大学の伊藤謝恩ホールにてイーサリアム・ジャパンのMeetupイベントが開催されました! Vitalik Buterinが当イベントに出席。仮想通貨界の天才は何を語ったのか?!

Vitalik Buterinとは?

Vitalik Buterin (born January 31, 1994. Russian: Виталий Дмитриевич Бутерин) is a Russian-Canadian programmer and writer primarily known as a co-founder of Ethereum and as a co-founder of Bitcoin Magazine.
出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Vitalik_Buterin

Vitalikは、1994年生まれのロシアンカナディアンプログラマーで、現在時価総額2位のイーサリアムを開発しました。
現在24歳。


出典:https://about.me/vitalik_buterin

Twitter上のプロフィールには、
Username:Vitalik “Not giving away ETH” Buterin
Location:Earth
Website:https://vitalik.ca/


すでに天才感がすごいですね笑
先日のイベントでも、独特の雰囲気・言葉遣いを使い、観客を魅了したそう。

ビットコインは、非常に匿名性が高く、誰が開発主なのか不明なのに対し、
イーサリアムは真逆のアプローチを取ってますね。

天才が牽引するブロックチェーン技術。
次世代のテクノロジーはどこまでスケールするのか?
今回の訪日では何を語ったのか?

ネトビジ!で徹底解説していきます!

Ethereum(ETH)イーサリアムとは?

Vitalikを知るには、まずイーサリアムについて知らなければなりません。
まだご存知ない方はこちらをチェックしてみると良いでしょう!!

仮想通貨Ethereum(ETH)イーサリアムとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

Ethereum(ETH)イーサリアムを購入できるオススメの仮想通貨取引所

参考 Ethereum(ETH)イーサリアムをBinanceで購入するBinance 参考 Ethereum(ETH)イーサリアムをGMOコインで購入するGMOコイン 参考 Ethereum(ETH)イーサリアムをBitFlyerで購入するbitFlyer

イーサリアムジャパンとは?

ブロックチェーン管理者や、多くのデベロッパーを招集し、イーサリアムを後援する会として設立されました。

2018年3月28日に第一回Meetupが開催され、300人分のチケットは即日完売。
仮想通貨への注目度の高まりを感じます。

Meetup #2があるかもしれませんので、Ethereum Japanのウェブサイトはチェックしておくべきでしょう!
Peatix イベントページより引用↓

ΞΞ About / このイベントについて
The first Ethereum Japan Community Meetup is organized by the first Ethereum community in Japan( https://ethereumjapan.org/ ), supported by the Ethereum Foundation, aims at promoting technology exchange and connecting Ethereum developers with the local community members, as well as creating opportunities for Japanese community to understand how Ethereum can shape the future.
This is the first official Ethereum community meetup in Japan: Come join us and let’s make the first and big step of the story of Ethereum in Japan!
日本のイーサリアムコミュニティ( https://ethereumjapan.org/ )が、イーサリアムファウンデーションの後援のもと、日本初のコミュニティミートアップを東京で行います。
ファウンダーのVitalik Buterinも来日し、イーサリアムのコアデベロッパーが一堂に会するイベントとなります。
2018年3月28日、ともに日本でのイーサリアムの歴史を作っていきましょう!

来日の目的は?

前回2016年の来日から2年。Vitalikが再来日しています。

Vitalikが唯一神と崇めるビットコイン創設者のサトシナカモトが生まれた日本に、何か強い思い入れがあるそう。

今回はEthereum JapanのMeetup、コインチェック事件の原因究明、また金融庁や経済産業省との会談のため来日したようです。
イーサリアム財団の事務局長についた宮口さんが常に同行していました。

Ethereum Japanでは、何を語ったのか?

“Future with Ethereum”

について講演を行ったと言います。
以下に記載した3点、Casper FFG/Plasma/Shardingというイーサリアムのアップデートを公開しました!

Casper FFGへの移行

イーサリアムは現在Proof of Work(PoW)をコンセンサスアルゴリズムとして採用していますが、
これをProof of Stake(Pos、通称Casper FFG)に移行しようとしています。
というのも、PoWは電力消費が破壊的で、環境負荷が強すぎると言います。

イーサリアムを次世代のテクノロジーとして普及して行くために次々と改善を繰り返しているようです。

Plasma

プラズマはイーサリアムのブロックチェーンを階層化することによって、トランザクションに必要な情報量を大幅に削減するというプロジェクトです。
3月上旬にパリで行われた開発会議にて激しい議論が行われていたようです。

長谷川潤氏が代表を務めるブロックェーンプロジェクト、OmiseGoが実装に向けて開発を進めているということで、
日本で、Plasmaについて詳しく講演されたようですよ。

Sharding

Shardingを行うことで、一度に処理できるトランズアクション数を大幅に増やせることが期待されています。
トランザクションを増やせば、現在よりもはるかに処理能力の高い、ブロックチェーンを生み出すことができるそう。
さすが、時価総額ランキング2位で、技術的には世界1位と言われるイーサリアムらしいですね。

政府関係筋との会談?

イーサリアム創業者のVitalikが、日本の外務大臣である河野 太郎氏が会談したと言います。
何を話したかは非公開ですが、
仮想通貨の法整備をはじめ、仮想通貨外交(各国との仮想通貨へ対する規制など)についても議論したのでしょう。

経済産業省・外務省など、様々な省庁と密な会談を行ったようです。

ちなみに、スタートアップの祭典、3月28~29日で開催されたSlush Tokyo 2018では、イーサリアム財団Executive Directorの宮口氏が登壇されたそうですよ!
RippleのCTOや、IoTAの開発者らも登壇したようで、日本の仮想通貨への注目度の高まりを強く感じます!

仮想通貨の未来とは?

Vitalikは自身のTwitterで、仮想通貨の価値はほとんど0に近いレベルまで下がる可能性があると発言しています。

未だ、仮想通貨は変動リスクの高い資産で、いつでもゼロに近い価値に下がる可能性がある。失っても良いお金だけを投資するように。
もし、投資できる余力があるなら、未だ伝統的なアセット(株や国債など)がもっとも正しい選択だ。

未だ仮想通貨は完全に実用化されているフェーズではなく、現物資産にはなり得ない。
本質的な価値に依らず、トレンドで高騰・下落してしまうこともあるため、投資は注意して行いましょう。

仮想通貨投資を始めるには?

ネトビジ!では初心者の方にBinance(バイナンス)をオススメしています。
最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですし、
取引高世界1位という実績も非常に信用できます。

仮想通貨は非常にハイリスクですが、同時にハイリターンも見込めますので、
投資する際は慎重に、十分に調べてから決断しましょう!!

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所