仮想通貨Avacus(VACUS)バッカスとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

Avacus(VACUS)バッカスとは?

Avacusは「BitCoinで商品を購入したい人(ショッパー)」と「BitCoinを手軽に欲しい人(バイヤー)」をマッチングさせる新しいサービスです。
出典:PR TIMES 「BitCoinを使ってお得に買い物ができるサービス「Avacus」の提供開始」

運営者であるまつかぶ氏がNagoya Startup Newsにて、インタビューを受けています。
事業説明が非常に端的にまとまっていますので、それを共有しますね!

Bitcoinを使って買い物をしたい人と Bitcoinをこれから持ちたい人。僕らは前者を「Shopper」、後者を「Buyer」と呼んでいるのですが、この両者をマッチングさせるサービスになっています。
Shopperが買いたいと言っている商品をBuyerが代わりに買ってあげる。ShopperからBuyerに支払われる報酬がBitcoinで、渡すBitcoinの額を調整することで、実質的に割引で商品を購入することができます。

つまり、BitcoinのマーケットプレイスにAmazonを仲介サービスとして入れ込んだ形です。
なんらかの事情で、個人情報を取引所に登録しないままビットコインを購入したいという需要はあるそうで、
(取引所への不安? 税回避?!
それをうまくマッチングしています。

2017年12月26日のサービスローンチから半月で1000名のユーザーをすでに抱え、
非常に好調に進んでいるそうです。

Avacus(VACUS)バッカスの特徴は?

ショッパーはショッピングリストの1〜15%の割引率を設ける事で経済的にスマートな手段で商品を購入できます。※1
バイヤーは各ECサイト内のポイントなど購入時に対応する決済手段をBitCoinを入手する手段として利用できるようになります。 ユーザーはサイトの会員登録から1分程で、手軽にBitCoinの入手を始める事が可能です。
※1.ローンチ時はAmazon.co.jpのみの対応となっており、順次機能追加をして参ります。
出典:PR TIMES 「BitCoinを使ってお得に買い物ができるサービス「Avacus」の提供開始」

Amazonで割引?!

プレスリリースにも載っているように、ビットコイン支払いをすると5-15%ほど割引で商品を買うことができます。

この図の上から2番目。
割引率を設定できます。

「Buyer」は取引所を介さずに、ビットコインを手にできるため、
手数料と呼ぶべきでしょうか? Shopperが指定した割引率で合意した場合、
少し多めに支払い、ビットコインを手にします。

割引価格で商品を買うことのできる「Shopper」は、満足ですし、
転売によってさらに利益をあげることも可能になると思います。
非常に面白い仕組みですね。

VACUSの売り上げ還元システム

VACUSには株と似たような売り上げ還元システムがあり、
総売り上げの75%が利用者に還元されます。

要するに配当ですね。

VACUSトークンの総発行枚数は10億枚なので、
配当を得られるチャンスは少なめですが、投資家にお金が回るようになっている仕組みは非常にありがたいもの。

買ってみたくなりますね。

Avacusの応用的な使い方

「Shopper」がリクエストするものをAmazonで購入すると、Bitcoinを得られる仕組み。
ということは、アマゾンで商品購入さえできれば、その分のビットコインをゲットできるのです。

何が言いたいかといえば、
・クレジットカード
・amazonギフト券
・ポイント
などなど、でビットコインを手にできるようになる!!!

ということですね。

amazonギフト券って結構余ります。
その有効活用先になりうるのがこのVacusなんですね。

法的にオッケーなのかはわかりませんが、仮想通貨と現実経済の架け橋になりそうなプロジェクトです。

Avacus(VACUS)バッカスの開発者は?

公式のプレスリリースになんとTwitterで紹介されている運営者、つまり株式会社Floor tracksの代表取締役ですね。
まつかぶおうどん(@matsukabu)さんが開発を担当しています。

まつかぶ氏プロフィール
1990年生まれ、東京都出身・愛知県育ち。南山大学法学部卒業後に起業し、Bitcoin関連サービスや海外インバウンドメディアを複数立ち上げる。2017年12月末にBitcoinショッピングサービス「Avacus」をローンチ。

Avacus(VACUS)バッカスによく似たサービス?

Purseというサービスがあります。

割引率がAVACUSよりよくはないが、UIUXは綺麗で使いやすいと話題です。
機能的にはほぼ同じ、Avacusは日本、Purseは世界中に向けてサービスを展開している印象ですね。

この二つのサービスがどのように競っていくのか、実物です。
個人的にはAmazon以外のe-commerceをどんどんとインテグレートするだけである程度の差別化になるんじゃないかなーーなんて思ったりもしています。

楽天コインを発表した楽天なんかは、仮想通貨に対して温厚だと思うので、
営業をかけてみたらいかがですかね・・・笑

Avacus(VACUS)バッカスの将来性は?

Yahooニュースに載るなど少しずつ一般大衆に向けての広報を開始しているようで、
話題になってきています。

半月で1000人のユーザーを獲得している点からも、
ニッチな仮想通貨ユーザーからは評価を受けているのかもしれません。

どうやってキャズムを超えるのか、そこが非常に重要ですね。

Avacus(VACUS)バッカスはやめるべき?

どこまでスケールするかは想像がつきません。
こちらはB2Cのサービス。消費者がビットコインを初め、仮想通貨に対して若干でも恐怖感を抱いてしまっている現状では厳しいのかもしれません。

より大きなECのマーケットプレイスとの協業が必要になるのかもしれません。

どちらにせよ、
若い日本人起業家のプロジェクトです。
ネトビジ!として全力で応援していきます!

Avacus(VACUS)バッカスはどの取引所、販売所で買うの?

現在VACUSは非常に回りくどい方法でしか購入ができません。

Zaif/CounterWallet/AVACUSへの登録が大前提となります。
また送金作業やアカウントの紐付け作業を数多く行いますので、
あまり慣れていない人は挑戦しない方が良いでしょう。

どこかで間違えると、資産が吹っ飛びます。
ブロックチェーンですので、高度な追跡をしなければ回収できませんし、
初心者にはリスクが大きすぎます。

失敗しても自己責任でお願いいたします。

購入方法↓
まずはこちらからZaifに登録をし、XCPトークンを購入します。

仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)の魅力と登録方法、メリット・デメリットを徹底解説
仮想通貨取引所のzaif(ザイフ)の魅力と登録方法、メリット・デメリットを徹底解説

Zaifアプリで購入したXCPをカウンターウォレットに送金。

そこでVACUSを購入します。
その後、公式ページに移動し、
購入したVACUSと自身のAVACUSアカウントを紐付け。
そうすることで、売り上げ金の還元が受けられるようになるようです。

詳細は以下にまとめられておりますので、
参考にすると良いでしょう。

ここまでVACUSの購入方法を紹介してきましたが、
仮想通貨が初めてな方には、取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
VACUSは、日本人起業家が創り出した注目の通貨ですし、今後より期待感が高まれば、Binance(バイナンス),Bitfinex, Bitflyerなどの大手取引所への上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

Avacus(VACUS)バッカスを購入して、共に億入り人を目指しましょう!

Binance(バイナンス)登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所