仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

楽天が19年に仮想通貨参入!「楽天コイン」をロシアで発行!

楽天が19年に仮想通貨参入!「楽天コイン」をロシアで発行!

 

国内E-Commerce大手の楽天が完全子会社の「Viber」を通して、
2019年に独自通貨「楽天コイン(Rakuten coin)」をロシアで発行することを発表しました。

Viberとは?

Viberは、2010年に開発されたイスラエル発の無料通話&メッセージアプリで、2014年に楽天によって9億ドル(約1兆円)で買収されました。
Djamel AgaouaがCEOを務めています。

登録ユーザー(重複あり)は、
2018年3月時点で10億人を突破し、
東ヨーロッパのウクライナや、ベラルーシ、セルビア、中央アフリカのエチオピアなどでは、
国内メッセージアプリで第1位のシェアを獲得しており、
ロシアでも4,500万人ものユーザーを抱え、WhatsAppに続いて国内第2位のシェアを誇っています。

Agaoua氏は、Viberのプレスに対し、「親会社の楽天によって、独自通貨の楽天コインが発行され、楽天エコシステム全体によって支えられることになる。」と語りました。

今後、楽天コインはViberウォレットで管理されることになり、法定通貨ルーブル、米ドル、ユーロと交換することができるようです。
プレスでは、Viber上で送金することができるようになると記述されており、今後Rakutenブランドとの統合も考えられています。

しかし、仮想通貨先進国であった日本で、発行されないのは少し寂しい気もしますが、今後に期待ですね!