仮想通貨Decentraland(MANA)とは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

 

仮想通貨Decentraland(MANA)とは??

まずは、こちらをご覧ください。
これこそがDecentralandの世界。本仮想通貨の使い道です。↓

 

一言で言えば、イーサリアムブロックチェーンを使ったトークンのこと。仮想現実上で土地所有や、その活用に使用できます。
例えば、仮想現実上で、カジノ・リゾート施設を建てたり、車を買ったり、会社を始めたり、現実で行える経済活動をバーチャルで行うための通貨です。

Decentraland(MANA)のバーチャルワールドとは??

ユーザーが創る仮想現実のプラットフォームです。
VRヘッドセット・ウェブブラウザ等を経由して、仮想現実の世界を創り上げることができます。
従来のゲームといえば、非常に小規模で1チームの中で楽しむものでしたが、Decentralandプラットフォームでは、オープンに開かれたVRベースの世界を創り出せるそう。

今後VR上での遊びや、経済活動などが可能になり、
このトークンが現実と仮想世界の橋渡しになるといいます。

Decentraland(MANA)高騰の理由は??

12月初旬の高騰の理由は、Decentralandによるイベントが関係していたようです。Terraform Event
*Terraformとは、MANAトークンを利用したオークションだという。トークンによる土地購入を促す狙いがあるようで、今後のこのようなイベントによって通貨価格が上下する要因にもなりそう。
また、草コインの高騰。
とりあえず買っておけば、いいんじゃない?という投資家の心理状況が反映されたものという話も。

特に日本国内では、MONAコインが超高騰したことで、名前が似ているMANAコインにも買い注文があったと言われています。

Decentraland(MANA)への投資はやめるべき?

Decentraland(MANA)は、未だ完成しておりませんし、最近の高騰も、技術革新などではなく、突発的なイベントや、名前が似ていることなどという要因が目立ちます。

ですが、現在、およそ6億円相当のMANAがDecentralandに投じられていること、起こりうる現実世界の仮想化を踏まえると、これから可能性のある通貨だと感じています。完成までのロードマップはまだできていない状況ですので、長期保有で勝負する投資家にオススメの通貨でしょう。

Decentraland(MANA)のチャートは?

仮想現実トークンという新しい概念への期待感から、価格はリリースより約10倍に上昇しています。

Decentraland(MANA)の将来性は?

これからのアップデート状況にもよりますが、現在急速に開発を進めているイーサリアムブロックチェーンを使っていること、また、既に巨額の投資が行われていることから、長期的に右肩上がりであることは予想できます。
もし、Decentraland(MANA)が完成し、本当に現実と仮想の架け橋になるトークンになxったならば、さらなる価格上昇が期待できます!!

Decentraland(MANA)は、どこの取引所、販売所で買うの?

先日、将来有望な通貨MANAがBinance(バイナンス)に上場しました。
取引高世界一かつ、手数料も国内取引所と比べると格段に安いく、非常にオススメです。
Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所です。

MANAはICO時点で非常に期待されてきた通貨ですし、基本的に右肩上がりで上昇し続けています。
それぞれの価値観で、割高・割安というのはもちろんあるとは思いますが、
僕みたいな長期保有者にとっては正直そんなの大した金額差ではありません。

2年後・3年後に利益ベースで億入り人になる!と考えているならば、今すぐに買ってしまった方が良いでしょう。
Decentraland (MANA)を購入して、爆益をあげるとともに、仮想現実の経済圏創りという新たな概念に、一緒に挑戦しませんか??

Binance(バイナンス)登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所