仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Agrello(DLT)アグレロとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

こんにちは。ノマド・若(ワーカー)です。世界の契約書の在り方を変える!?仮想通貨Agrello(DLT)アグレロをネトビジ!で大解説。今後の業界予測も必見です!

ノマド・若

Agrello(DLT)アグレロとは?

通貨名 Agrello
通貨略称 DLT
公開日 2017/09/10
時価総額 325,719,301円
時価総額ランキング 465
仮想通貨1単位辺りの値段 3.79円
現時点の発行量(供給量) 85978873 DLT
発行上限 - DLT
公式サイト Agrello
オススメ取扱取引所 オススメ取引所はこちら

Agrello(DLT)アグレロとはずばり、法的拘束力を持つ契約書を誰でも簡単に作成し、

契約締結までを実現させるプラットフォームの作成を目指す仮想通貨プロジェクトです。

契約は不動産やローン、保険、労働規約など多岐にわたって存在しますが、

すべての契約について網羅的に理解している人は殆どいないというよりほぼ皆無でしょう。

契約書に書かれている法的規定は無数であり、一般的な人々にとって法律は極めて専門的で難解なものであると言えるでしょう。

ほとんどの場合、専門家によるサポートがなければ法的な根拠を持つ契約書の作成すらままなりません。

Agrelloはこのような問題に対し、誰でも簡単に契約書が作成できるようにプラットフォームを提供します。

この説明だけではざっくりしすぎていて戸惑いますよね。

特徴を詳しくみていきましょう!

Agrello(DLT)アグレロの特徴は?

Agrello(DLT)アグレロは契約書類作成から締結のトータルサポートを行う

Agrello(DLT)アグレロは法律に詳しくない一般人の方々のために、

契約書作成から締結までのフローをトータルサポートします。

主な作成フローは以下のようになります。

  • AIアドバイザーによる契約書の内容作成
  • 法的な強制力を持つ書類の作成
  • デジタル署名により本人確認と契約の合意を証明

それでは順番に見ていきましょう。

AIアドバイザーによる契約書の内容作成

Agrello(DLT)アグレロに登録するとユーザーには、

法律に関する専門的知識を持ったAIの専属アドバイザーが付きます。

専属AIは契約に関するアドバイスの他にも、スマートコントラクトの管理・契約書類作成・契約履行といった一連の作業を担当します。

スマートコントラクトとは?
スマート・コントラクト(Smart contract)とは、契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコルである。スマートコントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。

契約書に関する法律知識のアドバイスと一連の事務作業をAIが引き受けることにより、

法律の専門家に依頼するコストをすべてカットすることができ、利用者にとってはかなりお得です。

また一長一短ではありますがAIをつかうことにより、人的ミスを防ぐことができます。

法的な強制力を持つ書類の作成

契約書を作成する際にAIはプログラミング言語と自然言語(人間の言葉)の2種類の契約書を作成します。

スマートコントラクト関連通貨でもっとも高い時価総額を誇るイーサリアムは、

プログラミング言語にSolidytyというあまり知名度の高くない専門的な言語を採用しています。

それゆえにイーサリアムのスマートコントラクト開発に携われるエンジニアが不足しており、

スマートコントラクトの技術普及速度を減速させています。

AgrelloのAIシステムが完成してしまえば、スマートコントラクトの利用方法の方向性を示すことができるため、

今後一気に注目される可能性もあります。

デジタル署名により本人確認と契約の合意を証明

プログラミング言語によって書かれた書類はブロックチェーン上に記録され、マイニングによる承認が行われます。

また自然言語によって書かれた書類にはデジタル署名がなされ、法的拘束力を持ちます。

デジタル署名とは?
デジタル署名とは、電子文書の正当性を保証するために付けられる、暗号化された署名情報のことである。電子商取引をする場合などによく利用され、文書の作成者本人であることと、途中で文書が改ざんされていないことを証明する。

このようなフローをたどって、Agrelloによって契約書の作成から契約の締結までが達成されました。

Agrello(DLT)アグレロはクラウドでアプリを提供している

Agrello(DLT)アグレロはソフトをダウンロードするのではなく、

インターネットのクラウド上において利用が可能です。

AgrelloはSaaSというシステムを利用することにより、

第三者のアプリケーションの中にAgrelloのシステムをくみ込んで稼働させることができます。

SaaSとは?
SaaSとは、Software as a Serviceの略称。クラウドで提供されるソフトウェアのことを指す。現在では、一般的にクラウドサービスというとSaaSを指す。

一般の人々が誰でも簡単に契約書を作成できるというビジョンに非常に沿っていると言えるでしょう。

また基本的ないくつかの形をした契約書テンプレート以外にも、

第三者が自身が作成したテンプレートをクラウド上のシステムにアップロードすることもできます。

アップロードされたテンプレートはシステム内において利用され、

多く利用されたテンプレートは高く評価されることでDLTでの報酬を受け取ることができるというインセンティブも用意されています。

Agrello(DLT)アグレロのチャートは?

9月の上場時には1DLT=$0.4でしたが、仮想通貨バブルが起きた2018年1月には1DLT=$1.26まで上昇しました。

その後は徐々に価格下落し、2018年8月現在は1DLT=$0.04~0.05で推移しています。

Agrello(DLT)アグレロの将来性は?

ネトビジ!としてはAgrello(DLT)アグレロの将来性は微妙、、と考えます。

そもそもAgrelloは完全版のサービスをリリースしていないというのが上の理由です。

公式の発表によると、2020年にAgrelloの完全版がリリースされる予定であるとのことです。

2018年中にAgrelloのデジタル契約プラットフォームの特別版がリリースされるとのことなのでそこには注目したいですね。

契約というのは全世界どこででも毎日起きていて人々の生活にとってなくてはならないものであるため、

プロダクトの出来によっては大化けする可能性はあるでしょう。

しかしながらAIによってほぼ作られた契約書によって法的に人を拘束するというのは、

なかなか契約関係者にとって高いハードルでしょう。

定着するまでにはかなりの時間を要しますし、法律関係の利益団体による既得権益を守る運動も起きてしまう可能性があります。

実現すれば大きな反響があるでしょうが、なんにせよ長期のプロジェクトになることは確実であるので、

長期的に高騰すると予測する方にとっては購入する価値はあるのではないでしょうか?

Agrello(DLT)アグレロはどの取引所、販売所で買うの?

日本国内においてAgrello(DLT)アグレロの取引所は残念ながらありません。

Agrello(DLT)アグレロは以下の海外取引所で主に購入可能です。

Binance
Hitbtc
Mercatox
Yobit
Ether delta

海外取引所では大手ですでに信頼を獲得しているBinanceの利用をお勧めします。

購入手順としては、まずは国内の取引所からビットコイン(BTC)やETH(イーサリアム)などを購入し、Binanceなどの海外の取引所に送金して、Agrelloを購入する必要があります。

国内の取引所にはネトビジ!ではGMOコインの利用をお勧めしています!

GMOコインには売値と買値の価格差が少ない、あらゆる手数量が無料、アプリで簡単取引が可能といった多くのメリットがあります!

まだGMOコインを開設していない方はGMOコインのアカウントを開設しておきましょう!!

GMOコインの開設方法はこちらです!
最短1日で取引開始!GMOコイン登録方法・メリット・デメリット・手数料・セキュリティ・アプリまとめ

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所