仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨YOYOW(YOYO)ヨーヨーとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

良い記事が適切に評価される仕組みを創る。
「YOYOW:You Own Your Own Words」を目指す仮想通貨YOYOWの未来とは??

YOYOW(YOYO)ヨーヨーとは?

YOYOWは、「You Own Your Own Words」の頭文字をとって誕生しました。
直訳すると、「自分の言葉を保有する」という名前ですが、
良い記事が適切が評価される仕組みを作ろうと開発を進めています。
自分の発した言葉の権利は自分に帰属することを強調した通貨です。

少し開発に関するお堅い話をすると・・・
YOYOWは、POT(Proof of Taste)というアルゴリズムを利用したブロックチェーンベースのコンテンツ報酬ネットワークで、
中国Bitsharesコミュニティのシニアメンバーによって開発されました。

*Bitshares:ビットコイン2.0プロジェクトの一つであり、主にビジネス分野での発展を主眼とした分散型金融プラットフォームの名称である。
引用:ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/BitShares

アメリカのSteemit、ロシアのGolosと類似しているような印象を受けます。
ざっくりと言えば、その中国版ですね。

通貨ブームに乗って、同種の通貨が乱立しているので、差別化と技術力の高さがキーになりそうです。

現時点ではブログのような感じで、画像や音声データ、動画など投稿して、
読者から支持を得たコンテンツに対して、適切な報酬(YOYOWトークン)が支払われる仕組みになっています。

YOYOW(YOYO)ヨーヨーの特徴は?

ブロックチェーン技術を利用して、透明性の高い評価システムを構築しています。
さらに、YOYOWはユーザーの貢献度を定量化し、金銭や株式で報酬を支払うことができるよう。
開発者がbitsharesコミュニティー出身ですので、ブロックチェーンをどのように実用化していくのか、
見ものですね!

ブロックチェーン技術

YOYOWには、分散型セキュリティ、プライバシー保護、ユーザーによる完全な制御など、ブロックチェーン技術のすべての利点が備わっています。

コンテンツインセンティブ

YOYOWはコンテンツクリエイター、スプレッダーに報酬を与えるPOT(Proof of Taste)アルゴリズムを採用し、第三者のプラットフォームも報酬を受け取ることができます。

複数のコンテンツタイプ

YOYOWにはテキスト、写真、ビデオが受け入れられ、YOYOWのコンテンツはtwitter、ブログ、Quora、フォーラムなどで共有することができます。

YOYOW(YOYO)ヨーヨーのデモページは?



YOYOW デモページ

現在は、SNSというよりブログのような形をとっています。
ちなみに、一番上の記事に注目していただければ、お分りいただけると思いますが、
87232.2 yoyoとポイントが付いています。

記事の評価が公平なプロセスで行われ、ヨーヨートークンが支払われています。

他の仮想通貨と同様にトークンは法定通貨との変換が可能ですから、
お金をもらうのとほぼ同じ感覚に思っていただいて間違い無いと思います。

YOYOW(YOYO)ヨーヨーの開発者は?

メイン開発者はQiang Liu氏です。
「ビットコイン2.0」を目指すBitshares出身のCEO、エンジニア、博士号を保有するデベロッパーらが集まり、開発をしています。

またQiang Liu氏は

「BitfinexにYOYOトークンを上場することは、コンテンツ制作者、投資家、キュレーター、消費者、コンテンツプラットフォームビルダー向けの分散型ブロックチェーンベースのコンテンツ報酬ネットワークを構築するビジョンを達成する重要なマイルストーンです。」

と発言しています。

ので、今後、様々な取引所に上場申請をし、
開発を急速に進めていきたい、という思いが垣間見えます。

Bitfinexへの上場、新興の取引所への拡大が今後も続いていきそうです。

YOYOW(YOYO)ヨーヨーの開発計画は?

現状の機能をアップデートさせながら、
モバイルユーザーを強化するため、Google Play、Apple Storeにてローンチ予定です。

その後は、他の類似通貨と同じように、
YOYOWプラットフォーム上で動くアプリケーションを充実させていくようです。
グロースの部分ですね。

非常に有望なチームですので、楽しみにしています!

YOYOW(YOYO)ヨーヨーのチャートは?

CoinMarketCapより引用
仮想通貨の上昇トレンドがピークを迎えた2017年12月には、
約25倍の値上げを記録しました。

他の通貨の暴落に伴い、価格も変化していますが、
現在は約2倍の上昇に落ち着いています。

今後に期待です。

YOYOW(YOYO)ヨーヨーの将来性は?

Youtubeにはこのような解説動画が次々にアップロードされています。
期待感の高まりを反映していると言えるでしょう!
投資を検討されている方はぜひご覧ください!

“ I have recently come across YOYOW (YOYOW) and find it to be quite interesting. I really do think this coin has huge potential and I really hope you watch along as I do a bit of research as to what this coin and company is all about. Please enjoy. ”
「最近、YOYOWを見つけたんだ。とても面白い通貨みたいだね。ポテンシャルもありそう。詳しくはこのビデオで解説しているからみてみてね!」

引用:Youtube 製作者コメント

もともとYOYOWはBinance(バイナンス)には上場しており、このまま伸びていきそうな銘柄の一つでした。
ただ、みなさんご存知の中国のICO問題が起こり、その影響を受けてしまったのです。
結果、YOYOWがBinance(バイナンス)の上場廃止が決定していましました。

その後、再上場を果たしたようですが、
一時的には信用をなくしたせいで最近まで苦戦を強いられていたようです。

それから間も無くしてのbitfinexの上場。そして開発の強化や、CEOの上場へ向けての発言。
不屈の精神で、今後勢いついていく通貨な気がしています。

YOYOW(YOYO)ヨーヨーはやめるべき?

中国の仮想通貨リスクは一切予測ができませんので、正直なところよく分りません。
しかし、アメリカのSteemitやロシアのGolosと比較すると、この分野はこれか伸びていくことが間違いのないようにも思えます。

投資される場合は、ご自身でよく調べること、
また中国リスクを考慮することを肝に銘じるようにお願いいたします。

中国の仮想通貨は、母集団がでかいため、
成功と失敗が明らかに露呈します。
どちらにせよ、長期ホールドを前提に考えていきましょう!

YOYOW(YOYO)ヨーヨーはどの取引所、販売所で買うの?

私は取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)を非常にオススメしています。
残念ながら、仮想通貨YOYOW(YOYO)ヨーヨーは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!
ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

最後に・・・仮想通貨YOYOW(YOYO)ヨーヨーはICOから堅実な上昇を続けてきた通貨で、長期的に成長が期待できます!
なんとほぼ全ての通貨が暴落したビットコイン暴落の際も、値を下げなかった最強コインです。

それぞれの価値観で、割高・割安というのはもちろんあるとは思いますが、 僕みたいな長期保有者にとっては正直そんなの大した金額差ではありません。 2年後・3年後に利益ベースで億入り人になる!と考えているならば、今すぐに買ってしまった方が良いでしょう。

仮想通貨YOYOW(YOYO)ヨーヨーを購入して、爆益をあげながら、共に未来を創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所