仮想通貨Aeron(ARN)エアロンとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

仮想通貨Aeron(ARN)エアロンとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

Aeron(ARN)エアロンとは?

Aeron(ARN)とは、ホームページに記載されているように、
「人々の命を救うために開発された空の安全を守るブロックチェーン」です。

こちらをご覧ください。

公式ホームページによると、
1日に世界合計航空機便数:10万便。利用者数:200万人
航空は最も安全な移動手段の一つですが、毎年およそ3302件の事故が起きているそうです。

それも主な原因は人的要因だと言います。
パイロットの育成不足や、ログデータの改ざん、最新技術が導入されていないといった理由で人の命が危険に晒されている、
そんな現状に違和感を抱き、解決に動き出しました。

公式ページで、Aeron社は、
“空の安全は、blockchain技術を用いることによって改善できます。これにより、ログデータの損失、改ざん、偽造などの可能性を大幅に排除し、致命的な事故のリスクを低減することができます。関係当局が安全性を向上させるために、これらの情報は透明で利用可能であるべきです。” と言っています。

もしこれが本当に実用化されれば、
空の旅がより安全に、より多くの人に届けられ、便利な社会になっていくでしょう。

飛行機好きの筆者としても、非常に楽しみな通貨です。

Aeron(ARN)エアロンの特徴は?

では、肝心の特徴や、ビジネスモデルについて紹介していきます。

Aeronが提唱する空の安全を確保するブロックチェーンのメリット
・ブロックチェーン技術が重要なログデータの改ざん不可を保証。
・マルチSIGの認証システムが、データセキュリティを提供。
・情報がブロックチェーンに格納され、取引は透明になり、すべてのユーザーが閲覧可能。

英語ですが、簡潔にまとまったパンフレットがリリースされていますので、
リンクを載せておきます!

Aeron(ARN)パンフレットはこちら

現在起こりうる原因を特定し、それを解決する手段としてブロックチェーンを用いる。
投機目的ではなく、実用化の遥か先をみる仮想通貨を久しぶりに見ました。

しかし、実用化するに当たっては、
ビジネスとして成功していかなければなりません。

そこでAeronは、パイロット、消費者、航空管制塔、企業アプリケーションを統合したプラットフォームを構築し、
100年間変わってこなかった航空業界に新たな風を吹かせるようです。

開発段階でのデータの出元はAero Tripsというコンシューマーポータルのようです。
その後は、様々な企業と業務提携を結び、加速的に事業を進めていくということです。

Salesforce、SpaceX社、Uber&Googleフライングカーパイロットプログラムなど、
名だたる企業名も上がっております。

開発、ビジネス面含め、非常に期待しています。

Aeron(ARN)エアロンの開発者は?

CEOのArtem Orangeは金融出身のアントレプレナー。
CTOのNadezhda Barkanovaは、航空システム分野の開発者。
その他も、フルスタックエンジニアやデザイナー含め、数多くの、メンバーがこのプロジェクトにジョインしています。

特筆すべきは、
顧問に、グリフォン航空の取締役で、公認会計士のリマソル、キプロス氏が就いていること。
最近仮想通貨界隈で、会計問題が話題になりましたが、
実際の航空会社の取締役が就いていることで、この点も安心できそうです。

Aeron(ARN)エアロンのチャートは?

Aeron(ARN)エアロンの将来性は?

Aeronのホワイトペーパーによると、
2037年までに世界の総飛行数は、2017年(21,600 fleet)のほぼ倍の43,560 fleetにまでなると言われています。

開発が成功した場合ですが、
市場は未だ成熟しておらず、これから伸びていきますので、
トレンドに合ったビジネスであるとは言えるでしょう。

新興国の航空業界参入も盛んですので、
パイロットの訓練不足等もAeronで解消することができれば、
社会的なメリットも計り知れません。

投機目的ではなく、
応援する気持ちで買ってみようかと思います。

Aeron(ARN)エアロンはやめるべき?

非常に壮大なビジョン、豪華なメンバーやアドバイザー、
強固なビジネスモデル。

非常に期待できる要素ばかりですが、
やはりまだ注意が必要です。

応援するためには通貨の購入が必要となります。
現在仮想通貨市場は高騰、大暴落を繰り返しており、
どうしてもリスクを負ってしまうというのは正直なところかと思います。

期待の通貨にもかかわらず、
Aeronも他通貨と同様に、12月1月で高騰、大暴落を記録しました。

本来仮想通貨投資は、開発者が最新技術を実用化するための資金調達です。
それを肝に命じて、短期的な売買ではなく、長期ホールドを前提として購入することをオススメします。

Aeron(ARN)エアロンはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、Aeron(ARN)エアロンは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!
ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

オススメする理由はもう一つ。

現在、Aeron(ARN)エアロンはほぼ全てBinance(バイナンス)経由で取引が行われています。
今後期待感が高まれば、Bitfinex, Bitflyerなどのへの上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

Aeron(ARN)エアロンを購入して、爆益をあげながら、共に未来を創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所