仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)!コンビニ支払いの使い方・メリット・デメリットをわかりやすく解説。

仮想通貨業界が盛んですね!
さっそく自分も仮想通貨を始めてみたいけど、どこから始めたらよいのかわからない…といった方、まずはコチラでをおさらいしてみましょう。

ビットコインって何なの?初心者向けにビットコインをカンタンに解説

coincheck(コインチェック)でアカウント発行とSMS(電話番号)認証と本人確認認証を済ませたら、仮想通貨を購入する準備を始めましょう!

「coincheck」のアカウント発行はここからカンタンにできます!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)での入金はどんな方法があるの?

coincheck(コインチェック)には主に下記4通りの入金方法がありますが、自分で入金しやすい方法であれば、いずれでも問題ありません。
今回はコンビニ入金について説明します。

    • コンビニ入金
    • 銀行振込
    • 海外からの入金
    • クイック入金

coincheck(コインチェック)コンビニ支払いを利用するなら本人確認認証を先に終えるべし

coincheck(コインチェック)にアカウントを作っただけでは入金はできません。
コンビニ支払いに限らず入金するには、冒頭でも述べたSMS(電話番号)認証と本人確認認証を済ませることが必要です。
とくに本人確認は2〜3日掛かることもあるため、早目に購入するためにも先に本人認証を終えましょう。

coincheck(コインチェック)- PCでのコンビニ入金方法

コンビニ支払いを選択する – 入金方法その1

coincheck(コインチェック)で本人認証も済ませたら、いよいよ仮想通貨を買うために入金します。

PCの場合、画面左に「日本円/USドルを入金する」が表示されていますのでクリック。

右画面上部に入金方法が4種類表示されますので、ここでは「コンビニ入金」を選びましょう。

入金に必要な内容を記入 – 入金方法その2


下記を記入していきましょう。

    • 氏名
    • 電話番号
    • メールアドレス
    • 入金額(円)

手数料含めてすべて問題なければ、「決済申請」をクリックして次へ進みます。

入金するコンビニを選択 – 入金方法その3

入金先のコンビニを選びますが、いずれを選んでも問題ありませんので、「次へ」を押して完了。

決済画面を確認 – 入金方法その4


コンビニで手数料含めた購入金額を支払えば、ウォレットに即時反映されます。
以上でPCでのコンビニ入金は完了です。

coincheck(コインチェック)- スマホでのコンビニ入金方法

コンビニ支払いを選択 – 入金方法その1

まずはアプリ「coincheck(コインチェック)」をダウンロードしましょう。

アカウント発行・SNS認証・本人認証確認を終えたら、スマホ画面左上の三本線をクリック。


メニューがスライドされますので、「日本円の入金」を選びます。

選択するとスライドが閉じられ、入金の選択画面になりますので「コンビニ入金」を選択。

入金に必要な内容を記入 – 入金方法その2


下記を記入していきましょう。

    • 氏名
    • 電話番号
    • メールアドレス
    • 入金額(円)

手数料含めてすべて問題なければ、「決済申請」をクリックして次へ進みます。

入金するコンビニを選択 – 入金方法その3

入金先のコンビニを選びますが、いずれを選んでも問題ありませんので、「次へ」を押して完了。

決済画面を確認 – 入金方法その4


コンビニで手数料含めた購入金額を支払えば、ウォレットに即時反映されます。
以上でスマホでのコンビニ入金は完了です。

購入金額について

コンビニ支払いは最低1,000円(手数料含まず)からとなり、それ以下は受け付けてくれないので注意ですが、お小遣い感覚で投資できるのが嬉しいですね。
また、1回あたりの上限金額は300,000円ですが、1日あたり上限金額はないため300,000円以上振り込む方は複数回に分けて購入すればOKです。

コンビニでの支払い方法まとめ

各コンビニでの支払い方法を下記にまとめてありますので、使いやすいコンビニを選びましょう。

coincheck(コインチェック)コンビニ入金のメリット・デメリット

メリット

  • 入金内容が即時反映される
  • 24時間いつでも入金が可能(コンビニによる)
  • 銀行口座を持っていなくても購入が可能

他の入金方法は多少時間がかかりますが、コンビニ入金であれば、コンビニに支払った際に即反映できるのが大きなメリットでしょうか。

デメリット

  • 手数料が高い
  • 最低購入金額が1,000円と決まっている
  • コンビニ入金による入金後、入金額の半額相当の資産の移動が7日間制限される

コインチェックのコンビニ入金手数料

最大のデメリットでもある、コンビニ入金の手数料が他の取引所よりも高いことです。
下記表を見ると一目瞭然ですが、明らかに他よりも高いので、coincheck(コインチェック)で入金するなら銀行振込(300円程度)を利用するのが良いと思われます。

coincheck(コインチェック) Binance ビットフライヤー Zaif
入金手数料
3万円未満
756円 取扱なし 一律324円 486円
入金手数料
3万円以上50万円未満
1,000円 取扱なし 一律324円 594円
入金手数料
50万円以上
入金金額×0.108%+426円 取扱なし 一律324円 594円+別途印象税 200円

コンビニ入金による入金後、入金額の半額相当の資産の移動が7日間制限される

公式ブログでアナウンスされています。
2017年10月12日よりコンビニ入金後の7日間、下記3つの資金移動が出来なくなりました

これは何かというと、例えばコンビニで20万円を入金したら、7日間10万円分の資産は下記3つのサービスが受けられないということです。

    • コインを送る
    • 日本円の出金
    • レバレッジ取引アカウントへの振替

利用する人によりますが、1週間上記3点を利用しないことが確実であれば、さしたる問題ではないといえるでしょう。

まとめ

以上、初心者の方にむけてcoincheck(コインチェック)のコンビニ入金について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

いきなりクレジット払いや銀行振込は遠慮したい方には、コンビニ入金がオススメと思われます。
それぞれの支払い方法にメリット・デメリットはそれぞれありますが、まずは入金しないと仮想通貨は買えませんので、参考になれば幸いです。
億り人を目指していきましょう!

「coincheck」の登録はここからカンタンにできます!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin