仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

こんにちは。ノマド・若(ワーカー)です。今回は投資信託に新たな風を!?仮想通貨Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンをネトビジ!で大解説。今後の業界予測も必見です!

ノマド・若

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンとは?

通貨名 Genesis Vision
通貨略称 GVT
公開日 2017/11/16
時価総額 6,045,160,605円
時価総額ランキング 109
仮想通貨1単位辺りの値段 1,441円
現時点の発行量(供給量) 4195290 GVT
発行上限 GVT
公式サイト Genesis Vision
オススメ取扱取引所 オススメ取引所はこちら

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンとはずばり、

ブロックチェーン技術とスマートコントラクト技術を用いて個人の投資信託を管理するプラットフォームを提供するプロジェクトです。

現在、投資信託投資には運用の不透明性やトレーダーの信頼度が可視化されていない事など、不透明性に関する課題が複数存在しています。

ざっくり言えば、そのような投資信託の不透明性をブロックチェーンとスマートコントラクトを用いて改善しようというのがGenesis Visionの目指すゴールです。

また透明性の問題への対処以外にも、Genesis Visionを用いて、従来よりも細かいポートフォリオを組むことができます。

それではGenesis Visionの特徴を詳しくみていきましょう!

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンの特徴は?

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンはブロックチェーンで資産管理・投資を行う

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンでは投資家によって預けられた資産の管理・投資をブロックチェーンを用いて行うプラットフォームです。

ブロックチェーン技術に詳しい方ならご存知かと思いますが、ブロックチェーン上に記載された取引は分散型台帳としてパブリックに公開されます。

つまりGenesis Visionのブロックチェーン上に記載された取引内容は改ざん不可能であり、

誰でも見ることができることで高い透明性があると言えます。

これにより、悪意ある投資家によって資産内容を勝手に書き換える行動や、

悪意ある資産マネージャーの投資家に損をさせるような行動を抑制することができます。

またGenesis Visionでは預けた資産が今何に運用されているのかについて確認が可能です。

従来の投資信託では預けた自分の資産が実際どのように運用されているかについて知ることはできませんでした。

Genesis Visionは従来の投資信託を大きく変えるシステムを持っていることが分かりますね。

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンはスマートコントラクトで利益配分を行う

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンはブロックチェーン技術の他に、スマートコントラクトを搭載しています。

スマート・コントラクト(Smart contract)とは、契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコルである。スマートコントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。

スマートコントラクトは簡単に言うと、

契約をプログラムに変えてブロックチェーン上に記載することで、契約の履行を自動化する仕組みです。

自動執行により契約の履行の透明性を保障することができます。

従来の投資信託は配当金の根拠が不透明であったり、利益分配がストップするなどのトラブルが少なからずありました。

Genesis Visionはスマートコントラクトを利用して利益分配を行うため、

事前に分配率を設定することにより、自動的に利益の分配が公正に行われます。

Genesis Visionでは関係者の恣意的な行動を許さないということが分かりますね。

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンは投資信託関係者全員にメリットがある

投資信託に関係するアクターは主に投資家・マネージャー(運用者)・ブローカー(投資仲介業者)の3者です。

Genesis Visionでは、プラットフォームにおいてマネージャーが挙げた実績や評価が公開され、

そのような情報をもとに投資家がマネージャーを選ぶことができます。

イメージとしては食べログにおける店舗の評価を想像していただければわかりやすいと思います。

この仕組みによってGenesis Vision関係者は以下のようなメリットを得られます。

投資家

  • 運用・利益分配の透明性の確保
  • 儲かっているマネージャーに投資委託できる
  • 希望のポートフォリオを組むことができる

マネージャー

  • マネージャー間競争が明確になるため、自分の優位性を投資家にアピール可能
  • 透明性の確保により、投資家が安心して投資できるため、より多くの資金を運用できる
  • 管理手数料・トレードによる利益が得られる

ブローカー

  • マネージャーの履歴を使うことで投資家の誘致を効果的に行える
  • Genesis Visionによる取引量の増加

投資信託関係者に対して明確にメリットを提示できるのはトークン購入を検討している人にとっても分かりやすく、

購買意欲を高めてくれる要因といえます。

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンのチャートは?

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンは2017年11月の公開時には1GVT=$42であり、

2018年1月の仮想通貨バブルが起きた時には1GVT=$42を記録しました。その後は緩やかに価格は下落を続け、

2018年8月現在は1GVT=$7~10で推移しています。

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンの将来性は?

ネトビジ!としてはGenesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンの将来性は長期的にあると考えます。

Genesis Visionの取り組んでいる投資信託の不透明性完全は、

投資家やマネージャーなどの関係者に利益をもたらすため、一気に利用が加速する可能性もあります。

またこれといって大きな障害となる外部要因も予想されず、

技術的にも独自技術というよりもブロックチェ―ンとスマートコントラクトという既に有用性が確認されている技術を用いているため、

開発も順調にいくのではないかと考えます。

開発状況としては現在Genesis Visionプラットフォームのアルファ版アプリケーションがリリースされています。

2018年中にベータ版を発表、早ければ2019年にバージョン1.0がリリースされる予定とのことなので、

今後の情報のアップデートをチェックしていくべきでしょう。

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョン はどの取引所、販売所で買うの?

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンはどの取引所、販売所で買うの?
日本国内においてGenesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンを取り扱っている取引所は、残念ながらありません。

Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンは以下の海外取引所で購入可能です。

Binance
Kucoin
Hitbtc

まずは国内の取引所からビットコイン(BTC)やETH(イーサリアム)などを購入し、Binanceなどの海外の取引所に送金して、Genesis Vision(GVT)ジェネシスビジョンを購入する(正確には両替)必要があります。

国内の取引所にはネトビジ!ではGMOコインの利用をお勧めしています!

GMOコインには売値と買値の価格差が少ない、あらゆる手数量が無料、アプリで簡単取引が可能といった多くのメリットがあります!

まだGMOコインを開設していない方はGMOコインのアカウントを開設しておきましょう!!

GMOコインの開設方法はこちらです!
最短1日で取引開始!GMOコイン登録方法・メリット・デメリット・手数料・セキュリティ・アプリまとめ

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所