仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨SONM(SNM)ソンとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

SONM(SNM)ソンとは?

通貨名 SONM(SNM)
通貨略称 SNM
公開日 2017年3月27日
発行上限 4億4400万SNM
公式サイト https://sonm.io/

Supercomputer Organized Network Miningを略したSonm(ソン)とは、2017年に公開されたイーサリアムをベースにして発行されたICOコインで、世界中のコンピューター間でマシンパワーの貸し借りが出来るようになる、マイニングネットワークを利用したフォグ・コンピューティングのプラットフォームを形成するために開発された仮想通貨です。

こちらが公式のTwitterですので、
気になる方はフォローしておくと良いでしょう。

SONM(SNM)ソンの特徴は?

公式に動画がありますのであらかじめ見ておくと分かりやすいと思います。

SONMのアーキテクチャーである6つの特徴・仕組み

Sonm(SUM)ソンはマシンパワーの貸し借りを出来るようにするよう以下の6つの特徴から成り立っています。
コンピュータの能力(計算能力など)を世界中のありとあらゆる場所や個人間で売り買いできるようにするプロジェクトでもあります。

イーサリアムのスマートコントラクト

全体での合意を重要視する為、システムの傘下に透明性と安全性を保障するコンセンサス(合意)方式を採用。

フォグコンピューテイング

クラウドコンピューティングに比べ効率的で分散化しているコンピュータモデル。

Yandex.Cocaine

コンピュータプラットフォームの一種であり、プラットフォームサービスPaaSテクノロジーとの分散化を可能に。

Docker Container

アプリケーションの一種でコンピュータの並列性を保証する孤立した環境を形成、どのような機器でも動く適切なアプリケーション。

BtSync

スピーディかつ安全なデータ送信を可能としたピアーツーピアシステム。

Whisper

ノード間のコミュニケーションのためのピアーツーピアテクノロジー。

 

SONM(SNM)ソンのチャートは?

引用:coinmarketcap

SONM(SNM)ソンの将来性は?

開発の難易度が高く、参入している企業などはまだまだ多くないため長期的な視野に立つ必要があり、しばらくは損益分岐点が難しいともいえます。

しかしフォグ・コンピューティングという分散型のスーパーコンピュータの開発などが進むにつれ、注目されていく分野なだけにマーケティングや開発努力次第で価格が大きくなる可能性は十分考えられます。

 

SONM(SNM)ソンはやめるべき?

SONM(SNM)ソンのネットワークの一部になることが出来るスーパーコンピュータの役割を果たせるとはいえ、既存コンピュータを凌駕する計算力向上をもつ量子コンピュータ研究が最大の脅威となりえます。
しかしコスト面パフォーマンスからSONM(SNM)ソンのようなシステムは非常に画期的であるともいえるため将来性に期待はできます。

SONM(SNM)ソンはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、SONM(SNM)ソンは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!

ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

SONM(SNM)ソンを購入して、爆益をあげながら、共に未来を創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所