仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

【クレカ持ってない作りたい人向け】クレジットカードを利用するメリット・デメリット

「クレジットカードはネットショップやイベントチケットの決済などで、手間もかからず便利そうだし、利用したいけれど怖い・・・」という方は、多いかと思います。私はスーパーやコンビニの少額の買い物から、家電やパソコンなどの高額の買い物まで、10年以上、日常生活ではお金を使わずにクレジットカードを利用しています。

今回はそんな私が考える、「クレジットカードを利用するメリット・デメリット」を紹介します。

「これからクレジットカードを作りたい」という方にとって、クレジットカードの超基本的な知識としてまとめましたので、参考になれば嬉しいです!

クレジットカードを利用するメリット

1)ポイントが貯まる

楽天カードゴールドポイントカード プラス、さらに影響不滅ポイントで有名なセゾンカードなどを代表とするクレジットカードは利用すればするほど、ポイントがどんどん貯まります。クレジットカードの代表的なメリットといっていいでしょう。

さらに、これらのクレジットカードはキャンペーン期間や指定された店舗などで利用するとポイント還元率が上がります。現在は、クレジットカードで支払いができる店舗が増えているので、自分のライフスタイルに合わせたカードを利用すれば、ポイントが貯まるスピードが上がること間違いなしです。

ちなみに、貯めたポイントで贅沢な買い物をすると、ちょっとした幸福感を得られますっ!(私は2017年に念願のルンバを購入しましたっ・・・!)

2)付加サービスが豊富

さまざまな付加サービスがあるのもクレジットカードのメリットです。ヨドバシカメラが運営している「ゴールドポイントカード・プラス」を例に挙げると、ざっと以下の通り。

・ヨドバシカメラでの買い物で11%ポイント還元
・ヨドバシカメラ以外のお店での買い物でも1%ポイント還元
・ヨドバシ・ドット・コムで本を買うと10%ポイントカード還元
・ヨドバシカメラの購入商品に対して100万円まで保険保証
・特別価格セールで一般価格よりも安く買える
・国内外の旅行で役立つ、さまざまな特典も用意されている

など(詳細はこちら

いかがですかっ!?

クレジットカードを作るだけでこれだけの特典が。(さらに、入会費・年会費も無料・・・!)クレジットカードによって、いろんなサービスがあるので選ぶ際にチェックすべき項目ともいえます。

3)現金を持たずに買い物ができる

「現金を持たないことがメリット・・・? 別にそんなことはないけど・・・?」と、友人から言われたこともありましたが、私にとってこのメリットは外せません。

私の場合、自宅の半径2km以内にあるコンビニ・スーパー・ホームセンターのすべてでクレジットカードを利用できます。
日常生活で必要なお金をカード1枚だけでカバーできるというワケです。
さらに、私は財布ではなくポケット付きのスマホケースにクレジットカードをいれています。つまり、日常生活で「財布」が必要ありません。

今や私たちにとってスマホは、財布と同じくらい外出時に必要なアイテムなはずです。

財布の中にはお金以外にも数種類の会員カード・ポイントカードなどが入っていて「出かけるときの目的によって財布の中に入れるものを選ぶ」なんてこともしないはず。

私にとって、お金以外にもさまざまなものが入っている「財布」を持ち運ぶのが煩わしくなってしまったのです。
そんな必ず持ち運ばなければならないもののひとつである「財布」がなくなることは私にとってメリットです。

付け加えると、店舗でのお会計でお金を払うのもカードをサッと差し出すだけでスムーズなのもメリットのひとつかな、とも。
(たとえば、108円のお会計で8円の小銭を探す、なんてこともほとんどしない生活・・・)

4)「信用」を作ることができる

とっつきにくい話ですが、クレジットカードを利用しつつ、その利用額を遅延なく支払っていると「社会的信用を持っている」とみなされます。
大きい買い物(住宅や車のローンなど)で断られる可能性が下がる要素のひとつになります。加えて、審査期間がスムーズになるメリットも。

私の場合、20代前半からクレジットカードを利用し続けていたためか、分譲マンションの住宅ローン審査の際、ほとんど時間がかからずに審査が通りました。

その当時、なにも違和感を覚えませんでしたが、とある友人に「ローン審査に1ヶ月近くかかって苦労した」と聞いた際、「私は、自然とクレジットカードに関連する社会的【信用】ができていたんだな」と気づきました。

※ 支払いの遅延頻度が多い場合は、信用を失うことになるので要注意!

5)振込や代引きの手数料がかからない

楽天やアマゾンネットなどネットショッピングでは支払い方法に「代引き」「振込」があります。
しかし、これらを利用すると商品代金に手数料がプラスされる場合が多いと思います。しかし、クレジットカードで支払った場合はそういった手数料は発生しません。
特に、よくネットショッピングをする方にとっては数千円以上の節約につながります。

また、代引きの場合「家に現金を用意しておかなければいけない」と気をつかう…といったこともなくなり、とにかくスマート!

6)公共料金の支払いで利用できる

住んでいる地域や契約している会社にもよりますが、水道・電気・ガスなどの公共料金はクレジットカードで支払うことができます。
言わずもがな、その利用料金によってポイントも貯まります。毎月、必ず発生する公共料金なので、ただ引き落としされるだけではもったいない!

まさに、「塵も積もれば山となる」です。

クレジットカードを利用するデメリット

1)お金を使い過ぎてしまうことがある

現金自体が減らず、カードだけで生活していると陥りやすいクレジットカードを利用する上での一番のデメリットといえます。

「管理不足じゃん・・・」とツッコまれてしまいそうですが、実際に私も何度かこの失敗はあります・・・。とくに利用しはじめたころは注意が必要です。
クレジットカードの利用明細をきちんとチェックし、「自分の利用金額を把握すること」が大切です。

また、クレジットカード特有の「分割払い」や「リボルビング払い」を利用した場合、「あといくら支払いが残っているか」を把握しておくことも忘れずに!

2)盗難・紛失による不正利用、フィッシング詐欺の恐怖

実際にクレジットカードを持ち外出するときや利用するときに注意が必要なのが、第三者による不正利用です。不正利用の被害にあうケースには「盗難・紛失によるもの」「カード情報を抜き出して(スキミング)複製される」といったものがあります。さらに近年では、メールや偽サイトによってカード情報を抜き取る「フィッシング詐欺」が増加しています。

しかし、ご安心あれ。不正利用されても、多くのクレジットカードには保険が適応されます。不正利用された金額は自分に返ってきます。(※ただし、保証される期間には制限があります。)

また、クレジットカードの支払いが「月に一度のみの支払い」である特性を考えると、不正利用された瞬間に気づくことは難しいです。さらに、クレジットカードを利用する生活に慣れてくると利用明細のチェックを怠ってしまうこともあるでしょう。きちんとカードそのものを保管する場所を管理して、月々の利用明細は必ずチェックしましょう。

3)年会費(入会費)がかかるものがある

「クレジットカードって年会費無料でしょ?」という友人の勘違いを聞いたときの「のび太がテストで100点をとったような衝撃」が忘れられません。
カードによって「年会費が永年無料」というものもあれば「入会後1年は無料、2年目から有料」「初年度から有料」など、さまざまです。とくに「最初は無料でも、途中で有料に切り替わるもの」は注意してください。

また、利用していない期間が長いと年会費が発生したり、(年会費と異なりますが)解約時に負担費用が発生するクレジットカードも存在します。申し込む際は、必ず注意してください。ちなみに、年会費が有料のクレジットカードは、無料のものに比べ「ポイント還元率が高い」、「特別な付帯サービスが豪華だったり豊富」というメリットもあります。

クレジットカードを選ぶポイント

最後に、クレジットカードの選び方をオススメしますと・・・。デメリットにある「支払いサイクルや費用負担の条件」をしっかり把握。
そして、メリットにある「ポイントや付加サービス」が自分にどれほど合っているかを数種類のクレジットカードを比較すること。

ちなみに、私はこれまで、4種類のクレジットカードを持っていましたが、今は「ゴールドポイントカード プラス」のみにしています。
ポイントを集約して、高額な家電を安く手に入れることができるからです。また、クレジットカードのブランドについても迷う方が多いのですが、国内外で使える場所やお店が多い、VISAかJCBを選んでおけば安心かと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クレジットカードのメリット・デメリットをまとめると、「利用する金額をしっかり把握しつつ、カードをきちん管理すれば、メリットのほうが大きい」といえるのではないでしょうか。クレジットカードの申し込み時にきちんとを支払いサイクルや付帯サービスなどを理解し、少しずつ利用していき慣れていくことをオススメします。

きちんと管理すれば大丈夫!