仮想通貨Spindle(SPD)スピンドルとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

仮想通貨Spindle(SPD)スピンドル

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

 

一生塩漬け。中止に終わったGACKT COIN、スピンドルとは?

 

Spindle(SPD)スピンドルとは?

PR Timesでのプレスリリースより引用いたします。

<SPINDLEプロジェクト事業構想の背景>

現在、全世界における仮想通貨は約数千種類も存在し、仮想通貨全体の時価総額は約67兆円に逹するといわれています。時価総額第一位のビットコインが約37兆円、第二位のイーサリアムは約7.5兆円で、ビットコインとイーサリアムで仮想通貨全体の時価総額の約66%を占めています。(※2017年12月17日時点)

このように社会に浸透しつつある仮想通貨ですが、投資面から見た場合、未だ価格が安定せずボラティリティー(価値の乱高下)が非常に高い状態で、一般の人々がトレーディングするには、ハードルが高いものとなっています。このような背景から、今までにない透明性と公平性を持つ投資・運用プラットフォームとして、SPINDLEプロジェクトは生まれました。

要するに、
今の仮想通貨はほぼ投機目的のみで、実用化が進んでおらず、
結局形骸化してしまってるじゃん!ということ。
だから、そうならない通貨を作りまーす!と言ってGACKTさんが立ち上げたようです。

ちなみに、Spindleは、株式会社BLACK STAR&CO.(本社:東京都千代田区、代表取締役:平井 政光)が運営しています。

こちらでGACKTさん自身が、自身の言葉でブログに綴っています。
仮想通貨事業への想い、一読の価値ありですよ!


出典:GACKTさんオフィシャルブログ

Spindle(SPD)スピンドルの特徴は?

ホワイトペーパーから少しずつ特徴をおさえていきたいと思います!

1 Introduction Fallibilism 可謬主義≒SPINDLE
1.1 現在社会におけるプラトン主義・統制的社会の登場と危機感
1.2 ブロックチェーン及び ICO におけるエコシステムの誤謬・錯覚
1.3 社会構造の鏡面的再現としての SPINDLE
2 STAND ALONE COMPLEX(SAC)
2.1 Smile Man/ Anonymous の実存的意義とその可能性
2.2 SPINDLE における匿名性
2.3 概念的社会勝利者・詐欺師・ハッカー・司法当局の関係
3 レギュレーション
3.1 ランダムな運用者の抽出と Regulation(レギュレーション)
3.2 レギュレーションと Slave(奴隷)
3.3 想定しうる反応 統制経済主義者

こんな具合でホワイトペーパーが書かれています。

よくわからない単語で、ぽいことを言うホワイトペーパーと言うような印象を受けました。
正直何がいいたいのかわかりませんし、内容も全く深くありません。
こんなブログを見つけたので、リンクを貼らせていただきます。
まさに厨二病と言うべきプロジェクトでした。

GACKTコイン(SPINDLE)の中身はただの厨二病

そのせいで、プロジェクトに参加した方々は他通貨への両替も、引き出すこともできずに、
ただお金をばらまいたと言う結果になりました。

ICOは稼げる。こんな噂をよく耳にしますが、
ICOで集まっているお金は、人々が汗水垂らして稼いだお金です。
中途半端に仮想通貨事業に参入されては困りますね。

問題となったプロジェクトページ↓

Spindle(SPD)スピンドルの現状

LINEからZOZOに転身した田端さんは、SPDを購入したものの、一生塩漬け状態に笑

というのも、株式会社BLACK STAR&CO.は仮想通貨交換業者登録していなかったんですね。
そもそものビジョンが形骸化する仮想通貨を新しいものに切り替えるというようなものだったらしく、
そもそも「仮想通貨」交換業者として登録したくなかったという説もあるそうです。

資産が塩漬けになってしまった方々には申し訳ありませんが、なかなかアグレッシブなプロジェクトで非常に面白いですね笑

Spindle(SPD)スピンドルのICOをするためにどうすればよかったのか?

ICOの仕組みによっては、資金決済法や金融商品取引法等の規制対象となるようです。
金融庁が声明を出しています。

ICO事業に関係する事業者においては、自らのサービスが資金決済法や金融商品取引法等の規制対象となる場合には、登録など、関係法令において求められる義務を適切に履行する必要があります。登録なしにこうした事業を行った場合には刑事罰の対象となります。

仮想通貨業者にも関わらず、事業者登録や、Spindleの商標登録すらしていなかったようで、
なかなかチャレンジングなプロジェクトでした。

GACKTさんなら、もう一度くらいチャレンジしてきそうですが笑
今後に期待しましょう!!

なんにせよ、ネトビジ!は面白いプロジェクトが大好きです。
これからも、面白い案件がありましたら、紹介していきます!

法律に関しては、Yahoo Newsに非常に良い記事がありますので、
詳しく知りたい方はこちらから!

Spindle(SPD)スピンドル以外の仮想通貨を購入するには?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!

Binance(バイナンス)に登録して、皆で億入り人を目指しましょう!!

Binance(バイナンス)登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所