仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

ビットコインとは?初心者向けに理解できるようカンタンに解説

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

最近、ビットコインをはじめとする仮想通貨が話題になっています。

ビットコインの利用者は増加していますが、「ビットコインってなんか難しそう…」「ビットコインは投資家がやってるものでしょ?」とまだまだハードルが高いと感じている人も少なくないと思います。

本記事ではビットコインに興味はあるものの、まだ始めるかどうか迷い中の初心者向けにビットコインについてゆるーく解説していきたいと思います。

初心者向けビットコイン関連用語集

まずは、ビットコインについて知っていく上で最低限理解しておきたい用語の説明をします。

ビットコイン

ビットコインは、「サトシナカモト」という謎の人物(組織かも?正体は明らかになっていません)によって発明された「電子決済システム」の1つです。このサトシナカモトという著者によって書かれた論文「Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System」を元に世界のエンジニアたちがビットコインの開発を行いました。

ビットコインと従来の電子決済システム(銀行振込、クレジットカード決済、電子マネーなど)との大きな違いは、管理団体が存在していないことです。これによって、今まで以上に自由にお金のやりとりを行うことができます。

また、ビットコインの通貨単位は「BTC」と表記されます。「satoshi」というビットコインの最小通貨単位もあり、1satoshi=0.00000001BTCです。

仮想通貨

英語の「virtual currency」を日本語に訳したものです。暗号通貨と呼ばれることもあります。ビットコインもこの仮想通貨の1つです。

一般の人たちも安全に仮想通貨の取引ができるように、平成28年5月25日に成立した「仮想通貨法」の中には、仮想通貨の定義や仮想通貨交換所のルールなどが定められています。

アルトコイン

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。その種類は1000を超えていると言われています。主要なアルトコインには、「イーサムリア(ETH)」、「ライトコイン(LTC)」、「リップル(XRP)」、「NEM(XEM)」「ファクトム(FCT)」、「モネロ(XMR)」、「DASH(DASH)」などがあります。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、ビットコインの管理者不在のシステムを成り立たせるために考え出された「記録を残すため」のテクノロジーのことです。ビットコイン以外の分野への応用も期待されており、世界的に注目が集まっている技術です。

ビットコインで何ができるの?

買い物

ビットコインは通貨であるので当たり前ではありますが、買い物をすることができます。今年7月にはビックカメラがビットコイン決済を導入したニュースが話題になりました。

Bitcoin日本語情報サイトによると、ビットコイン決済を導入している日本国内のお店は、通信販売は50件、実店舗は213件(2017年10月現在)になるそうです。

外国人でもビットコインを持っていれば、両替をする必要がなくなるので、2020年のオリンピックに向けてビットコインを利用できるところが爆発的に増加してくと考えられます。

投資

ビットコインを電子マネーと似たようなものだと考えている人も多いかもしれません。しかし、ビットコインには、円やドルのように「レートが存在する」という電子マネーとの大きな違いがあります。

2015年には1BTC=2万円ほどだったビットコインですが、2017年のはじめには1BTC=15万円ほど、2017年10月では1BTC=60万円ほどまで値上がりしています。…ということ聞くと、

少し悔しい気分になりますよね。そんなことから、現在は投資家をはじめ、ビットコインを始めとする仮想通貨を投資目的で保有している人がほとんどです。

「投資なんてしたことないから…」とビットコインを始めることにあまりメリットを感じない人も多いかもしれません。

ですが、今すぐに投資目的でビットコインを保有しなくても、今後メジャーになるかもしれない通貨に慣れ親しんだり資金運用の勉強を始めるきっかけとしてビットコイン始めてみるのはアリだと思います!

どうしたらビットコインを始められる?

1BTC=60万円と聞くと、「そんな大金用意できない!」「大きな金額から始めるのは不安…」と思う人も多いかもしれませんが…

実は、ビットコインは1000円からでも始めることができます!

始めるための準備もそんなに難しくはありません。以下の手順で気軽に始めることができます。

①ウォレットを作る

まずは、ビットコインを保管するためのお財布(ウォレット)を用意する必要があります。ウォレットは、自分のPCやスマホに作る方法とインターネット上に作る方法の2つのパターンがあります。

(1)自分のPCやスマホに作る
自分のPCやスマホに作る場合は、仮想通貨を保管するソフトウェアをインストールします。例えば、「Jaxx」というソフトウェアが有名です。

これは、インターネット上で作るよりも安全性が高いというメリットがあります。

(2)インターネット上に作る
インターネット上に作る場合は、仮想通貨を保管するWebサービスを利用します。「BLOCKCHAIN」などがこのようなサービスを提供しています。

自分のPCやスマホに作る場合よりも安全性は劣るのがデメリットですが、気軽に作れ、利用できる点がメリットです。大きな金額を扱うのでなければ、インターネット上で作るのがオススメです。

また、ビットコインの取引所でウォレットを作ることもできます。特に初心者にはこの方法がオススメです。これについては、ビットコインの口座開設についてのところで詳しく説明します。

①ビットコインを入手する

ビットコインを保管するウォレットが作れたら、次はビットコインを入手します。初心者にオススメしたいのは、ビットコインの取引所で買う方法です。

取引所とは簡単に説明すると、ビットコインを「買いたい人」と「売りたい人」が集まって売買をしているインターネット上の場所のことです。現在日本には、この取引所が12ヶ所あります。

そのうち代表的な取引所2つについて紹介します。

bitFlyer

国内最大の取引数・資産量を誇り、日本で初めてテレビCMを放映した仮想通貨取引所としても話題になりました。

運営を行っているbitFlyer社はビットコイン決済事業などにも積極的に取り組んでいます。ビックカメラでのビットコイン決済導入もbitFlyer社との提携で行われました。

coincheck

国内の仮想通貨取引所の中で扱っている仮想通貨の種類が最も多い取引所です。

こちらもビットコイン決済事業に力を入れており、ビットコイン電気代支払い「coincheckでんき」やビットコインVisaカード「バンドルカード」などのサービスを提供しています。

もちろん、どちらの取引所でも安心して取引が行えます。
チャートを見ながら、取引をしたいトレーダーの方には「bitFlyer」が、「仮想通貨を保有してみたい」、「いろんな仮想通貨に触れてみたい」という初心者には、提示された価格に対して数量を自分で決めて取引を簡単に行える「coincheck」がおすすめです!

「coincheck」の登録はここからカンタンにできます!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

まとめ

以上、初心者向けにビットコインについて解説してきましたが、思ったよりも気軽に始めることができると感じてもらえると幸いです。

投資目的でなくても、ビットコインを始めることで視野が広がったり、得られることはたくさんあると思います。興味を持っているなら、まずウォレットを作ったりビットコインの口座開設をするところから始めてみてはいかがでしょうか?!

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所