仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンとは?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンとは?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

こんにちは。ノマド・若(ワーカー)です。資産家に超朗報!?将来性が期待される仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンをネトビジ!で大解説。今後の業界予測も必見です!

ノマド・若

ずばりAidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンとは?

通貨名 Aidos Kuneen
通貨略称 ADK
公開日 2017/06/09
時価総額 ¥? (2018年8月15日時点)
時価総額ランキング ?
発行上限 25,000,000ADK
公式サイト Aidos Kuneen Official
Twitter Aidos Kuneen

ずばりAidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンを一言で表すと、

ブロックチェーンとは異なる技術を使用した匿名性が高い手数料無料の仮想通貨」です。

Aidos KuneenではIOTAなどが使用しているDAGを元に開発されたi Meshという技術を採用しています。

DAGの特徴を引き継いでいるため、取引増加に伴うスケーラビリティ問題にも対応可能であり、

IOTAなどと同じように、取引手数料無料高速取引が実現できます。

また匿名性についても独自の匿名化技術「AKShuffle」の開発がなされています。

ではAidos Kuneenの特徴をもっと探ってみましょう!

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンの特徴は?

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンはDAGを採用している


Aidos Kuneenは前述の通り、ブロックチェーンではなくDAGを基にしたi Meshを採用しています。

DAGとは?
DAGとは、有向非巡回グラフというグラフを表す言葉で、「Directed Acyclic Graph」の略称。簡単に言うと一方通行で巡回しないグラフのこと。

もともと数学の分野で使われていたDAGの概念が仮想通貨でも使われDAGと同じ名前で呼ばれています。

上の定義によって得られるDAGの特徴は以下の通りです。

DAGの特徴

  • 同時に複数の取引処理が可能
  • ブロックサイズの制限なし
  • ブロックは2つ以上でも問題なし

このDAGを基に開発されたi Meshは上の画像のような網目(メッシュ)構造を形成しています。

ブロックチェーンでは前の取引が承認されなければ、そのあとの取引も承認されないため、

トランザクションの渋滞が起きてしまうことがあります。

しかしi Meshでは網目状の構造のために、

網を伝って情報が高速で伝わって取引処理が行われるため、

送金スピードが速くスケーラビリティ問題にも対応できます。

スケーラビリティ問題とは?
スケーラビリティ問題とは、通貨のブロックサイズがボトルネックになって、1ブロックに書き込めるトランザクションの数が限られ、データ処理速度が遅くなるために、送金に時間がかかってしまう問題です。

このためAidos KuneenはDAGを採用したIOTAと同じように、

日常的に行われる少額の大量な取引での使用も難なくこなすことができます。

利用者が増加しても高速送金が保証されていることは、

今後の一般への普及を鑑みても、大きなメリットとなりうるのではないでしょうか?

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンの取引手数料は無料


i Meshでは高速送金・スケーラビリティ問題への対応が可能になっていますが、

そのほかにも無数に行われる少額取引(マイクロトランザクション)での利用では、

取引手数料無料で取引が行えるという特徴が存在します。

ほとんどの仮想通貨では法定通貨よりもかなり安い金額で送金可能ですが、

それは無料ではありません。

いくら手数料が破格に安くても、その取引が無数に行われるとなれば手数料の総額は非常に大きなものになってしまいます。

Aidos Kuneenの手数料は無料のため、

毎日多数の送金を必要とするような企業や銀行などにとって導入を行うメリットは大きいといえそうです。

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンは匿名性が高い


Aidos KuneenはI2P技術の採用により、取引内容を匿名化することができます・

通常の仮想通貨ではブロックチェーン上に書き込まれた取引内容はだれでも確認が可能であるため、

取引に透明性があると言えます。

これはメリットではありますが、コインの裏表の関係でデメリットにもなります。

それは取引関係者のプライバシーが保護されていないということです。

ブロックチェーン上で公開されているその人の個人情報とウォレットアドレスが紐づいた場合、

その人の口座残高が常に公開されている状態になってしまうという大きなリスクも伴ってしまいます。

Aidos Kuneenの現在の主な利用者は、

租税回避などの合法的なマネーロンダリングを行いたい富裕層であると考えられるため、

この高い匿名性という特徴は影響力が強いでしょう。

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンの富裕層の間で話題になっている?

Aidos Kuneenは海外のオフショア銀行であるリトアニアのMisterTango銀行とすでに提携しています。

オフショア銀行には世界中の大企業や富裕層が高額の租税を回避するために資産を預けていますが、

その資産総額は3000兆円を超えると言われています。

匿名性高く、合法的なマネーロンダリングが行えるという特徴から富裕層の間で話題に上がる通貨となっています。

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンのチャートは?

2017年6月6日の公開時に1ADK=$0.62で取引されていたAidos Kuneenは、

2018年1月21日に1ADK=$87と最高値を記録し、2018年8月では1ADK=$22~30付近で推移し、安定しています。

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンの将来性は?

ネトビジとしてはAidos Kuneenの将来性はあると考えています。

Aidos Kuneenのメインターゲットとなるのは富裕層の持つ資産、オフショアファンドでありますが、

その資産総額はおよそ3300兆円と言われています。

ここで参考として、現在の仮想通貨市場全体の時価総額は約50兆円です。

つまりオフショアファンドの資産総額の数%程度がAidos Kuneenに流入すれば、

Aidos Kuneen単体の通貨でも仮想通貨市場全体を上回ることができる可能性を秘めているのです。

また他の仮想通貨に比べても、

高い匿名性・速い送金速度・手数料無料と様々な機能を兼ね合わせることで優位性を保っていると言えます。

現在はオフショア銀行の一つであるリトアニアのMisterTango銀行との提携をすでに完了させ、

今後はタンザニアの銀行を買収する予定であると発表されています。

銀行との提携がさらに強まっていくことにより、投資家からの資金流入の加速が見込れるでしょう。

また2018年内に仮想通貨取引所のBTC-exchangeがAidos Kuneenを取り扱うことも決定しているため、

今後Aidos Kuneenの知名度はどんどん上がっていくのでしょう。

アルトコインに多いような掲げるプロジェクトの理想と現実の激しい乖離がAidos Kuneenには見られず、

プロジェクトも順調に進んでいるように見受けられるため、

扱う市場規模などを総じて鑑みても、将来性のある仮想通貨といって間違いないのではないでしょうか?

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンはどの取引所、販売所で買うの?

日本国内においてAidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンを取り扱っている取引所は、残念ながらありません。

Aidos Kuneen(ADK)エイドスクニーンはAidos Marketでのみ購入が可能です。

ADKを購入するには直接円での購入はできないため、まずは国内の取引所からビットコイン(BTC)やETH(イーサリアム)などを購入し、それとADKを交換しなくてはなりません。

国内の取引所にはネトビジ!ではGMOコインの利用をお勧めしています!

GMOコインには売値と買値の価格差が少ない、あらゆる手数量が無料、アプリで簡単取引が可能といった多くのメリットがあります!

まだGMOコインを開設していない方はGMOコインのアカウントを開設しておきましょう!!

GMOコインの開設方法はこちらです!
最短1日で取引開始!GMOコイン登録方法・メリット・デメリット・手数料・セキュリティ・アプリまとめ

 

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所