仮想通貨Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

仮想通貨Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュとは?

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの機能は、基本的に、ビットコインに則していますが、ビットコインとは次のことが違っています。

・上限のブロックサイズを8MBに拡大(ビットコインは1MB)
・ビットコインとは共存して交わらない
・ハードウェアウォレットなどのセキュリティをアップする施策を準備している

なお、ハードウェアウォレットというのは、安全に仮想通貨を保管するものです。
簡単に言うと、ビットコインのリスクである取引スピードが下がることを無くてし、セキュリティをアップして取引をより安全なものにすることです。

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの強みは?

・最大のブロックサイズが8MBである

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの強みはブロックサイズです。

ビットコインの場合は、1MBの取引しか1ブロックの容量が入りませんが、Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの場合は、最大8MBに1ブロックの容量が入ります。
Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの場合は、多くの取引が1ブロックに入るため、ビットコインの問題点であるスケーラビリティが解決できると言われています。
なお、スケーラビリティというのは、ビットコインの場合は小さな1MBのブロックチェーンのブロックサイズであるため、多くの取引があると処理ができなくなることです。

・セキュリティがアップする

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュは、セキュリティのハードウェアウォレットなどをアップする施策を準備していることも強みです。

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュのチャートは?

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュは、2017年8月1日に誕生しました。
その後、仮想通貨の全体の価格がアップしたことなどから、2017年12月には45万円程度まで高騰し、2018年1月中旬では30万円程度になっています。

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの特徴とは?

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの特徴は、1ブロックの上限の容量をこれまの最大の1MBから8MBまで増やしたことです。
また、Segwit(セグウィット)が Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュには実装されていません。
Segwitというのは、ビットコインの一つの問題点であった処理スピードのスケーラビリティを改善するために、ソフトとして導入の検討をしたものです。
しかし、Segwitの場合は、「ASICBoost」という有利にビットコインのマイニングをするために必要なものに対応していないので、中国が拠点のマイニングプールは賛成ではありませんでした。
つまり、Segwitの実装に賛成しなかった人々によってBitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュは作られており、ビットコインとしてマイニングする際に都合がいいものと言えるでしょう。

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュへの投資はやめるべき?

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュへの投資はやめるべきかは、Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの投資のデメリットについて検討することが必要です。
ここでは、Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュのデメリットについてご紹介しましょう。

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュのデメリットは、大きな台帳であるゆえの不具合です。
発展途上国のように貧弱な通信設備の場合は、容量の大きい台帳を読み込むのは非常に大変です。
時間が台帳を読み込むためにかかれば、決済の作業がその分遅れるようになります。
世界共通の通貨である暗号通貨においては、長く決済する時間がかかるのは非常にデメリットになります。
先進国のようにしっかりした通信設備の国でしか決済がまともにできないということでは、全く意味がありません。

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュの将来性は?

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュは、基本的に、新しい仮想通貨としてビットコインのブロックサイズの問題を改善する目的で作られたものです。
現在は、さらにビットコインが高騰して、より深刻にスケーラビリティーがなってきています。

仮想通貨を利用する人が今後はより多く予想され、トランザクション処理のさらなる能力アップが必要になるでしょう。
Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュは、ハードフォークを2回2018年に控えていること、スケーラビリティー問題という長期間心配されていたものがブロックサイズが拡がることで改善されることによって、今後より着目されるようになるでしょう。

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュは、どこの取引所、販売所で買うの?

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュのおすすめの取引所についてご紹介しましょう。

・bitFlyer(ビットフライヤー)
国内において最も大手の取引所でしょう。
また、取引量や資本金は日本において最大です。

・coincheck(コインチェック)
決済サービスに注力している日本の取引所です。
仮想通貨としてはビットコイン以外のものも多く扱っており、ビットコインなど13種類のものを買うことができます。

・Zaif(ザイフ)
日本の取引所の中においては、いろいろな試みやサービスを最も展開しているところです。
仮想通貨とアイドル掛け合わせたものなどがあります。
また、運営しているテックビューロという会社が取り組んでいる、「mijin」というプライベートブロックチェーンや「COMSA」という企業ICOプラットホームも着目されているビジネスです。

Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュが買える取引所としてネトビジ!がおすすめするのは、Binance(バイナンス)になります。
Binance(バイナンス)の取引所は海外になりますが、対応は日本語になっています。

入力の面倒なものは必要なく、簡単に一つのメールアドレスで登録することができるため、1分もあれば登録は終わります。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインを使用することによって、手数料は元から安いものですが、さらに手数料が安くなります。
人気の仮想通貨であるADAやIOTAなども買えるため、取引所としては本当におすすめです。

なお、Binance(バイナンス)の取引所は、仮想通貨専用の取引所になります。
そのため、Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュを買う場合に、直接円を入金することはできません。

ビットコインを国内の仮想通貨の取引所で一度買ってから、送金をBinance(バイナンス)に行う必要があります。
なお、初めてBinance(バイナンス)の取引所を利用する場合は、送金する方法などが分からないでしょう。

このような場合は、ネットなどでBinance(バイナンス)の取引所を利用する方法について紹介しているようなサイトがあります。
そのため、Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュを買う方法などが心配という場合は、このようなサイトを確認してみましょう。

Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所です。
Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュはまだまだ実用前のものなので、順調に開発が進むのであれば長期的に成長が期待できます!
それぞれの価値観で、割高・割安というのはもちろんあるとは思いますが、長期保有者にとっては正直そんなの大した金額差ではありません。

2年後・3年後に利益ベースで億入り人になる!と考えているならば、今すぐに買ってしまった方が良いでしょう。
Bitcoin Cash(BCH)ビットコインキャッシュを購入して、爆益をあげるとともに、世界中全ての人が仮想通貨と生きる未来を一緒に創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所