ICO終了!仮想通貨HoToKeN(HTKN)ホットークンとは?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

こんにちは。ノマド・若(ワーカー)です。大手日系企業と提携!?久しぶりに現れた実需ベースの仮想通貨プロジェクト!

ノマド・若

HoToKeN(HTKN)ホットークンとは?

通貨名 HoToKeN
通貨略称 HTKN
開発国 タイ王国
総コイン数 3,000,000,000
発行会社 Axion Ventures
プロトコル ERC20
公式サイト HoToKeN
 Twitter HoToKeN Twitter

HoToKeN(HTKN)ホットークンの特徴は?

ERC20プロトコル

ERC-20というのは、イーサリアムプラットフォーム上で開発された通貨の規格のことで、
20番目に決められたスペックのため、ERC20トークンと言われています。

イーサリアムのプラットフォームを利用することで、ブロックチェーンの安全性がある程度担保され、
通貨の信用度が増すと言われています。
またイーサリアムの技術をベースにスピード感を持って開発できると言われています。

クーポン×ゲームの新領域

HoToKeNのメインプロダクトは、
クーポンとゲームを組み合わせた「HotNow」という珍しいアプリになります。
日本のホットペッパーとゲームを組み合わせたようなもので、
ゲームをしながら良い成果をあげると、クーポンがもらえる仕組みになっています。

ゲームの勝敗が現実世界の価値として落とし込まれているようなサービスなので、
とても面白そうですね!

ユーザーに対してのアクティブユーザー率がとても高そうで、期待できます!

子会社同士で相互補完

親会社がAxion Venturesということもあり、
HotNowにインテグレートされるゲームは、Axion Games Limitedが提供しています。
なかなか面白いアプリまみれですね。

こちらでポイントを稼ぎ、それを現実世界でも使えるようにしています。

以下が特に有名なゲームの参考ビデオです。

Fat Princess

Rising Fire Open Areas & Field Maps

MARS VR GamePlay

HoToKeN(HTKN)ホットークンの親会社

Axion Ventures Inc. – Supporting Innovationが親会社につき、
J. Todd BonnerがchairmanとしてHoToKeN(HTKN)ホットークンに関わっています。

HoToKeN(HTKN)ホットークンのビジネスモデル


ホットークンがプラットフォーマーとなり、それに介在するようなサービスで、
HTKNトークンの利用を促すモデルでしょう。

タイ国民の90人に1人が利用しているサービスのようで、
課金し始めればすぐにでもスケールするようなプラットフォームに成長してきています。

後ほど詳しく記述しますが、
多くの日系企業も提携をしており、今後も期待のサービスです!

HoToKeN(HTKN)ホットークンのアプリ

Apple Store/Google Playにて、すでにアプリがローンチされており、
日本からでもダウンロードができます。

プロダクトドリブンなプロジェクトは結局のところ、
ユーザーが使うかどうかがポイントです。

自分の目で使って、確かめるのがもっとも良いかと思われます!

HoToKeN(HTKN)ホットークンの開発者は?

J. Todd Bonner

ChairmanのJ. Todd Bonnerは、会長としてその存在感は抜群です。
スタンフォード大学を卒業したのち、シリアルアントレプレナーとして成功を納めています。
前職では、日本でも就労経験があり、アジアマーケットを知り尽くした最強のChairmanでしょう。

プロフィールによると、彼が投資した企業で、IPOまでたどり着いた案件は30を超え、
目を見張るような成績を納めています。
HoToKeN(HTKN)ホットークンも、彼がCEO&Chairmanを務めるAxion Ventures Inc.より投資を受けており、
非常に強力なトップ人材でしょう。

Nithinan Boonyawattanapisut

CEO&FounderのNithinan Boonyawattanapisutも、シリアルアントレプレナーであり、
現在は、J. Todd BonnerのAxion系列企業にて、CEOを務める傍、自身でも複数の企業を経営しているそう。

多動力の塊のような、女性CEOです。

Prachya Gorpaisarn

Chief Technology OfficerのPrachya Gorpaisarnは、若いながら、すでに10年以上のソフトウェアエンジニアとしての実績があり、
事業領域は多岐にわたっています。
アプリを作ることもあれば、バンキングシステムの開発をすることもあるようで、
エンジニアとしてとても期待できる人材です。

HoToKeN(HTKN)ホットークンのチャートは?

ICO終了直後ですので、チャートはありません。
しかしICOが成功していること、開発者も、投資家陣も十分なことから、
どこかの有名取引所への上場は秒読みです。

勝機を逃さぬよう、アンテナを張っておくと良いかもしれません。

HoToKeN(HTKN)ホットークンの将来性は?

ICOが成功

HoToKeN(HTKN)ホットークンのICO評価


ICO評価は悪くないですね。

評価が厳しいと言われるICO BENCHで、3.9 ですので、
ある程度信用できる通貨であると言えそうです。

世界の大手企業が提携を発表!

吉野家、ミスタードーナツ、パナソニック、天丼てんや、ペッパーランチ、ドミノピザ、サーティーワンアイスクリームなど超有名企業とすでに提携済みです。
Hotokenに多額の出資をしているタイの財閥CPグループが、タイでセブンイレブンのフランチャイズ権を取得しているので、
タイ限定で、セブンイレブンとコラボのクーポンも今後発行されそうです!

HoToKeN(HTKN)ホットークンはやめるべき?

プロダクトがあり、ユーザーも獲得できており、
現実的に稼働する未来が見える、

こんなに理想とするプロジェクトは久しぶりです。

ブロックチェーンを理解することは難しいかもしれませんが、
アプリであれば誰でも評価できます。

最終的にはユーザーが使うかどうかで価格上昇・下落は決まってきますので、
検討されている方は一度アプリを使ってみると良いでしょう!

HotNowアプリ

HoToKeN(HTKN)ホットークンはどの取引所、販売所で買うの?

2018年5-6月に上場予定とされています。
ICOを成功し、実際にユーザーも囲い込めている新興サービス。
今年はこのように仮想と現実世界を繋ぐ実需ベースのブロックチェーンプロジェクトが増えてきそうですね!

タイは日本からの投資も盛んですし、
このプロジェクトはすでに多くの大手日系企業とも提携していることから、
上場した際には、予想以上の価格上昇が予想されています。

本案件はADAコインやノアコインなどを広めてることで有名な泉忠司氏からも強く薦められていた案件。

いまだどの取引所に上場するかは未定ですが、
Twitter等をチェックしておくと良いでしょう!

HoToKeN(HTKN)ホットークンを購入して、共に、億入り人を目指しましょう!!

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所